FC2ブログ

【4329】201115 オーディオルネッサンス視聴(終)感謝!・・・(^^; 


さて、年末も押し迫って・・・コロナ禍の引き篭もり生活が益々深化して・・・干乾びたキリギリスは、その先の苦しい生活に備え?・・・もっぱら禁欲モードに・・・(滝汗

ホントは・・・この日の最初の3コマで、目指す方向の答えらしきものは得られたのですが・・・年末ジャンボでも来ない限り、その世界には辿り着かないので・・・(泣

ま、大人しく、オーディオルネッサンスのおさらい・・・最終章へと・・・(^^;

で・・・毎度、アーカイブは・・・>>こちらのページから(汗

【ネットワークジャパンさん】
4329-01ネットワークジャパンさん

ってわけで・・・最終章のトップは・・・ネットワークジャパンさん・・・(^^;

なんか、凄く昭和なマニアック色の濃い部屋?・・・対談相手がクナッパーズブッシュ協会の人って(大滝汗・・・大阪弁のおっちゃんってのがまた(^^;・・・しかも、何か掛け合いが、古いTVショッピング並みに、ちょっぴり怪しささえ感じる?・・・(滝汗

マンションになつかしのスタジオ風の防音室的作りをしたみたいな・・・有孔ボードの壁!
ラックの説明から・・・あわせガラスのターンテーブルマットの説明・・・
タンテに付属のゴムシートで・・・あ、σ(^^)私の記憶にあるオーディオセッションで聞いたクアドラルのSPらしい鳴りっぷり・・・(^^;
で、タンテシートを合わせガラスにすると・・・あ、静かになる・・・だけど、σ(^^)私的にはなんか演奏が窮屈になったような気も・・・(汗
っと、鈴木氏?のセッティングで・・・少し窮屈さが緩和されたかな?・・σ(^^)私的にはゴムシートにスタビの組み合わせの方がいいような気がしますが・・・(滝汗
うちの吸着スタビも窮屈になってるかも?・・・

っと、何故か?・・・2コマ目に突入するネットワークジャパンさん・・・

っと、さらにもっとマニアックな印象?・・・(爆
古いトランスメーカーの技術者のOBさん?・・・合わせガラスタンテシートに衝撃を与えた時の測定結果のプレゼンで・・・
でも、これだと、音楽信号への因果関係まで測定してないのは?って心配も・・・意図は分かりますが、急に感覚と推測の話になってるような気がもするのですが・・・(汗

で、再びクアドラルのデモ?・・・と言うより製品紹介、解説へ・・・
でもって・・・ようやく空気録音に・・・やっぱりトータルの雰囲気も纏まりがよくて・・・鳴りっぷりがいい印象になりますね・・・(^^;

【SPECさん】
4329-02SPECさん

おつぎが、スペックさんの音のバーとの2コマ目に・・・やっと音が聞ける?・・・

電源ケーブルに、アコリバの磁石BOX付きのケーブルが見えてますね・・・反則?(^^;
で、600万のデジタルアンプって・・・と思ったら、Dクラスアンプはアナログアンプなんですって・・・ホントそうなの?(滝汗

空気録音はYGの方を鳴らしてるのかな?・・・う~ん、σ(^^)私のイメージのデジタルアンプ・・・SUSANOの時の印象の延長線上に感じるんですが・・・違うの?(汗

課題曲のベートーベンの眼鏡付き・・・残念ながらσ(^^)私的に価格的魅力を感じる方向性とは違うかな?って気がします・・・プレーヤーの信号でダイレクトにSPを動かすってのは分かるんですが・・・そのイメージと聞こえの感じがちょっと違う雰囲気で・・・

そうてん邸で聞いた印象とは随分違う気がして・・・プリメインとセパレートでは、音作りの方向性が少し違うのかな?・・・(滝汗

つづいては、こちらでもディレッタの説明が・・・アナログ回路の無い製品?・・・NASとUSB-DACの間に入れる製品だそうで・・・今のσ(^^)私にはまだ興味が・・・(滝汗

生演奏の音楽性を引き出すのは情報量・・・生音に近い再生が出来るとのことですが・・・この解説は合ってます?・・・σ(^^)私的にはちょっと違う印象を持ったんですが・・・(汗

σ(^^)私の印象的には・・・デジタル機器の開発で、音の違いに拘ってる人達ってグループがいらっしゃる認識なんですが・・・その人達が一生懸命に拘ってるところって・・・技術の薀蓄を除いたところで・・・単に音だけを聞いた時、感動に近付いてるか?って確認すると・・・何故か余り感じることが少ないって印象になるんですが・・・間違ってます?(滝汗

そんなことを思ったSPECさんのでもの後は・・・いよいよラスト・・・

【スフォルツアートの2コマ目】
4329-03スフォルツアートさんの2コマ目

最後は、スフォルツアートの2回目・・・

DSP Pavo・・・まあ、解像度系ハイエンド的な・・・でも、あんなに響きのいい部屋で取った音源をここまでシャープにシビアに鳴らすの?って気がしないでもない・・・(汗
って、モニター系が好きっていいながら・・・このコメントはどう言う意味?(滝汗
DSC Grsu・・・比べれば、こっちの方が少し滑らかで瑞々しさがあっていい感じ・・・

USBとZeroリンクの比較・・・まず、USB接続で・・・これぐらいボケてる方が聞き易いかも?と思ったけど・・・ZEROリンクの方が滑らかで自然な響きでいいなあ・・・(汗
最上位機種とZeroリンクに外部クロックも繋いで・・・
井筒香奈江さんのアネモネを・・・って、曲が違う!・・・これだとσ(^^)私には比較出来ません!・・・(滝汗
う~ん・・・やはりこの音源はボーカルの口が捉えにくいですね・・・これが製作サイドのイメージなのかな?ってちょっと心配に・・・(大滝汗

ま、それはともかく・・・ファイル再生も、これだけの音数、クオリティが得られることは、驚きですが・・・天邪鬼だからか?σ(^^)私的には、ここまで端正になってくると、逆に粗さや力感、エネルギーを感じたくなってきちゃいますね・・・(滝汗

ってわけで・・・やっとおわった~!\(^^)/

2日間、ぶっ通しで・・・それを延々おさらいして・・・疲労困憊(大滝汗

でも、このコロナ禍の中、こんなに貴重な体験が出来るオンラインイベントをやってもらったってのは、最高のプレゼントですね!・・・同一音源、録音機材の空気録音のおかげで、非常に多くの知見を得ることが出来ました!

このイベント主催いの逆木さん、参加された関係者の皆さん!・・・本当にありがとうございました・・・m(_ _)m

是非、同じようなコンセプトの空気録音で、機器ジャンルを絞ったり、アクセだったり、色んな比較試聴の機会を増やしてくださいませ~!・・・楽しみにしてます!(^^;

ということで、オーディオルネサンスオンラインのおさらいは、これにて終了・・・

次回は?・・・ちょっと息継ぎ?・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

詳しいレポートありがとうございました。

YouTubeでスピーカー音声の録音を流して音質の判定ができるかどうか、危惧していましたが、予想外によく判別でき、結果は、これまでの各社の試聴会の印象と変わりはありませんでした。今回は、共通の課題曲で、しかも聴きなれたクラシックの曲でしたので、技術的に蘊蓄を傾けた熱弁とは印象が違うメーカーのデモもありました。もっとも生音に近いと思ったのは、フェーズメーションの最上級フォノイコライザーでしたが、とても手に届くものではありません。
しかし、時宜を得たよい企画でした。

Re: 詳しいレポートありがとうございました。

酒仙坊さん、毎度要領を得ず、ただただ延々とつづくおさらい日記にお付き合いいただきありがとうございますm(_ _)m
空気録音による差が出ることは認識してましたが、同じ課題曲と録音機を使っていただいたお陰で、かなり細かな部分まで、相対的な情報を得ることができ、非常に貴重な知見に鳴ったと思っています。
ただ、この空気録音だけで全てが分かるわけではなく、実体験の積み重ねがあってこそ、その相対的な特徴を自分の知見に結び付けられることも再認識しました・・・(^^;
やはり、現実の体験あってこそですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4442-0cdc8eec