fc2ブログ

【4481】210807 大阪の自宅へ戻ってVRA-7の追加実験?・・・(^^; 

インフラノイズさんのHPのWhat's Newに・・・VRA-7の感想への返礼品として?USBダンパー(非売品)の発送がスタートしたとの事・・・これもアリエナイザーミニやケーブルチューナーと同じく・・・非売品なのに大人気になる予感?・・・(大滝汗


さて、可変抵抗器のある実家のサブシステム(CEC AMP5300)のヴォリュームノブに、VRA-7を装着して・・・やはり相反する驚きの効果・・・背景が澄んで細かな音が聞こえる・・・と同時に音の芯がハッキリして演奏の音圧やエネルギー感がアップする!って結果に驚き(@@;

とは言え、大阪の自宅のメインシステムに比べると、エントリー機なコアキシャルユニットの音は・・・VRA-7の効果で、音楽的には聞き劣りすること無く・・・同等のインパクトが感じられる印象が・・・って、ホンマか?・・・(滝汗

なので、そのサウンドイメージを覚え、急いで実家から大阪の自宅へ戻ることに・・・(汗

でも、途中、メインシステムでもっとVRA-7の効果が出し切れるのでは?と・・・

ホームセンターで素材を探索・・・SOULNOTE A-2のアッテネーター抵抗の上にVRA-7を乗せるため・・・マホガニーの8mm角材を調達・・・(^^;

で、大阪の自宅に戻って・・・まずはノーマル状態で聞いてみると・・・

う~ん・・・SNがよく音数も多く微細な音がよく聞き取れるものの・・・やっぱり音楽のイメージや質感では、VRA-7を装着した実家のサブシステムも負けてない?・・・(大滝汗

となると?・・・メインシステムにVRA-7を装着して、実家のサブシステムを大きく引き離してもらわないと!・・・(^^;

<注意!>
もちろんここからは・・・絶対よい子は真似しちゃ駄目!・・・アンプメーカーのサウンドポリシーや方向性とも違っちゃうし、保障の対象外にもなるタブーな世界だし・・・ショートによる故障や事故をも誘発するから絶対やっちゃ駄目!・・・(^^;
アホなσ(^^)私と言えど、細心の注意を払いつつ、あくまで自己責任の覚悟を持ってやってるので・・・真似して何かあっても責任持ちませんから!・・・(大滝汗


ってわけで・・・できるだけSOULNOTE A-2のアッテネーター抵抗に大きな影響を与えるべく・・・VRA-7が、より効果的に振動チューニングが出来る方法を探らないと!と・・・(汗

で、最初に思いついたのが・・・以前、SOULNOTE A-2のスパイク受けの実験に使った・・・ケヤキのブロック・・・これを半分にしてプチ実験をやってみようと・・・

【ケヤキブロックを半分に】    【ヤスリで整形】
4481-01ケヤキブロックを半分に 4481-02ヤスリで整形

まず、ボンネットオープンで聞いて・・・

【ボンネットオープンで聞いて】
4481-03ボンネットオープンで聞いて

つづけてケヤキブロックを乗せて試し聞き・・・

【ケヤキブロックを置いて】
4481-04ケヤキブロックを置いて

うん?・・・ギターにも声にも、暖かく滑らかで柔らか味が感じられる?・・・ギターの弦の硬さはちょっとだけスポイルされるかな?・・・でも、弦を弾いた時の本来の音圧がしっかり感じられるので・・・これはこれでいいかも?

ってか、木片ブロックを基板の上において、こんなに変わったら困っちゃうでしょ!(滝汗

【VRA-7をケヤキブロックの上に】
4481-05VRA-7をケヤキブロックの上に

で、いよいよメインイベント!・・・ケヤキ木片の上に・・・VRA-7を乗せて聴くと・・・

【こんな感じで】
4481-06こんな感じで

おお!・・・やっぱり背景が澄んで、透明感を感じる・・・演奏の強弱・・・ギターのピッキングの一番強い時と、そうじゃない軽い時だけじゃなく・・・もっと極々軽い時・・・その加減が違うのが凄く分かり易くなる・・・だから、歌、声も同じく・・・抑揚のレンジが広がって・・・歌詞の意味や重みを凄く感じ易くなって・・・すげえ!

っと、なんだかんだ言っても・・・曲の勢いとか思いのうねりが気持ちよくて・・・自然と体が乗り出す楽しさと・・・惹き込まれる躍動感がダイレクトに伝わって来る感じで・・・要は、直ぐご機嫌になっちゃうってわけ!・・・(^^;

でね、それが・・・そっけないと思ってた演奏とか・・・電子楽器モリモリのアニソンやゲーム音楽でもそうなの・・・なんで?って感じで・・・(大滝汗

そうそう、Jazzのライブものの緊張感が、半端なく生々しく、カッコよくなって・・・めっちゃご機嫌になれた!・・・ビックリ!(@@;

ってわけで・・・いい感じの勢いに乗って・・・次回、週明け火曜は、さらなる実験!

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

Mt.T2さんがこういう方向に踏み込まないことなどあり得ないという認識がありますので、楽しく見ていますが良い方向に進んでいるようで何よりです。

自分のところのアンプのボリュームも多分対象外の構造だと思いますが、一度貼ってみようかと思うのと、例の何をしても音の変わるリモコンユニットに乗っけてみようかなと思って発注してみました。

メーカー指定とは違う使い方ですが、さてどうなりますことやら(汗)

そうてんさん、いつもご覧いただき&コメントありがとうございますm(_ _)m
開けちゃ駄目よ!って言われつつ・・・色々やらかしたんですが・・・(滝汗
実は、現時点では、予想外の方向?・・・筐体外への装着で、σ(^^)私的な最大効果を得ています・・・(大滝汗
製品の真の対象は可変抵抗器ですが・・・現時点では、信号系の接触チューニングアイテムとして大活躍中で(滝汗
次回からは、更なる効果ポイントの模索やシリーズ装着の可能性探査を進めます・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4598-f0bf27df