FC2ブログ

【4295】201017-18 かめきち邸立寄りと実家で中華DAC(前編)・・・(^^; 

さて、旭化成の工場火災による影響が、今後どのように波及していくのか?かなり心配な部分もありますが・・・最新で電流出力型のフラッグシップDACのAK4499からすると、一つ前の型になりますが・・・デジアナ分離した別体DACのAK4191+AK4498のベースでもある電圧出力型DACとしては、AK4497もまだ最新DACチップでもあるわけで・・・(滝汗

で、さらには・・・このAK4497は、フィルター設定でNOSモード風?の信号波形が出力されるとの噂も耳にして・・・セールでバカ安だった中華DACをゲットしたものの・・・(大滝汗

その入出力端子やとりあえず繋いで聞いた出音の雰囲気からすると・・・ちょっとやっちまったな~!(超大滝汗・・・的な雰囲気全開で・・・(泣

で、この週末は・・・恒例の実家の自治会活動?・・・川ざらえや草刈りの肉体奉仕があり、実家へ戻ることになってまして・・・(滝汗

でもって・・・途中、かめきち邸へお借りしてた2トラ38テープを返却しに立寄り・・・

ちょっと聞いて行かない?ってお声掛けをいただいて(^^;・・・ではっと、かみさんをクルマで待たせて、一曲ほどお聴かせいただくことに・・・(汗

【さらにチューンが進んだ】4278-02
4278-02おっと手前は?

で、おかけいただいたのは・・・クイーンのアルバムThe Gameに入ってるAnother One Bites The Dustで、NASからのファイル再生だったんですが・・・

おおお!・・・すげ~!ベースの迫力・・・生々しく厚みのあるシンバルのキレ!・・・低域から中低域へと、凄くグリップの効いた出音で・・・熱くセクシーなボーカルも・・・

いやあ、前回プチ音会に立寄らせて頂いた際も、NASからのファイル再生が、結構オリジナル盤の雰囲気に近付いて来たと仰ってましたが・・・正に、その通りのインパクト!(@@;

音源データは、CDでは無いとのとことでしたが・・・それにしても、これほどのサウンドが軽々と出るとは?!・・・(汗

と、前回の立寄りからさらにチャンデバの調整を進められたとのことで・・・ま、以前のハード的なチャンデバの時のよき時代の?劇場サウンド的に軽く早い低域もよかったですが・・・

グリップの安定した、瞬発力と弾力のある低域をベースとした・・・まるでスタジオのモニタールームで聞いているようなサウンドに、めっちゃビックリ!(@@;

おまけに・・・σ(^^)私が以前、ヘビロテで聞いて、お出かけ時にも持参して聞かせていただいてた・・・マイケルヘッジスのジッターブギを・・・

【マイケルヘッジス】1523-01
1523-01マイケルヘッジス.jpg

いやあ、厚みと濃さがあるのに、凄いキレと迫力・・・気持ちいいなあ!・・・(^^;

ああ、そう言えばこのところ拙宅で余りこのCDは聞いてなかったなあ・・・(滝汗

で、おさらいついでに聞いてみると・・・なるほど!なあとちょっぴり納得?・・・S-1EXで聞く音数と繊細さに・・・FB-1で聞くキレとインパクトの明晰さ・・・どちらの要素も満たしつつ・・・さらに厚みと濃さもあるってのがかめきち邸システムで体験した音・・・

そうか・・・そうだよなあ・・・両方を満たして厚みと濃さもって・・・(大滝汗

ずっと以前・・・まだ、全然音会に出向くことをしてなかった頃・・・S-1EXを拙宅に迎え入れた頃は・・・これでどんな音も出せるはずなんて思ってたんですよね・・・(滝汗

あれから15年余り・・・イメージする音楽を、イメージ通りに聴くことが、こんなに難しいことだと思い知ることになるとは・・・(汗

ってわけで、ちょっぴり以前に思いを寄せつつ・・・冒頭の中華DACでのお楽しみを・・・

なんですが・・・ちょっとおさらいの時間が足りないので、つづきは次回へ・・・(汗

ま、そう言うわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4406-7ba9b8c5