FC2ブログ

【4304】201104 届いたCDで中華DACの電源比較の追試を?・・・(^^; 

さて、格安中華DACの実験を長々引っ張ってますが・・・ま、正直なところ注意使いには非常にCPが高いと思いますが・・・ノーマルのままではもう一息って感が否めなくて・・・(汗

ってわけで、S/PDIFのRCA端子の追加や、USB-TypeBジャックの追加で・・・デジタルやUSBアキュライザーを使えるようにして・・・要はインフラノイズリマスタリング?を可能にしたわけですが・・・(大滝汗

実際のところ、ここまでやると・・・あれ?充分音楽を楽しめるサウンドになるじゃん!(汗

ってわけで・・・となれば、更に!と・・・電源強化に突っ走ったわけでして・・・(滝汗

【自作の実験用出川式電源】4303-01
4303-01拙宅定番の実験用出川電源

で、せっかく久し振りに自作出川式電源を引っ張り出してきたので・・・その出自?をちょと遡ってみると・・・その取っ掛かりが・・・

【262】090328 出水電器試聴会(第2世代出川式電源への憧れ) [2009/04/14]

で、直ぐにケースに入れて・・・今回使ったのは、この1系統出力の方で・・・

【282】090422 iconシステムに出川式電源(一応完成) [2009/05/04]

って、おいおい!もう11年も使い倒してるってこと?・・・ちょっとビックリ!(@@;

と言うことで・・・この日は直前にTV番組で小倉さんが紹介してたCDをポチッて・・・

【押尾コータローのPASSENGER】
4304-01押尾コータローのPASSENGER

とどいたのは、こちら・・・押尾コータローのPASSENGER・・・

実は、つい先日の日記にアップした・・・

【4293】201005-06 届いた音源とこれあった!・・・(^^; [2020/11/05]

ジョンウィリアムスのLive in Vinnaのように・・・CD+BDだったので・・・映像とサラウンド音源やハイレゾ音源を期待したんですが・・・

一応、LPCMの24bit/96KHzステレオのハイレゾ音源は入ってましたが・・・2曲とメイキングという・・・いわゆるおまけディスクで・・・ちょっぴり残念?・・・(汗

で、CDの方は・・・なかなかカッコイイ曲がたくさんで・・・小倉さんおすすめのバリトンギターの朝顔もなかなかよくて・・・

しかも・・・BDは一応ハイレゾがら・・・プレーヤーがソニーの廉価機種UHDプレーヤーUBP-M800mk2だからか?・・・UX-1の出力を同じ中華DACにして比べても・・・確かにBDの方が器は大きそうな感じはあるんですが・・・CDのサウンドの方が断然切れも空間展開も心地よくて・・・何より演奏のメリハリ、ダイナミックさやエネルギー感は、CDの方が断然好印象・・・(汗

ってわけで・・・UX-1の出力を中華DACに入れて・・・UX-1のXLR出力との比較を・・・

で、格安中華DACは・・・デジタルアキュライザーの装着で音楽再生の質が一気にグッと上がって・・・ACアダプタから自作出川式電源にしたことで、重心が下がりグリップ感が増して、音楽の躍動感により実在感が感じられるようになり・・・

さらにタップに真似ニートーを装着すると、滲みが減って音の芯がよりクッキリ・・・空間展開も滑らかながら音像や音のキレは維持したままで・・・

と、ノーマルの格安中華DACからすると、相当な高下駄を履いた状態になった!って喜んだんですが・・・

【全部入りを持ってしても?】4303-04
4303-04武器を追加

最後の全部入り?・・・電源強化、デジタルアキュライザー、真似ニートー使用にしても・・・やはりUX-1の有意さは揺るぐこと無くて・・・(大滝汗

ま、多分UX-1のノーマル出力も、バランスアキュライザーを通さなければ、若干の器の大きさと言うか質の高さはあるものの普通のサウンド?・・・全部入りの格安中華DACといい勝負?って気もするのですが・・・やはり、バラアキュを通すと、質の高さに加えてリアリティが増すので・・・基礎体力の違いをより明確にしてしまう結果に・・・残念(泣

ま、とは言え・・・格安機器ばかりでも、そこそこ楽しめるレベルにはとどいて来たわけで・・・じっくり対峙して聞くのでなければ・・・格安中華DACも侮れないってのは間違いないわけですから・・・ま、今のところは、これでOKかな?・・・(^^;

ってわけで・・・何かと中途半端ですが・・・本日はこの辺で・・・(汗

次回は?・・・週明け、異例の速さ?で、つい先日のお出かけの話に・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4417-e0f92d37