FC2ブログ

【4380】210228 NCTプチ追試&マグニートケーブル製作(電源&XLR)(2)・・・(^^; 

さて、コロナ禍の外出自粛によって、音友達の拘りサウンドを聞かせていただく機会が無くなり・・・結果、強烈な刺激を受けて、新たなテーマに取り組む・・・って流れが生まれない日々がつづき・・・こだわりの薄い?映像配信系コンテンツを見続ける日々に・・・(大滝汗

ってわけで、遂にオーディオ的な日記のテーマが枯渇(滝汗・・・と言いつつ、弄り始めてしまった真似ニートーとノイズカットトランス・・・(汗

で、その組み合わせでどう鳴るか?をちょっぴり実験し始めたわけですが・・・(^^;

ここからが本日の本題・・・NCT-I3に、SOULNOTE A-2を1台ずつ繋いで・・・音楽再生ではどう鳴るか?を聞いてみることに・・・

【アンプをNCTに繋ぐと?】4379-02
4379-02アンプをNCTに繋ぐと

お、結構透明感が増して・・・空間の見通しがよくなって・・・でも、やっぱりシングルだからか?ちょっと薄いと言うか・・・どこか物足りない?(汗

ってわけで・・・これを濃くするには?・・・先の実験と同じパターンなら、カスケードが一番ってことになるんですが・・・もうこれ以上の投資はかみさんのお許しが出ない(汗

ならば・・・ちょっと方向性は違うけど・・・濃さと厚みとエネルギー感なら真似ニートー!・・・ってことで、NCTの2つのコンセントのもう一方にシェイプタイプの真似ニートーを装着して(これが上の画像)聞いてみると・・・

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん・・・やっぱ濃さと滑らかさがアップするじゃん!(^^;

だったら・・・先日ゲットしたビーズ磁石を電源系でも試してみたいなと思いつつ・・・

【4376】210224-25 届いたCDと新マグニートー実験・・・(^^; [2021/03/08]

そうだ、この状態で、先に作った真似ニートーXLRケーブルの効果も聞いてみようと・・・

なのでまずは一旦、ノーマル状態を聞いて・・・UX-1からSOULNOTE A-2へのXLRケーブルに延長するように、先に作った真似ニートーXLRケーブルを繋いで聞いてみると・・・

う~んなるほど・・・量感が豊かになって広が感が増して・・・ピンとはゆるくなるけど響きと広がりが豊かになる感じで・・・

豊かで綺麗な響きの空間に浸るにはいいのですが・・・ちょっとシャープさ硬さが物足りない?・・・この辺を真似ニートーで硬さ方向にコントロールできたりするといいのですが・・・そのノウハウは持ち合わせて無いので・・・(大滝汗

う~ん・・・やっぱXLRケーブル真似ニートーの有無はどっちがいいか?・・・難しいなあ(汗

念のため、もう一度XLRケーブル真似ニートーを外して聞いてみると・・・ああ、少し硬さが出るけど・・・濃さと豊かな響きが減退して薄くなったような感じが・・・(滝汗

電研精機のノイズカットトランスで、発音点の粒立ちや見通しや広がり透明感のような雰囲気と・・・真似ニートーによる濃さ太さ滑らかさと空間密度の高さは・・・やっぱ少し方向性が違う見たいで・・・どっちがいいか?ってのは悩ましい・・・(滝汗

なので・・・むしろ実験方法も含めて考えないと・・・だけど、信号系に入れたビーズ型磁石といっしょにゲットした少し太めのビーズ磁石で・・・ちょっと電源環境に改造を・・・(^^;

【増設分電盤からのタップを】
4380-01増設分電盤からのタップを

ってわけで増設分電盤からのタップ2本をマグニートー電源ケーブルに改造することに・・・

【増設回路のタップを】      【分解して】
4380-02増設回路のタップを 4380-03分解して

増設分電盤の子ブレーカーからアメリカン電機シングルコンセントタップへの電源ケーブルの

【コンセント側に】
4380-04コンセント側と

コンセント側の差込端子の根元に・・・ビーズ状ネオジウム磁石を差し込んで接続・・・

【ブレーカー側にも】
4380-05ブレーカー側も

他方、ブレーカーへの配線にもビーズ状ネオジウム磁石を装着して・・・短絡防止のために熱収縮チューブを被せて・・・

【熱収縮チューブを被せ】
4380-06熱収縮チューブを被せ

で、このタップを増設回線のブレーカーに繋ぎ戻して・・・ここにSOULNOTE A-2を繋いでどんな変化か?を聞いてみると・・・(汗

出音の芯がハッキリして少し強くなった気が・・・濃さと厚みも出て来たような・・・

うん、やっぱマグニートーっていいじゃん!ってのがパッと聞きの印象・・・(汗

で、もう少しいろいろ着てみようかと・・・思ったんですが・・・時間切れ(大滝汗

ってわけで・・・すみませんm(_ _)m・・・つづきは次回、週明けに・・・(汗

ってわけで、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4495-8e4db596