fc2ブログ

【4479】210802 ヴォリュアキュ(VRA-7)チャレンジ(確認編)・・・(^^; 

うわっ!インフラノイズさんのブログに厳重注意が!・・・分割連載ゆえ?断り書きが危険な内容と分割しちゃってて・・・ご面倒をおかけしてスミマセンm(_ _)m

あらためて <注意!> の追記を・・・m(_ _)m
ここからは、絶対よい子は真似しちゃ駄目!・・・もちろんアンプメーカーのサウンドポリシーや方向性とも違っちゃうし、保障の対象外にもなるタブーな世界だし・・・ショートによる故障や事故をも誘発するから絶対やっちゃ駄目!・・・
アホなσ(^^)私と言えど、細心の注意を払いつつ、あくまで自己責任の覚悟を持ってやってるので・・・真似して何かあっても責任持ちませんから!・・・(大滝汗



さて、禁断のタブーな世界・・・アッテネーター基板の抵抗切替え用リレーの樹脂ケースにヴォリュアキュVRA-7を貼り付けるって暴挙に出たわけですが・・・(大滝汗

散々アホを晒して来たσ(^^)私としては・・・拙宅環境での最大効果を聞いてみたいとチャレンジ・・・結局、残念ながら部品配置的に抵抗自体へのVRA-7の接触は適わず・・・アッテネーター基板のリレーの樹脂ケースに貼り付けて、効果を聞いたら・・・(滝汗

やっぱり、大きな効果を確認・・・(^^;

【リレーの上に貼り付け】4478-03
4478-03実際はリレーのケースの上

ってわけで・・・今度は「ふたりのおと」(AA誌180号付録CD)で試聴してみると・・・

めっちゃ目の前で歌って演奏してる感が出て来た!・・・(^^;

プラシーボ全開か?と心配になり・・・VRA-7を退けて聞いて見ると・・・(汗

あれ?・・・かける曲を間違った?って思うほどの違い・・・エネルギー感が落ちて、ベタっとモヤッとSP間の平面に閉じ込められた?って思うくらいのがっかりな音に・・・(滝汗

なので、もう一度VRA-7を乗せて聞いて見ると・・・

歌もギターも断然勢いが強く、音圧が上がったみたい!・・・その上で響きの広がり、前後感が分かり易く、目の前に演奏空間がふわっと浮かぶ感じに・・・(@@;

ならばと・・・基板センターの固定ネジ、バックパネルのXLRジャック固定ネジの締め付けトルクを測って(50Kg/N・17.5Kg/N)・・・一旦、これをユルユルに緩めて聞いて見ると・・・

あれ?・・・勢いはあるけど・・・VRA-7を退けた時みたいに・・・ベタっとモヤッと・・・滲んだ感じに・・・(滝汗

なので、基板センターのネジを軽く締めて(10Kg/Nで)聞いてみると・・・

う~ん、少し滲みが減ってピントが合ったけど・・・やはり平面的な印象が強い・・・(滝汗

あれ?このセンターネジ・・・締めても基板がカタカタ動く・・・(@@;

なんと!・・・天板の無固定と同じように・・・元々基板が外れないように止めてるだけで・・・基板を支柱にネジで締め付けて固定していない状態にしてあるんだ!・・・(^^;

ならばと・・・XLRジャック固定ネジを軽く締めて(10Kg/Nで)見ると・・・締まらないネジもあって・・・それゆえ少しづつトルクを強くして締めて行くと・・・固いネジでも17.5Kg/Nにすると締められる(汗・・・なるほど、だから元が17.5Kg/Nにしてあったのか・・・(滝汗

ってわけで、取付ネジを元の17.5Kg/Nで締めて聞いてみると・・・あ、やっぱり元のVRA-7を乗せた時のご機嫌な音に戻った!・・・(爆

なるほど!やっぱりこのアンプ・・・シビアにコントロールされてるんですね!・・・(滝汗

にしても・・・VRA-7の効果・・・凄いですねえ!・・・元に戻せない(大滝汗

ってわけで・・・この状態で、いろいろ聞いてみると・・・

一番感じるのは、音圧が上がったように、楽器の音や歌がストレートに飛んでくること・・・ライブステージやコンサートホールのアカペラで・・・歌い手が、その空間に声が響くように歌うと・・・モリモリッと大きく聴こえるみたいな・・・(滝汗

もっと単純には、発声する時、口の開き方とか、鼻の奥とか頭蓋骨とか・・・どこに声を通したり抜いたりして響かせて・・・上手く共鳴させられた時に、音圧や空間への広がりが、ぶわっと放たれる・・・みたいな状態になってるのかな?って気がするわけで・・・(^^;

ただ、この時のリレーの樹脂ケースにVRA-7を貼り付けてるってのにちょっと、スッキリしない思いがあって・・・(滝汗

なのでこの日は一旦、VRA-7を外して・・・次回はちょっとインターバル的な実験を・・・(汗

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4595-bd11270f