FC2ブログ

【4393】210307 ヒジヤン邸再訪(12)100Vに真似ニートー追加実験は?・・・(^^; 

お、インフラノイズさんのHPのWhat's Newに・・・何だかo(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワクな製品が出そうなアナウンスが・・・(^^;


さて、新生ヒジヤン邸でのお楽しみ真似ニートー実験タイム・・・ALIONが繋がる200V系への真似ニートー装着で、ヒジヤンの求める「パーと広がる音と、ギューと凝縮した音の両立」に近づけないか?と言うチャレンジだったのですが・・・(汗

多少の効果はあったものの・・・残念ながら、採用に至るほどの明確な再現性がなく・・・それなら、NCTをカスケード接続してるSACD/CDプレーヤーのコンセントで、追加実験してみようってことになり・・・(^^;

【現状はプレーヤーにShapeタイプを】4391-03
4391-03現状はプレーヤーにShapeタイプを

この日のデフォルトは・・・カスケードのNCTの2次側・・・プレーヤーの電源を繋いでる隣のコンセントにShape型が装着されてます・・・(^^;

【NCTの1次側にShape型を追加】
4393-01NCTの1次側にShape型を追加

と、ここで追加するのは・・・NCTのカスケードの1次側(電源側)に・・・本来、ここはPCからファイル再生や配信音源の再生をする際、PC系用の電源を繋ぐコンセントとのことですが・・・

ま、常時使用してるわけでは無いし実験なのでと・・・Shape型のマメニートーを追加装着して同じピアノを再生してみると・・・(^^;

うん、デフォルトよりいっそう明瞭度と強奏時のガツン!って言うのがしっかり出て・・・

ヒジヤン的にも、音の芯がギュウッとなっていい感じじゃない?と・・・で、それならPC用のコンセントを空けられるか?の確認も兼ねて・・・

【NCTの根本のタップにShape型の真似ニートーを】
4393-02NCTの根本にShape型を

追加した真似ニートーを・・・NCTのコンセントを繋いでる大本のタップに移動してみると?

お?・・・最初は、ちょっと滑らか系に寄ったかと思ったんですが・・・強奏のガツンはしっかり感じられて・・・軽いタッチとガツンのメリハリも大きく・・・

と、ヒジヤンからも・・・うん!いいと思う!(^^;・・・じゃあ、アースに繋いだらどうなる?ってことで・・・

と言うことで、もう1ヵ所・・・接地アースを繋ぐためのタップと言うことで・・・ここに先程NCTの1次側に繋いでたShape型の真似ニートーを挿して聞いてみると・・・

う~ん・・・靄がかかったみたいに強奏と軽いタッチの差が無い一本調子に・・・(汗

と、ヒジヤンが・・・何か変!全体に広がってしまって・・・今やりたい方向とは逆になっちゃったとのこと・・・

で、ミニ真似ニートーも試してみたんですが・・・やっぱり少し緩くなるので・・・却下(汗

じゃあ、先にNCTの大本のタップに追加した真似ニートーに変えて・・・Shape型に+Cで、コンデンサーを繋いだタイプの真似ニートーに繋ぎ変えてみるとどう鳴る?と・・・

うん、滑らかな感じで・・・打鍵のピークはホンの少し大人しくなる・・・と言うか、雑味が減って・・・でも音の芯は濃く太くなる?・・・ま、σ(^^)私的にはホンのちょっぴり迫力が減るので・・・コンデンサ無しのノーマル真似ニートーが好みだけど・・・

ヒジヤンは・・・よくなった気がする・・・スッキリしてギュッと音も締まってと・・・(汗

σ(^^)私的には、少し丸くなった気もするんだけど・・・っと、ヒジヤンが・・・じゃあもう一度ノーマルに戻して聞いてみようとのことで・・・

ああ、なるほどねえ・・・やっぱり雑味で勢いを出すか・・・音の純度を上げるかの違い?

と、ヒジヤンから・・・スッキリとしてるんだけど音が間引かれたようにも感じて・・・纏まったのか?間引かれたのか?どっちか分からないと・・・

で、もう一度+Cコンデンサー付きに変えて聞いてみると・・・

ヒジヤンが・・・俺はこちの方が好きだと・・・(^^;

なるほど、分かるわかる!・・・最初に話した雑味で勢いを出すか、その雑身を無くして、より音の芯をはっきりスッキリさせるかの違いと一緒だ・・・強奏が濁らず純粋な音を聞きたいか、多少濁ってても勢いが欲しいか?の違い・・・だからσ(^^)私は+C無しの方が好き(^^;

じゃあ、今の+Cコンデンサー付きに、さらに+C無しのノーマルShape型真似ニートーも、試しに追加したらどう鳴るか?を聞いてみると・・・

う~ん・・・+Cコンデンサー付きよりの傾向が強いまま・・・少し強奏で濁る感じ?・・・

と、ヒジヤンは・・・このみの範囲だけど・・・+Cコンデンサー付きのみ追加の方が、滑らかさとスッキリとギュッと芯に音が詰まった感じがして・・・これが好きかな?と・・・

なるほどねえ・・・ま、お互いの込みの方向性が明確に分かれる結果に・・・(^^;

で、最後にヒジヤンが・・・好みの+Cコンデンサー付きをプレーヤーに近いNCT側にして、ノーマルをNCTの根元のタップに入替えたら、より+Cの効果が出ないか?と聞いてみると・・・

お、こっちの方がいいかも?・・・滑らかでスッキリして濁りも無くて・・・その割りに強奏の勢いも減ってない!・・・と、ヒジヤンも、全体に力強い気がすると・・・(^^;

ってわけで・・・ある程度目的の「パーと広がる音と、ギューと凝縮した音の両立」に近づいたかな?ってわけで・・・一旦この実験はここまで・・・(汗

で、この後は?・・・次回・・・もう一つのアイテム・・・ケーブル真似ニートーを(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

お手製にしては中々使える真似ニートです。

コンデンサー付きがなぜよくなるのかわかりませんが、音が整い、スッキリして良かったです。

拙宅では、Shape型3個を活用させてもらっています。1個はコンデンサー付きです。

お付き合いありがとさんです!(^^
拙作の怪しい?アイテムが、ヒジヤン邸の音作りに役立ってると言うのは、嬉しい限りです(汗
コンデンサー付きを気に入ってもらったようですが・・・影響の仕方は、案外磁力と変わらないのかも?・・・多分、効果の出る周波数帯域が違うのだろうと思いますが・・・音って不思議と言うか、面白いですね?・・・(大滝汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4508-00d416ad