fc2ブログ

【4408】210405 ノイマンのケーブルを比較ベースに・・・(^^; 

さて、ついこの間までは、オーディオ専用分電盤のブレーカーから電源BOXまでのケーブルを、真似ニートー化して楽しんでたんですが・・・

ビーズ磁石ゆえ、磁極の方向と磁力の方向の違いで、効果に大きな影響が出るのでは?と思って当初の磁極をご本家の仕様に合わせてたのを・・・逆に、芯線への磁力の方向を合わせてみたら・・・ちょっと初期のサウンドは違った傾向になっちゃって・・・

ってわけで・・・その効果を確認するため・・・同じ線材とプラグで、磁石の向きを逆にした磁力方向型と磁極方向型の2本の真似ニートー電源ケーブルを作って・・・あらためて比較実験してみたら・・・(滝汗

当初の磁極方向型より磁力方向型の方がよさげ?って自己評価?に反して・・・磁極方向型の方が見通しもよく解像感が高く・・・磁力方向型は太くなるけど滲む感じに・・・(大滝汗

真似ニートー電源ケーブルでこう鳴るってことは、ひょっとすると?と・・・

同じビーズ型のネオジウム磁石を信号系ケーブルに装着したXLRケーブル真似ニートーでも・・・これまでの印象と逆になるんじゃね?って思いが沸々と・・・(滝汗

と言うことで・・・XLRのケーブル真似ニートーも、もう一度磁力方向型と磁極方向型で比較したいなと思ったんですが・・・セレクタ~アンプ間の長尺XLRケーブルも磁力方向型に改造しちゃったもんだから・・・これを使った単純比較が出来ない・・・(大滝汗

で、ちょっと待てよ?・・・そう言えばノイマンのXLRケーブルがあったはず・・・ところが・・・ホンの少し長さが足りない・・・ひえ~!(滝汗

っと、何とも上手いタイミングで安価な中古を発見・・・で、ポチッとしたノイマンのXLRケーブルが到着・・・

【ノイマンの3mのXLRケーブル】
4408-01ノイマンの3mのXLRケーブル

ってわけで・・・送出し機器のセレクタ~アンプSOULNOTE A-2までの間を、ゲットしたノイマンの3mのXLRケーブルで繋いで・・・(汗

UX-1~セレクタ間を・・・先に製作、実験した・・・磁力方向型と磁極方向型のXLRケーブル真似ニートーで比較することに・・・(^^;

ところが・・・何故か?・・・正直あまりハッキリした違いが感じられず・・・(大滝汗

ひょっとすると、違いの要素が糞詰まって、違いが分かり難いのか?と思いつつ・・・結構真剣に、いろんな曲で、何度も比較して・・・(滝汗

どうやら、初代の磁極方向型の方が、電源の時と同じく見通しも展開もよく、高解像な感じに聞こえ・・・片や、磁力方向型は、ホンの少し太く濃くなった感じはするけど・・・インパクトのキレが甘くなり、滲んだ分、響きが豊かになったようにも聞こえるって結果に・・・(滝汗

とは言え、この差はそんなに大きいわけではなくて・・・ひょっとすると逆バイアスがかかってるのか?って心配も・・・なので、もう少しいろいろ聞いて見ないとなって・・・(^^;

と言うことで・・・翌日、ボーカルものの方が分かり易いか?と・・・

【森恵のGrace of Guitar】2224-01
2224-01森恵のGrace of Guitar

で、森恵のGrace of Guitarから何曲かできき比べると・・・

追加製作した2連の磁力方向型は・・・太く濃く感じるけど、ちょっと滲んで音像が大きく・・・ボーカルが引込む感じに・・・それに、濃さと中低域の厚みに、どこか不自然な違和感が残ちゃって・・・(滝汗

ってわけで・・・あらためて初代のシングル磁石の磁極方向型を聞いてみると・・・線は細いんだけど、ピントがハッキリする感じで・・・ボーカルも前に出るし・・・全体のバランスと見通しはこっちの方が自然な感じに・・・(汗

真似ニートー電源ケーブルの印象が・・・磁力方向から磁極方向に逆転したってのがバイアスになって予定調和したのか?って心配になるんですが・・・

この時点の好みは、XLRも初代の磁極方向型の方が好印象に・・・(大滝汗

ま、毎度のごとく・・・もうしばらく聞いて見ないとね・・・(汗

ってわけで?・・・次回は、息継ぎ・・・届いたアイテムとCDの話に・・・(^^;

なので・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4525-bc1d4893