FC2ブログ

【4253】200809 SP位置の再調整とCD-34の補修再び(後編)・・・(^^; 

あら?・・・分割するほどの内容でないことは、充分認識してるんですが・・・(大滝汗

実際、2日に渡っての補修工作だったので・・・日記である以上、忠実に・・・(汗

で、前日は・・・コントロールパネルのタクトスイッチを交換して・・・トレイ開閉のベルトを熱溶着ベルトで、前よりほんのちょっと緩めのベルトに変えて・・・

うん?・・・タクトスイッチ交換の効果は?・・・う~ん、特に操作性が上がったってわけでも無いし・・・残念?・・・ま、でも精神衛生上、新品接点に変わったわけだし・・・(^^;

で、ベルト交換の効果は?・・・う~ん、こっちも・・・確かに、トレイの開閉は、以前より軽くスムーズになったけど・・・1日経って開けようとすると・・・動かない・・・

う~ん、もっと緩めないと駄目なのか?・・・どれともトレイ後部のスイッチか?・・・もしかしたら、ネットで見たモーターの電極の接点?・・・う~ん、まあもう少し様子見か?・・・

ってわけで・・・本日のテーマは・・・電源周りの部品リニューアル・・・

【電解コンと三端子レギュレータ】
4253-01電解コンと三端子レギュレータ

でもって・・・再び開腹して・・・あら?途中の画像撮るの忘れましたが・・・電源基板を取り外して・・・ヒートシンクから三端子レギュレータをはずして・・・

【チューブラタイプの電解コンデンサーを】
4253-02チューブラタイプの電解コンを

まずは、前回使える容量が無かったチューブラタイプの電解コンデンサーを交換して・・・

【三端子レギュレータ6個を】
4253-03三端子レギュレータ6個を

つづいては・・・三端子レギュレータ6個を交換して・・・

ホントは、錆びたジャンパー線とか・・・ダイオードも変えたいところですが・・・ま、この辺りは気の持ちようみたいな領域ですし・・・(滝汗

【電源基板と分周基板を】
4253-04電源基板とクロック基板を

で、電源基板と分周基板を元に戻して・・・外部クロック入力ケーブルをケースの外に・・・

【ケーブル類も復元】
4253-05ケーブル類も復元

でもって、表側の基板に、ケーブルのコネクタを全て繋いで・・・

【蓋も戻して】
4253-06蓋を戻して

で、ケースの蓋も戻して・・・

【ラックに戻してクロックを繋いで】
4253-07ラックに戻してクックを繋いで

最後に、ラックへ戻して・・・外部クロックを繋いで・・・

で、電源周りの部品を交換したわけだし・・・

しばしエージングを兼ねて、あれこれ聴きまくり・・・(^^;

うん?・・・ちょっと音がシャキッとスッキリした?・・・何か、NOSモードにした時の傾向・・・オペアンプをLHH2000と同じのにした時と同じ方向に・・・

お、ヤバイ!・・・何か大枚叩いたUX-1より、気持ちにググググッと来る!(@@;

ってわけで・・・ちょっとヤバイ傾向に恐れつつ・・・本日のテーマはこれにて終了・・・

次回は?・・・もちろん、息継ぎネタへ・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4363-4db97e35