FC2ブログ

【4286】2009020-21 バラアキュの効果比較?・・・(^^; 

さて、オルフェ邸での最後の実験・・・真似ニートーの効果確認は・・・今思うと、少々製作者からの、ある意味誘導バイアス?がかかっていたかも?って反省もあるんですが・・・(滝汗

と言うのも・・・広がりタイプの重心が下がるのはともかく・・・別の観点で聞けば、滑らかに厚みが増すってのは・・・膨らんでぼやけてると言えるかも知れませんし・・・(汗

ま、そうは言っても、広がりタイプもシェイプタイプも効果があることと、それぞれの効果が違った変化であることも確認されたことは事実で・・・傾向としても再現性がありそうなので・・・もう少し違ったバリエーションも含めて追試をして見る価値はあるかな?って気が・・・

なので、真似ニートーについては、いずれまた違った観点での追試もやろうかな?と・・・

と、それはさて置き・・・そんな効果の再現性を確認でき、とっても楽しかった久し振りのオルフェ邸音会を終え・・・帰り際に、daisiさんにブツを・・・(汗

と言うのも、daisiさんが新たなプレーヤーを導入されたそうで・・・AECプラグの回りが狭くて通常のオーディオ用電源ケーブルだと入らないとのことで・・・細身のAECプラグの電ケーがあれば貸してと・・・で、拙宅で直近は常用してない電源ケーブルから・・・太刀魚君2と、根岸N2と、ACリベラメンテをお渡しすることに・・・(^^;

と、その日の夜には、結果のメッセージが・・・

好みはインフラノイズだったけど・・・元々使っていたアクロリンクのケーブルで自作したものに戻したら・・・インフラノイズでないとどうしても駄目と言うまでの差は感じられなかったので・・・当面はこのままアクロリンクで行くことにしたとのこと・・・(^^;

ま、ある意味納得・・・元々音楽を鳴らせるSPと個性のハッキリした機器のdaisi邸のシステムなので・・・インフラノイズが回復させてくれる部分の差が少なかったのかな?と・・・

で、ようやく本日の本題・・・といっても、実は我慢出来ずに、既にそうてん邸訪問の日記にその結論を書いちゃったのですが・・・(大滝汗

【4275】200906 そうてん邸再訪(終)謎解きとおまけ実験・・・(^^; [2020/10/12]

そうてん邸でのσ(^^)私の一番の関心は・・・バラアキュBACU-2000の効果が、そうてん邸常用のHorus NEO+αにバラアキュBACU-2000を装着した際、これぐらい大きく変わるはずって予想に反して、変化はあったものの、バラアキュの効果が少しスポイルされた印象があって・・・

で、なんでかな?って思ってたら・・・そうてんさんのブログで・・・オーグラインのHorus NEO+αであまり効果が出なかったのにCHORD Sarum-XLRで大化けしたのは・・・インフラノイズのBACU-2000の説明で、フィルター系のアクセサリーとは相性が合わない可能性ありとの注意があって・・・そこから、Horus NEO+αではフィルターの2重装着が原因らしいとの回答があって・・・なるほど!そうだったのか!と、凄く納得したんですが・・・

それからすると・・・バラアキュBACU-2000はパワーアンプの手前がよさげってことに・・・

それに・・・先のオルフェ邸音会ではプリアンプの後にバラアキュBACU-2000を繋いだからか?・・・効果が思ったより薄かったけど音の鈍りはσ(^^)私的にはあまり気にならなかったんですが・・・daisiさん的には音のピークが若干鈍ってると感じるとのことで・・・

で、この週末・・・毎度のごとく実家へ戻るんで・・・ホントは実験したくてアイテムを持ち帰ってたんですが・・・結局、実家の周囲や中の掃除が手一杯で、何も出来ず・・・(滝汗

ってわけで・・・大阪へ戻って代替実験を・・・(汗

うん?なんで代替実験なのかって?・・・それは・・・バラアキュBACU-2000の左右ケーブルの間隔が、最大広げても20cm余りしか無くて・・・パワーアンプ直前に直接バラアキュBACU-2000を装着できなくて・・・(大滝汗

【バランスリベラメンテを】
4286-01バランスリベラメンテに

で、通常のSOULNOTEの白ケーブルもどきでプレーヤー~アンプ間を繋いでいるのと比べて・・・アンプへの接続をバランスリベラメンテにして・・・

【そこへバラアキュを繋いで聴くと】
4286-02バラアキュを

そのリベラメンテにバラアキュを繋いだのを聞き比べることにしたのですが・・・

う~ん・・・システムのレベルや環境が聞き分けられるレベルに到達してないのか?それとも耳がこの部屋のシステムの音に慣れてしまってて聞き分けられないのか?は、わかりませんが・・・いずれもバラアキュを使っての比較なので・・・プラシーボ的バイアスが高いのか?・・・ほとんど有意な差が感じられなくて・・・(大滝汗

【右のアンプを中央へ】
4286-03右のアンプを中心に移動

で、アンプ2台構成から、単なるステレオプリメインモードにして・・・右のアンプをセンターに移動・・・でもってプレーヤー側にバラアキュを装着した白ケーブル直で聞いてみて・・・

【白ケーブルで聞いてみる】
4286-04白ケーブルと

でもって、つづいて白ケーブルとアンプの間側にバラアキュを移動して聞いてみると・・・

【バラアキュをアンプ直前に】
4286-05根元にバラアキュ

う~ん・・・駄目だ?プリメインアンプなので、プレーヤーの根本とアンプの根本のどちらに バラアキュを入れるか?で聞き分けにトライしたんですが・・・

やっぱり、拙宅環境では、バラアキュの装着位置(送り出し機の根本とアンプの入り口直前)では・・・有意な差が聞き分けられない・・・強いて言うとアンプ直前の方が鮮度感や定位感、実体感が若干アップする気はするのですが・・・(大滝汗

それより、久々にアンプ1台でステレオ再生したんですが・・・左右別々のアンプでの再生を比べると・・・この構成の差の方が大きくて・・・(爆

と言うことで・・・バラアキュはプレーヤーからのセレクターの後に入れて・・・アンプはステレオ片チャン使用の2台構成に戻すことに・・・やっぱり、トータルのポテンシャルとバランスはこれが一番合ってるかな?・・・(汗

【テープを聞いてまったり】
4286-06テープを聴く

で、この日は・・・かめきちさんにお借りしたテープを聴いてまったりと・・・(汗

でもって・・・次回は?・・・久し振りにCD-34を弄った話しへ・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4397-b63ff8fd