FC2ブログ

【4316】201114 オーディオルネッサンス視聴(3)Nmodeさん・・・(^^; 

さて、例年のオーディオショウのおさらい同様に・・・当日、各社のブースを順番に回ってるみたいに・・・オンライン配信を見た時のφ(..)メモをここにアップしています・・・(^^;

ってわけで、かみさんと出かけたわけではないのですが・・・昼休みのインターバルの間に、いっしょに昼ご飯を食べて・・・午後の部の再開です・・・

【午後はNmodeさんから】
4316-01午後はNmodeから

で、午後はNmodeさんからですが・・・なかなか面白いシチュエーションでして・・・昼休みインターバルって画面から・・・突如、試聴室らしき部屋におっちゃん二人が登場!(爆

Nmodeさん・・・ってか、会社はリリックさんの今は社長さん?・・・ずっとオーディオセッション大阪でデモを担当されてた瀬戸山さんと・・・ファンダメンタルの鈴木哲さんが・・・ファンダメンタルの視聴室でデモスタート・・・(^^;

σ(^^)私、この瀬戸山さんのデモの選曲が好きでして・・・大好きになったギタリストのエイリックモングレインを知ったのが、ずっと以前のオーディオセッション大阪での瀬戸山さんのデモでして・・・

【871】101113 大阪ハイエンドオーディオショウ&オーディオセッションメモ(3)・・・(^^;
【926】101224-25 クリスマス・アコギNight!~アコギDay!・・・(^^; [2011/02/08]

って寄り道が過ぎるので・・・再びNmodeのデモへ戻って・・・(滝汗

Nmodeのデモが録られたこの場所は、ファンダメンタルの本社の試聴室で・・・マンションの6畳間だそうで・・・まるでテレホンショッピングのノリで・・・(大滝汗

Nmodeの1bitアンプをファンダメンタルの鈴木さんがチューンしたタイプのデモで・・・クールな雰囲気のオリジナルを、ホットな演奏とその場のリアリティを出すチューンをしたモデルとのことで・・・

瀬戸山さん曰く・・・Nmodeをドナルドフェイゲンの音楽に例え、それにトムウェイツの(Looking For) The Heart Of Saturday Nightが加わったようなサウンドと・・・っと、鈴木さんは、スティービー・レイ・ボーンを加えたつもりだったと・・・(爆

で、プレーヤーは、MQA対応の開発中プロトタイプで・・・このあと、アンプのボンネットを開けて、内部のチューニングの解説が・・・で、SPはこのアンプのチューニングのリファレンスに使ったファンダメンタルのSPで・・・Nmodeのオリジナルアンプとファンダメンタルチューンのタイプの聞き較べを空気録音で・・・冒頭の画像がその時のもの・・・(^^;

なるほどねえ・・・小型モニターをライブな6畳間で・・・オリジナルモデルは、1bitアンプの音数とキレが前面に出て来て・・・てな雰囲気が前面に・・・で、ファンダメンタルチューンは・・・そこに温度感を加え、上質な滑らかさとリアリティのバランスを取った感じで・・・

って、再生されたのは、課題曲のヘンデル:ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)と、ベートーベンの眼鏡付き二重奏曲ですが・・・(汗

うん?・・・この空気録音をうちのリスポジで聞くと・・・S-1EXの方がかなり細かな音まで出してて、バランスと音数、広がりともいい感じ・・・って長年聞き続けたSPだからか?・・・それに対して、FB-1は・・・低域が速い分、薄く感じてしまって、ちょっと落ち着いて楽しむには面白味が無いような気が・・・(大滝汗

ま、元の録音がちょっぴり腰高で鼻詰まり的なところもあるので仕方ないのか?(汗・・・でもそれまでのトークの時の距離だとバランスはわるくないので・・・音楽再生の音量だと、部屋の響の影響がそうかんじさせるのかな?・・・(^^;

と、最後に・・・Nicogiの蜃気楼からDANCERも・・・ってこの曲は、AudioAcccesory誌175号の付録CDにも入ってた曲なんで・・・これを再生して空気録音した音と比べると・・・部屋込みの自分のサウンドと相対比較が出来ますね?・・・(滝汗

ちなみに・・・このデモは、中高域の響きのよく出る雰囲気で、ギターのスチール弦の艶やかな金属的響きがしっかり出る感じで・・・うちのS-1EXは、やはりかなりマイルドな感じで空間への響きの広がり重視な印象に対して・・・FB-1では、このデモにかなり近い感じながら、部屋の響きがデモ空間よりは少なく癖が無い印象・・・ただ、その分?演奏の熱気が足りない気もして・・・なんてね(大滝汗

って・・・あちゃ~!・・・チンタラと拙宅サウンドの電子φ(..)メモの音も含めておさらいしてたら、全然進まないままに・・・本日の時間切れ!(滝汗

なので・・・ちょっと短いですが、本日はここまで・・・つづきは次回へ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4429-78b66008