FC2ブログ

【4298】201023 中華DACに届いたUSB TypeB~microUSB変換アダプター・・・(^^; 

さて、先の日記からの間・・・以前もチラッと書いた解決の図れない難儀な課題にずう~っと頭を悩ませつつ・・・(泣

旭化成の前?フラッグシップDACチップAK4497を搭載した格安中華DACでのお戯れに夢中なお話しのつづきを・・・(滝汗

この格安中華DACにS/PDIFコアキシャルRCA端子を追加したことで・・・バーブラウンのPCM1704搭載のUX-1のアナログ出力と・・・AK4497搭載の中華DACを切替えて楽しんでまして・・・(^^;

【DACの違いを切替えて楽しむ】4297-06
4297-06RCAのSPDIF付きに

っと言いつつ・・・中華DACは、先のS/PDIFのRCA端子追加で・・・DGリベラメンテ(DGL-1.3RCA)+デジタルアキュライザー(DACU-500)接続って強力なドーピングをしてますが・・・(滝汗

UX-1のアナログ出力は・・・繊細さとエッジのしっかりしたキレを持ったオーディオ的心地よさも満たしてくれるサウンドなのに対して・・・滑らかでちょっぴり密度感も感じるAK4497の雰囲気に加えてデジアキュによる音の芯のハッキリした倍音の響が非常に綺麗なサウンドで・・・

ちなみに・・・どちらのXLR出力もセレクター経由でバラアキュBACU-2000を通してのサウンドですので・・・ベースの段階でナチュラルなリアリティーのあるいい感じのサウンドではあるんですが・・・(^^;

それに加えてさらにインフラドーピングの入った中華DACサウンドは・・・深みと空間へ綺麗な響きが広がっていく雰囲気が加わる感じで・・・癒されつつも頭は覚醒する印象に・・・(汗

で、だったら・・・ハイレゾはどうなる?と・・・ノートPCをUSB接続して・・・Audirvanaでハイレゾファイルの再生も聞いてみたいなと思ったのですが・・・

この中華DACのUSB入力は、microUSB端子なんですよねえ・・・(泣

【届いたアダプター】
4298-01届いたアダプター

ってわけで・・・ポチッて届いたのが、このUSB TypeB~microUSB変換アダプターで・・・

【フルドーピングでは?】
4298-02フルドーピングには?

で、このアダプターをUSBリベラメンテ+USBアキュライザーに繋げば、インフラアイテムでフルドーピンの状態になる!・・・(^^;

【あら?干渉する!】
4298-03あら?干渉する

まずは、USBリベラメンテのみで繋いでみようと・・・あら?DCアダプタのプラグと干渉するじゃん!・・・(大滝汗

【もちろんUアキュも】
4298-04もちろんUアキュも

ってわけで・・・もちろんUSBアキュライザー経由でも同様に干渉するわけで・・・(滝汗

ま、音は出ますし・・・サウンド的にはUSBアキュライザー(UACU-700)を通した方が、断然空間の雰囲気の密度が濃くて・・・音楽の機微や深みが楽しめる!・・・(^^;

ただ・・・一部のハイレゾが・・・ブツッ・・・ブツッてノイズが入って・・・(泣

そうなんです・・・DSDだと256(11.2MHz)まで、別に問題もなく再生出来るのですが・・・PCMでは192KHzまではうまく再生するのに・・・384KHzでは、ブツッ・・・ブツッてノイズが・・・

う~ん・・・残念?・・・やっぱり、ジョイントのジョイントだからかなあ?・・・(汗

直接、USBリベラメンテやUアキュ(UACU-700)を繋げるようにしたら聞けるかなあ?・・・(滝汗

って、ところで実用上、384KHzのPCM音源って持ってるのかって?・・・ハハハ、雑誌付録のファイルが少し・・・あと、MQAのサンプル音源が少しあるけど・・・(滝汗

と言うことで・・・ま、ほとんど聞くことは無いからいいか?と・・・(^^;

で、次回はどんな話しに?・・・ハハハ、ネタ切れ?・・・届いた音源の息継ぎネタに・・・

ってわけで・・・まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4409-89acabe3