FC2ブログ

【4327】201115 オーディオルネッサンス視聴(14)フェーズメーション・・・(^^; 

さて、オーディオルネッサンスのおさらいも、14話目ってことですが・・・このブログが土日休刊なため、実質3週間目に突入してまして・・・(大滝汗

かなり疲れてきて?・・・前日は、ほとんどオンライン試聴の際に書いたφ(..)メモのままでしたが・・・本日も、ほとんど似たようなもので・・・すみませんm(_ _)m

と言うことで・・・おつぎは、フェーズメーション・・・

【フフェーズメーションの機器紹介】
4327-01フェーズメーション機器説明

まずは、アナログ機器のラインナップ紹介があって・・・

課題曲を、フェースメーションの石井式の試聴室で・・・空気録音を・・・

【石井式の試聴室】
4327-02石井式の試聴室

先程のDENONに似た響きの少なめな部屋ですが・・・やはりエアボリュームと真空管の響きでゆったりとした演奏に・・・

昇圧トランスをT-1000からEA550のMMに入れて・・・

こっちの方が音のタッチに深みがあって響きも豊かで細かなニュアンスが出てる感じ・・・

フォノイコをEA1000に・・・真空管式フォノイコでカートリッジもPP2000に変更・・・内蔵昇圧トランスで・・・

なるほど、豊かで細かな音も出しつつ滑らかで深く・・・グレードが上がった感じ・・・

今までのメーカーデモのデジタル音源とはちょっと違った雰囲気で・・・レコードらしい雰囲気が感じられて非常に心地いいですね・・・

T2000の昇圧トランス経由で・・・

より滑らかで濃い目の音に・・・細かな音も埋もれてはない・・・チェロの低弦の響きのよさが増した・・・ピアノの低減の響きも増してる・・・

同じ構成でベートーベンを・・・

うん、σ(^^)私の好みなスタジオ系サウンドとは、かなり方向性の異なる?サウンドで・・・こう言う音楽に浸りたいって方には、他では得がたいサウンド空間・・・

でも、このシステムを必要とする音源を持っている人は・・・システムだけでなく、部屋もこのレベルでないと、同レベルの再生にはならない?・・・(滝汗

で、つづいて2コマ目も、フェーズメーションで・・・

【続いてもフェーズメーション】
4327-03つづいてもフェーズメーション

カートリッジの紹介から・・・10万切ったPP200を・・・T500をEA550のMMにして・・・課題曲のオンブラ・マ・イフを・・・

なるほど・・・さっきのコマの最初の音に近い・・・やっぱり細かな音数、空間の密度、音の深みは、値段なりの差があるんですね・・・

新機種T550に変えて・・・内部のトランス保持を上級機のノウハウを使ったそうな・・・

お、上位機の、空間密度や深みが少し出て来た・・・

現行最上位EA1000、T2000、PP2000から・・・

やっぱエントリーモデルとは密度と深みと空間が違うんですね・・・

最上位新製品フラッグシップモデルEA2000T,EA2000・・・

なるほど、雑味がさらに減って澄んだ滑らかな空間密度の高いサウンドで・・・心持ち中低域よりで、中高域に中心がシフトしたような気も・・・その分見通しが良くなった?・・・出力トランスも使ってバランス対応したとのことなので?・・・

同じ構成比較を、課題曲ベートーベンの眼鏡付きで・・・

やはり音が澄んで見通しが良くなった・・・エネルギー感や空間の音の密度も落ちずに・・・まあ、鮮度が上がったのが、心持ち中低域より中高域に中心がシフトしたように聞こえるからか?それともバランス接続による基本能力のアップによるのか?はちょっと分かりませんが・・・

マンション1軒分、財力に余裕があれば・・・(滝汗

と言うことで・・・やはり空気録音があると、聞き応えがありますね!・・・(^^;

で、本日はここまでで・・・つづきは次回・・・最後まで行けるか?(大滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4440-187dbd35