fc2ブログ

【4427】210417-18 ARO 2021春(14)fidata・・・(^^; 

さて、オーディオルネッサンスオンライン2021春のおさらいも終盤に・・・2日目午後の休憩を経て、いよいよ最後のタームのはずが、もう一回息継ぎが・・・(滝汗

【午後の休憩から】
4427-01休憩中

ってわけで、午後の休憩の後は・・・14:40~15:10 アイ・オー・データ機器(fidata)

まずは、ぽっちゃりブラザーズ(^^;による解説に始まり・・・

最初の空気録音は・・・fidataにPC用ドライブを繋いで・・・課題曲の井筒香奈江、レイドバック2018から雨の鼓動をCD再生すると・・・

【PC用ドライブでCD再生】
4427-02PC用ドライブでCD再生

パッと聞きは、優しい音風の雰囲気で・・・ボーカルの定位が少しぼやけた感じ?・・・(汗

で、おつぎは・・・PC用ドライブをHFAD10-UBXに変えて、同じCDを聞いてみる・・・

【HFAD10-UBXでCD再生】
4427-03HFAD10-UBXで聞くと

お、SN感が増して、解像感と見通しがよくなった感じで・・・少しボーカルの定位も改善したかな?って雰囲気もあるかな・・・エネルギーバランスが上に伸びたとも言えるが・・・(滝汗

おつぎは・・・PC用ドライブを繋いだfidataからのCD再生を・・・Diretta LAN-DACモードでスフォルツアートの製品Pavoに繋いで・・・課題曲のモーツアルト、アヴェ・ヴェルム・コルプスを聞くと・・・

【Diretta LAN-DACモードで】
4427-04HFAD10-UBXでモーツアルト

う~ん・・・エネルギーバランスが中低域に寄って、ちょっと中央に纏まる印象に・・・ちょっとチェロの胴鳴りがボーボー気味に?・・・(滝汗

で、最初と同じく、PC用ドライブをHFAD10-UBXに繋ぎ変えてもう一つの課題曲・・・モーツアルト、アヴェ・ヴェルム・コルプスをCDで再生してみると・・・

再生系の何が違うのか分かりませんが・・・音の明瞭度が上がった感じ?で、ボーボーは少しましになった・・・(^^;

ってわけで・・・HFAD10-UBXの中身の解説・・・パイオニアのドライブに、TDKのホスピタルグレードのSW電源を使っててとか・・・(^^;

うん?・・・解説の時左からブ~ンって、何か鳴ってる・・・(大滝汗

で、つづいては・・・Soundgenic(fidataの廉価版)のSpotifi対応のアナウンス・・・

最後に、fidataの開発中の新機種紹介(トップモデル)・・・処理能力上げてオーディオ出力ポート(デジタル)とSFPコネクタの追加の話が・・・

ってわけで・・・IOデータさんのコマは、これにてお終い・・・(滝汗

相変わらず、ネットワークトランスポートとかネットワークプレーヤーのジャンルについては・・・σ(^^)私の理解が追いついて無くて・・・その最新動向も今一つ分かって無くて・・・

ま、音源から考えると・・・12cm系メディアの再生と・・・リッピングやダウンロードを含むファイル再生・・・それからライブやサブスクを含む配信系の再生・・・があって・・・(滝汗

回転系メディアからデジタル音源を再生するプレーヤーとか、デジタルデータを送出すトランスポートとDACの組み合わせとか・・・ファイル音源を格納するサーバーと取り出して再生するプレーヤーとか、トランスポートとDACの組み合わせとか・・・それを配信系データにも対応させた構成とか・・・

でもって・・・機器間の接続に、USBを使うものとLANを使うもの・・・それぞれのデジタル伝送の新しい技術とか・・・

いずれにしても・・・デジタル機器としてオールインワン的に纏まるのかと思いきや・・・いっそうの混迷を極めるばかりで・・・流れは、どんどん機能を機器として分散独立?の方向に進んでる気さえして・・・(大滝汗

で、おつぎは、今回のオーディオルネッサンスオンライン2021春の最後・・・その一端のもっとも個性的なメーカーさんのひとつ・・・スフォルツァートさんなんですが・・・一気に終われる体力が無く、本日はここまで・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4544-e3fe9430