FC2ブログ

【4385】210307 ヒジヤン邸再訪(4)囁き系女性ボーカル・・・(^^; 

さて、半年振りのヒジヤン邸再訪のおさらいですが・・・このペースでは、おさらいに1ヶ月くらいかかっちゃいそうなんで(滝汗・・・少々ピッチを上げて行きましょう・・・(^^;

随分昔に、Dolon邸へヒジヤンと一緒に伺った際に、レコードでかけていただいた・・・

【ジェニファーウォーンズのThe Well】2211-01
2211-01ジェニファーウォーンズのThe Well

ジェニファーウォーンズのThe WellのSACDから、7曲目のThe Pantherを・・・いろんなところから音が出て来るとこを聞いて欲しいとのことで・・・じっくり(^^;

お、やっぱりこう言うオーディオ的な刺激のあるコンテンツは、あざとさは薄らぎ、歌や演奏に耳が惹きこまれるけど・・・シャランシャランって金属楽器とかギターのスチール弦とか・・・それらしい部分は、聴かせる感じで・・・けっこう出音のポイントがいろんなところから出てるのと・・・そのピンポイントがハッキリしてるなと・・・

ちなみに・・・拙宅のおさらい試聴では・・・オーディオ的な刺激を楽しみたくて硬い音が出るように弄ってるのに嘆かわしいレベルながら・・・声や楽器の音色の自然さではヒジヤン邸に及ばないものの・・・それっぽく聴かせるところは、辛うじてらしく鳴ってて・・・ホンのちょっぴり安心したものの・・・空間の広がりは全然足りてなくて・・・(滝汗

とは言え・・・クラシックのワンポイントや意識された録音には再生の正解があるけど・・・ポピュラーは、音場空間の再現の正解が分からず、環境によって変わるから・・・広がりの足りない拙宅も、間違いでは無いと慰めモードに・・・(^^;

でも・・・ヒジヤン邸ではあざとさを抑えてるのにそれなりにぽさが出るのに対し・・・出したくていろいろやってる拙宅は全然出ないって・・・(悲

ま、拙宅のSPユニットの性格上?・・・あざとく鳴らなくて、それを望む人には好評価なのに・・・σ(^^)私が真逆の性格を無いものねだりしてるから・・・そもそもSPの選択を間違ってるって事は認識してるんですが・・・(滝汗

とヒジヤンから・・・普通は、滑らかに聞こえるツイーターを求めるのにと・・・多くの音友達と同じ指摘が・・・(大滝汗

で、ついこの間までFB-1を鳴らしてたんですが・・・質や空間再現を含めたトータルでは、今のところS-1EXの優位な印象になり・・・FB-1はサラウンドへ追いやられることに・・・(滝汗

っとっとっと・・・また脇道行き過ぎ?・・・で、おつぎは・・・

【Kelly Sweetのwe are one】2380-02
2380-02Kelly Sweetのwe are one

Kelly Sweetのwe are oneから12曲目のJe t'aimeを・・・

ヒジヤン的には、高域の暴れが無く滑らかでスムーズになったことで、しっとり聴けるようになったとのこと・・・(^^;

なるほど!・・・σ(^^)私的にははかない感じが少し減退したと思う部分もあって・・・こう言う囁き系女性ボーカルの、かすれ声での囁きは・・・ギリギリまで薄く儚く耳元でぞわぞわっと来て欲しいんですよねえ・・・(滝汗

と、ヒジヤンが・・・やっぱりそう言うのが好きなんだな!?と・・・(^^;

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん・・・こう言うのだけが好きなわけでは無いけど・・・ポピュラー系のこう言うコンテンツはオーディオならではの楽しみ方が美味しいと思ってる・・・もちろんJazzとかはもっと濃くて実の詰まった実体感のある音で聴きたいから、こう言う高域のシュワシュワは要らないんだけど・・・(滝汗

ヒジヤン的には、やっとうっとり聴けるようになった感じ・・・この歌声のよさをジーンと聴けるようになったと思っていると・・・

σ(^^)私的には、やっぱりこう言うボーカルは、ぞわぞわがあった方が好きかな?・・・

って、おさらいしてたら・・・そう言えば以前、こう言う曲ばかり聞いてたことがあったなと・・・日記を振り返ると・・・

【TORI AMOSのHEY JYUPITER】1178-03
1178-03TORI AMOS.jpg

かなり以前、ON爺さんがHPで紹介されていたTORI AMOSのHEY JYUPITERの5曲目Over The Rainbow・・・ライブでの囁き系のボーカルをヘビロテしてたし・・・

ちょっとCDが出てこないけど・・・Priscilla AhnのFine On The Outside(ジブリアニメの思い出のマーニーの主題歌)とか・・・

あと、ちょっとぞわぞわ系とは違いますが・・・囁き系女性ボーカルの有名どころでは手嶌葵を結構周期的に聴いてますしね・・・

それから・・・艶やかな色っぽさとか儚さとかになると・・・ヘイリーロレンとかカレンソーザとかエイボールのライブとか・・・囁きだけで無く吐息の擦過音でゾクゾク・・・って、何を聴いとるんじゃ!・・・(大滝汗

ま、変質的ではあるかも知れないけど・・・こんな聴き方もオーディオ的快感を楽しむ聴き方の一部だと思ってて・・・こう言うのもありじゃないかな?と・・・(滝汗

あっ、ペース上げるとか言っておきながら実質2曲しか進んでない・・・(大滝汗

ってわけで、本日はこれで時間切れ・・・つづきは週明けに・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

女性ボーカルは、ぞわーですか。。。
当日も話しましたが、そう言う部分的なチューニングはいろいろ出来るのですが、自分のメインはオーケストラ狙いなので、低い方から高い音まで、滑らかで音色が変わらないことが大事なんです。くせをつけてしまうと、大編成のオーケストラなどはおかしなサウンドになってしまうんですね。何を狙いに音作りをするかですね。

ぞわー女性ボーカル狙いも好み次第なのでよいと思います。

ただ、今回はテツのコメントを聞いて、ゴローさんの音を思い出しました。特定帯域で突出することはなく、バランスがとてもよいのですが、オーディオ的に面白くない音です。

なので、音楽性とオーディオ的快感が両立出来ないかと思いました。

今はアンプ用の200V電研が来たので、まずは馴染ませるための鳴らしこみです。落ち着いたら精進します。


ところで、(2)にもコメントしたのですが、行ってませんか?

ヒジヤン、コメントありがとうm(_ _)m
>当日も話しましたが、そう言う部分的なチューニングは・・・
この辺の話が、週明けのおさらいに出てくるかも?・・・まだ、そこがおさらいできてなくて、ごめんm(_ _)m

ぞわぞわ・・・私の認識としては、女性ボーカルってジャンルのさらに一部分に、こう言う部分を楽しむコンテンツがあると思ってて・・・オーケストラの演奏を全曲トータルで楽しむコンテンツもあって、下手な強調無く、演奏自体の盛り上がりに身を委ねて浸れる再生が必要ってのも分かります・・・
無いものねだり好きなσ(^^)私的には・・・どちらも?他にも?・・・今のヒジヤンの再生レベルを維持しつつ・・・更にオールマイティに楽しめるサウンドって出来るの?って期待を持って楽しみにしてます・・・(^^;
200V電研による、次なる高みをお待ちしています!(^^

(2) のコメントの件、転記にて対応しましたm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4500-db466cc2