FC2ブログ

【4287】2009023 CD-34のリモコン化改造・・・(^^; 

さて、あれだけ大きな効果!豊かな音楽表現と凄いリアリティ!って大騒ぎしてたバランスタイプのアナログアキュライザーBACU-2000・・・通称バラアキュですが・・・

連続して、ハイエンド系システムのお宅でお試し実験をさせていただいたところ・・・ハイエンドケーブルの個性と相性がいい場合と、残念な結果になる場合があって・・・(滝汗

その対応策のひとつが、機器接続のケーブルの後・・・つまりはパワーアンプの直前に入れるのが効果の無駄遣いが無いはずってことで・・・その確認実験が出来ないかな?って思ってやってみたんですが・・・(大滝汗

拙宅環境が未熟なのか?σ(^^)私の耳が拙宅環境に慣れてて変化に疎いのか?・・・バラアキュを接続ケーブルの上流に付けた場合と、下流につけた場合の差が、あまりハッキリ分からなかったと言う寂しい結果に・・・(汗

ま、拙宅環境もそうですが・・・元のSOULNOTEのリファレンスを真似た白ケーブルが、大きな癖もなく、バラアキュの効果をスポイルしなかったと思っておこう!・・・(滝汗

ってわけで・・・先の日記の余韻?はここまで・・・ここから本日のテーマへ・・・(^^;

で、本日のテーマは・・・タイトル通り?・・・届いたこちら・・・

【届いたリモコン化キット】
4287-01ドイツから届いたキット

CD-34をゲットして、いろいろ弄り始めたず~っと最初の頃?・・・ネットをあれこれ探していたら・・・現在もCD-34のチューニングキットを出してるショップがドイツに・・・(@@;

でも、その頃は・・・とにかく普通に使えるレベルにレストア出来ればいいやって程度に思ってたので・・・手近なパーツで最低限の梃入れだけやってたんですが・・・

NOSモードのハッキリしたサウンドの心地よさが気に入って・・・かなりのヘビロテプレーヤーになっちゃいまして・・・(滝汗

で、思い出したのが・・・件のドイツのショップサイト・・・通販のページでポチッとしてから約2週間・・・先の画像のブツが届きました・・・ほっ(^^;

ま、最初は・・・汎用のリモコンキットでも使って済まそうと思ってたんですが・・・サービスマニュアルの回路図を見てたら・・・1つの操作に同時に2つのボタンを押下する必要があるってことで・・・どうやら、汎用キットでは無理みたい・・・(涙

ってわけで・・・半年近く経ってやっとこのキットの入手にフン切ったってわけ・・・(汗

【コントロール基板のフラットケーブル】
4287-02コントロール基板のフラットケーブルを

で、まずは・・・コントロール基板から伸びるフラットケーブルを切り裂いて・・・RF受光ユニットをはんだ付け・・・

【残りのケーブルを1本づつ切り裂いて】
4287-03切り裂いて?

でもって・・・残りのフラットケーブルの4cmほどを、1本ずつに切り裂いて・・・って、これが一番面倒でした・・・(大滝汗

【制御基板とディスプレイ間に】
4287-04はんだ付け

で、制御基板とディスプレイ基板の間を繋ぐケーブルの接続端子のところに・・・切り咲いた1本ずつを必要なところにはんだ付け・・・(^^;

【RF受光ユニットと制御基板を】
4287-05RF受光ユニットと制御基板を

でもって・・・RF受光ユニットを、トレイの下の隙間からRF信号を受信出来るように、RF受光ユニットを格納して・・・

リモコンのコントロール基板を、フロントパネルと本体基板の隙間に固定して・・・電源ケーブルを繋いで、仮の動作確認をすると・・・おお!珍しく一発動作OK!(^^;

【これでリモコン化改造の完了!】
4287-06これでリモコン化改造の完了!

ってわけで・・・念願のCD-34のリモコン化改造が完了!・・・\(^^)/

ま、Philipsの汎用リモコンなので・・・トレイの開閉が、専用ボタンがあるのに、数字の1に割り当てられたりしてて、時折トレイが行って戻ってする時がありますが・・・一応、再生、停止、早送り、曲送り、戻しもポーズも含めて・・・正常動作!(^^;

いやあ・・・リモコンユニットなんて、音わるくなるだろ!って突っ込まれそうですが・・・やはりリモコンのありがたみは捨て難く・・・(大滝汗

と言うことで、本日のテーマは、これにて終了・・・(汗

次回は・・・あちゃあ、ちょっとオーディオ外ですが・・・息継ぎネタに・・・(大滝汗

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4398-d1342aa5