fc2ブログ

【4422】210417-18 ARO 2021春(9)DS Audio・・・(^^; 

さて、大本命?・・・SOULNOTEのデモのおさらいが終わった・・・オーディオルネッサンスオンライン2日目!・・・(^^;

反則的日記?・・・当日の更新はこちらで・・・逆木 一さんのYouTubeチャンネルとか、アコースティックラボさんのYouTubeチャンネルのリンクは下の日記のリンクを辿って・・・(滝汗

210418 オーディオルネッサンスオンライン2日目!・・・(^^; [2021/04/18]

ってわけで・・・2日目のタイムテーブルはこんな感じで・・・

4月18日(日)
10:00~10:30 DS Audio
10:30~11:00 株式会社トライオード
11:00~11:30 オリオスペック/Diretta
11:30~12:00 スペック株式会社
(12:00~13:00 昼休憩)
13:00~13:30 ディナウディオジャパン株式会社
13:30~14:00 株式会社アコースティックラボ
14:00~14:30 シーエスフィールド株式会社
(14:30~14:40 休憩)
14:40~15:10 株式会社アイ・オー・データ機器(fidata)
15:10~15:40 株式会社スフォルツァート
15:40~    エンディング

で、2日目のトップは・・・10:00~10:30 DS Audioさん・・・

【DS Audioの光電式カートリッジ】
4422-01DS Audioの光電式カートリッジ

まずは、光カートリッジの解説で・・・非接触型じゃなく、針はあるよってのと、アナログ信号だということ・・・つづいてMM/MCカートリッジとの違い・・・磁気抵抗が無いこと、針に乗るものが非常に軽いってこと・・・

つづいて信号検出原理で・・・LEDの光をカンチレバーに乗せた遮光板が遮ることで、光を受けるフォトダイオード(太陽電池)が発生する電流が増減する・・・45度の遮光板で、MM/MCカートリッジと同じように左右の信号を作り出す・・・

おつぎは専用フォノイコが必要な理由で・・・LEDの光を使ってるので、電源供給が必要なのと・・・現行の速度比例型と振幅比例型の違いによるイコライズカーブの違い・・・

最後に東芝がやってた光電式カートリッジとの違いで・・・基本的には同じだけど、光源が電球だったことから、不安定だったのと・・・発熱が多くゴムのコンプライアンスが変わっちゃってたことだと・・・

それが今は、LEDと高性能な受光素子と言うデバイスの進化によって大きく進化を遂げたって言うのがDS Audioの光カートリッジ実現の理由だそうで・・・

その後、製造部門での針と遮光板の取り付け調整とか・・・最後の信号の調整方法の紹介・・・フォノイコの基板配線(部品の足を裏で直接からめてる)とかの紹介・・・(@@;

で、ここから空気録音の現場での解説になって・・・説明の声の響きが前日の他のブースのデモより自然に聞こえたことから・・・結構部屋に癖が無いのかな?と・・・(^^;

【第3世代のGrand Master】
4422-02第3世代のGrand Master

で、まずは・・・新製品でLEDとフォトダイオードをL/R別々にした第3世代カートリッジGrand Masterの解説で・・・

【遮光板の重さも半分に】
4422-03遮光板の重さも半分に

L/R独立にしたことで、出力が1.7倍アップしてSNがよくなり、軽い遮光板の重さがさらに半分になったとのこと・・・

で、空気録音は・・・L/R分離する前の第2世代のMastaer1と、第3世代のGrand Masterの聞き較べを・・・課題曲の井筒香奈江、レイドバック2018から雨の鼓動で・・・

【第2世代のMastaer1で】
4422-04第2世代のMaster1で

まずは、第2世代のMastaer1で聞いてから・・・第3世代のGrand Masterで・・・

【第3世代のGrand Masterで】
4422-05第3世代のGrand Masterで

うわっ!・・・SN感のよさが空気録音でもハッキリ分かりますね・・・デジタルなみのクリアさとアナログらしい滑らかさと・・・大きくクオリティが上がった!・・・(^^;

第3世代と比べると第2世代はやっぱ靄がかかる感じ?・・・SOULNOTEのクロックとかZERO LINKの有無の違いくらい大きな差ですね・・・(@@;

で、最後に第3世代のGrand Masterのまま・・・もう一つの課題曲、モーツアルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスを再生・・・

第3世代カートリッジ Grand Master

SNがよくて音数多く・・・解像感も高いけど隙間は無くて滑らかで音の空間密度が非常に高い印象で・・・デジタルの解像感とアナログの濃さや厚みの両方のいいとこ取りみたいで・・・

いやあ、これはちょっとビックリ!(@@;・・・SOULNOTEのフォノイコがこのDSカートリッジに対応してるんですよね・・・音楽の勢いがどう聞こえるか?聞いてみたいですね!

ってわけで、本日はここまで・・・つづきは次回・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4539-baefb2f7