FC2ブログ

【4256】200814-15 実家でバラアキュBACU-2000の比較試聴(後編)・・・(^^; 

さて、大阪の自宅で、RCAタイプとそんなに違わないのでは?と言う予想に反して、非常に大きな効果を感じさせてくれたバランスタイプのアナログアキュライザーですが・・・

お盆に、実家へ戻るのに合わせて持ち帰り・・・この一騎打ちをしたところ・・・ちょっと意地悪かな?と思いつつ、音楽性の向上は既に承知の上なので・・・敢えて音の面でどうだろう?と・・・音源にYMOを使って、インパクトと空間展開を聞き比べてみたところ・・・

これまた、参りました(滝汗・・・インパクトのピークが鈍ったり、空間展開が歪になったり、解れなかったりしないか?を聞いてみたのですが・・・全然大丈夫!(@@;

と言うことで・・・だったら、ちょっとお楽しみをと・・・(滝汗

【バラアキュ+マグニートーでは?】
4256-01バラアキュにマグニートーを

このところ大阪の自宅では、そうてんさんに現物体験をさせていただいたHigh Fidelity Cables の Magnetic Wave Guide MC-0.5 Helix +の真似が出来ないか?と自作した真似ニートー(マグニートー)を使って、なかなかいい感じのサウンドを楽しんでるので・・・

バラアキュの効果に対して・・・真似ニートーの効果はあるのか?と・・・広がりタイプのマグニートーを持って来たので・・・これをタップに装着して聞いてみると・・・(^^;

おお!・・・装着して数十秒で効果が出るかな?と思ったんですが・・・意外に変化が!(汗

若干、音のバランスは重心が下がって低域の量も密度も出て、滑らかになったんですが・・・中高域も滑らかにストレス感もなくなって、SPの高さより下方に展開してたのが、天井近くまで情報にも空間が広がって・・・楽器の展開がSPの高さくらいに水平に・・・

ま、広がりタイプの真似ニートーなんで、音の速さはすこし量の方にシフトした感じもありますが・・・蹄の音がこっちに向かってくる感じは、より前後がハッキリして、リスポジ後まで抜けて行った!・・・(^^;

ま、オーディオ的快感度で言うと、ちょっと柔らかく丸くなった感はあるんですが・・・空間の広がりと密度はこっちの方が心地よくて・・・タムの左上方への展開も、電子銃の出音と移動も・・・ポッカリ空間に浮かんだところからこっちに飛んでくるようなイメージ!(@@;

ならば・・・今度は、更に音の確認をと・・・(滝汗

【マグニートーとバラアキュ外して太鼓の音を?】
4256-02マグニートー無しで太鼓を

マグニートーとバラアキュを一旦タップから外して・・・ノーマルのサウンドを、更に音で確認してみようと・・・邦楽系をと・・・オトダマのCDから7曲目を聞くと・・・

うん、中低域の重心は変わらず・・・雰囲気は似てるけど・・・さっきまでの速さやリアリティや空間展開は、全体に減退して・・・やっぱりもっちゃりしちゃった・・・(大滝汗

【バラアキュ装着では?】
4256-03バラアキュなら?

ってわけで、メインテーマのバランスタイプのアナアキュ付けて聞き直してみると・・・

おおおお!・・・空間の密度が高くて滑らかに出音がスッとでて来る・・・太鼓のリアリティがいい感じだし・・・三味線の音のリアリティも・・・尺八もいい感じだし・・・(滝汗

いやあ、大阪の音よりバランスよくて、太鼓の皮の張った感じもいい感じ!・・・太鼓も三味線も尺八も、乾いた空間に滑らかに広く展開して・・・(^^;

で、ついでに・・・マグニートーを装着して聞いてみると・・・

お、やっぱりステージの高さがちょっと上がって・・・さっきは余り気付かなかったけど、ちょっと前後感が無くなった?・・・何気に、広がりタイプとは相性がもう一つかも?・・・ああ、シェイプタイプのマグニートーも持ってくりゃよかった・・・(大滝汗

で、最後は、女声ボーカルでと・・・バラアキュとマグニートーありのままで・・・浜田真梨子のライブを聞くと・・・

うん?・・・密度感と滑らかさ、空間展開も気持ちよくて・・・でも、やっぱちょっと違和感があるなあ・・・響きが少し緩く滲む?・・・広がりタイプのマグニートーのせい?(汗

【バラアキュのみなら?】
4256-04バラアキュのみなら?

で、バラアキュのみにして聞いてみると・・・やっぱりスッキリした響きと展開で・・・マグニートーの嫌な響の滲みが無くていいなあ!・・・でも、シェイプタイプのマグニートーとあ合わせたらもっと空間が浮いたかも・・・やっぱ両タイプのマグニートー持って来たら面白かったかな?・・・この組み合わせ実験は、大阪でやってみないとあかんな・・・(滝汗

【ノーマルでは?】
4256-06マグニートーのみでは?

ってわけで・・・バラアキュも外して、ノーマルでは?・・・って、ノーマルって言っても、インフラノイズのアイテムは一杯使ってますけど・・・(汗

あ、なるほど・・・全体に大人しいと言うか、メリハリや強弱が薄い?・・・実際これでも結構いい感じなんだけど、バラアキュ有りに比べると、ちょっと一本兆品感じに・・・う~ん、知らなきゃ充分だけど、一度聞くと・・・バラアキュアリとは全然惹かれる度合いが低い・・・

やぱぱり、前回自宅で試した自作XLRアダプタ付きのRCAアナアキュと比べても・・・実体感と実在感のある空間の雰囲気は、バラアキュの効果が高いなあ!・・・(^^;

【最後にマグニートーのみ】

で、最後の最後に、広がりタイプのマグニートーのみでは?・・・

お!・・・拍手の感じが生っぽい!・・・ああ、ピアノはやっぱりちょと緩く響きが滲むなあ・・・でも、2種類のマグニートーを合わせれば、これはこれでハイエンド的な密度と広がりになりそう!・・・音額的抑揚とかダイナミックレンジはバラアキュ無しでは厳しいけど(滝汗

ってわけで、バラアキュの高い効果をしっかり再確認・・・心配したインパクトのピークや空間展開にも問題なく・・・正しい音と音楽って感じで凄くいい!・・・\(^^)/

で、マグニートーですが・・・質感が上がる感じで・・・2タイプとバラアキュを上手く組み合わせると、ひょっとすると合わせ技で、また違う世界が体験できるかも?・・・(汗

と言うことで・・・今回のお盆のテーマは、これにてお終い・・・(^^;

次回は?・・・息継ぎネタで・・・SACDとレコードを?・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4366-c4d333b5