FC2ブログ

【4248】200726 届いたCDとSP配置変更とUX-1改修?・・・(^^; 

さて、息継ぎネタの連続ですが・・・本日のテーマは、そうは言ってもまだオーディオ的?・・・ってわけで・・・頑張って行きましょう!・・・(^^;

まずは・・・何が原因でポチッたのか?が、思い出せないのですが・・・

この日届いたのが・・・こちらのSACD・・・

【ゲド戦記サウンドトラックのSACD】
4248-01ゲド戦記サウンドトラックSACD

まあ、2006年公開の映画のサウンドトラックで・・・何と!SACDなんですよね!(^^;

で、流石に14年も前のサントラだからか?・・・レンタル落ちでも無いのに、缶コーヒーよりも安い!・・・そう、送料の方が高いパターンです・・・(滝汗

で、さっそくUX-1で聞いてみると・・・(^^;

おお!・・・やはりサントラ用のサウンドバランス・・・しっかりとした低域のベース・・・ちょっと広めのスタジオ録音?・・・でも、そこは映画用のサウンド・・・個々のリアリティや解像度を持ちながら、充分な広がりや、演奏自体の迫力も・・・これ、SACDの器の大きさがフルに活かされてる感じ!・・・(^^;

でお目当て・・・テルーの唄は?・・・おおお!・・・なるほど、サントラでSACDってか・・・なるほどなあ!・・・シングルのシュワシュワの無い、アナログ的な滑らかさ・・・ま、映画の挿入歌ですからねえ・・・こっちの方がそれっぽい!

で、ちょっと気になったのが・・・もう少し広がりがふわっと出てくれても・・・PMC FB-1をゲットした最初の頃・・・S-1EXの前に置いた時は、結構広がってたような気が・・・

【この頃は広がりが】4215-01
4215-01やっぱりこの配置では

ああ、やっぱり・・・前に出っ張り過ぎだからと・・・奥に引っ込め過ぎた?・・・

【4215】200614 SPの配置変更(色々比べる?)・・・(^^; [2020/07/20]

今の配置だと・・・S-1EXが、外側への広がりを遮断してる感じになるからかな?・・・

【S-1EXより奥に引込んで】4246-06
4246-06一体型ラックに変身

まあ、だからと言って、アンプのラックがあるので、そうそう、手前に引っ張り出せないんですが・・・出来る範囲でやってみようかな?と・・・

一番の問題は・・・SPの下に敷いてる大地もどきボード・・・これがアンプのラックに干渉するので・・・そこそこまでしか前に出せない・・・

【可能な範囲で手前に出す】
4248-02FB-1を手前に

ってわけで・・・可能な限り?手前に引っ張り出したのが、この画像・・・(^^;

ホントは、もう少し前に出せるんですが・・・そうすると、今度はFB-1がS-1EXの内側への音の回り込みを結構邪魔するので・・・(大滝汗

えっ?・・・どっちかのSPを諦めて、撤去しちゃえって?・・・(泣

それはそうなんですが・・・今は、どっちもどっち?・・・聞きたい雰囲気によって、順位が逆転しちゃう状況なので・・・(汗

ってわけで、これが苦肉の策ってことに・・・(^^;

で、本日最後のテーマ・・・UX-1の改修ですが・・・

昨日の日記で出て来た・・・亀山モデル復活のために入手した熱伝導シリコンゴム・・・

これが、少し余ってて・・・そうだ!あそこに使って見たらどうかな?と・・・

実は、前々から・・・UX-1の電源部周りの熱が気になってて・・・

【4211】200607 熱防止のためにUX-1の天板に隙間を・・・(^^; [2020/07/14]

少しでも延命させるために、上蓋を少し持ち上げてたんですが・・・

その作業の時・・・左側の電源基板の上のヒートシンクが結構熱を持ってたので・・・

ここに、熱伝導シリコンゴムを使えば、天板に効率的に熱を逃がせて、温度を下げられるかな?って思いついたわけで・・・

【UX-1の左のヒートシンクに】
4248-03左のヒートシンクにシリコンゴムを

で、ヒートシンクの上に熱伝導シリコンゴムを貼り重ねて・・・天板と軽く接するようにしてみたら・・・(^^;

【前より少し蓋が上に?】
4248-04前より蓋が持ち上がった?

前より少し蓋が上に?・・・で、色々聞いてみたが、音的には特に変化は感じられず・・・

しばらくして、天板を触ってみたんですが・・・あれ?全然暖かくない・・・(滝汗

どうも、熱伝導シリコンゴムを3重にも重ねたんで・・・熱が伝ってない?・・・

ということで・・・またまた意味ない工作に?・・・MUDA Born!(汗

ってわけで、本日はこれにてお終い・・・次回は?・・・また、息継ぎネタ・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

放熱用という事でしたら、銅板とか銅たわしの熱伝導度が優れています。
絶縁は、熱伝導シリコン、デンカシート、マイカ+シリコングリスetc.
積極的に冷却するなら、ペルチェ素子を1枚噛まし温度上昇を抑えます。
何故かオーディオ用途では、かなり音が変わる事が多いのでご注意を!

Fさん、貴重なアドバイスをありがとうございますm(_ _)m
大枚叩いて修理したUX-1なんで、少しでも延命になるかな?って思って、テレビ修理にゲットした熱伝導シリコンの余りが使えないかな?とやってみました・・・(汗
なるほど、やはり銅の方が熱伝導度は高いですよね?・・・薄いですが、たわしアースの内側に使った銅板の端材と、熱伝導シリコンがあるので、そのうちやってみようかなと思います・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4358-804dccf6