FC2ブログ

【4220】200627-28 FB-1にケブタフェルトパッキング?・・・(^^; 

さて、格安中古のPMC FB-1を導入し、SOULNOTEのサウンドエッセンスに触れつつ・・・S-1EXの方向性の違いを再認識・・・同時に、ないものねだり?・・・双方のいいとこ取りが出来ればいいのにと・・・(大滝汗

実際のとこと・・・FB-1の導入時にそのサウンドの可能性を確認するため・・・

【FB-1導入時のSP配置】4204-03
4204-03このSP配置では

ま、ほとんどFB-1のスタンドアローンのセッティングで、超ニアフィールドで聴いてたわけですが・・・この時の鳴りっぷりで、芯のある硬い音の方向は確認できたものの・・・ユニットからの音離れがどうも今一つな気がして・・・(滝汗

一方、S-1EXはこの位置でも結構音の空間密度を保ちつつ広がりがあって・・・なので、なおさらFB-1のユニットに貼り付いたようなサウンドが気になって・・・(汗

【SP配置変更したが】4215-03
4215-03新たなセッティング

ってわけで・・・もう少し、S-1EXとFB-1を同等に聞き比べたいなと、SP配置を変更したんですが・・・ま、FB-1がこれだけ後に下がってると、外側のS-1EXに邪魔され?なおさらFB-1からの出音を囲い込む?って感じで・・・

もちろん、S-1EXをもっと広げて下げて・・・FB-1をもう少しベストポジションに近付けたいって思いもあるんですが・・・アンプのラックの幅や、SPを置いてるボードのサイズもあって・・・なかなかそのままでは、うまい配置が思いつかなくて・・・(汗

ま、それは次のステップとして、この先にやるとしても・・・その前に・・・FB-1導入確認時に感じた音離れについて、何とかできないか?と・・・

って、おいおい!・・・セッティングより先に、またそっち行くんかい!・・・(大滝汗

と言うことで・・・無理矢理(汗・・・ユニットを外して・・・

【ユニットを外すと】
4220-01ユニットを外すと

先のツイーター交換の際に、この固体は、ユニットの取り付けに、特にパッキングの類は入れていないってことは、分かってたんですが・・・やはり、ウーハーも同様で・・・(^^;

で、音離れの改善については・・・ず~っと昔に何度もチューニングしてて・・・1つはユニットの重心を支持すること・・・Ge3で自立台って呼ばれてた方法・・・(汗

もう1つが・・・ユニットのパッキングにGe3のケブタフェルトを使って、ユニットの固定を極力弱くする方法・・・ただ経験的に、ホントはこの2つは同時にやってこそ・・・

ですが、構造的に自立台の適用は、簡単では無いので・・・とりあえずケブタフェルトのみを試してみようかなと・・・(滝汗

【ウーハーに】           【ツイーターに】
4220-02ウーハーに 4220-03ツイーターに

で、押入れに残ってたケブタフェルトを引張り出して来て・・・う~ん、フルに使える分が無いので・・・一部はケブタフェルトワッシャを作った残りや・・・ターンテーブルシートに使った1ブロックを1/3に切り出す方法も使って・・・(滝汗

【ウーハーを取り付け】       【ツイーターも取り付け】
4220-04ウーハーを取り付け 4220-05ツイーターを取り付け

ケブタフェルトを貼り付けたウーハーを取り付け・・・ツイーターも取り付けて・・・

【ちょっぴり出っ張る?】
4220-06ちょっぴり出っ張る

オリジナル自体も面一ではなく、0.5mmほどユニットの方が沈んでたんですが・・・逆に0.5mmほど出っ張ることになりました・・・(^^;

で、さっそくちょこっと聞いてみると・・・

【思いの他いい感じに?】
4220-07いい感じになったが

大抵の場合、Ge3のアイテムを適用すると、数日は、音が安定しないんですが・・・のっけから案外いい感じに?・・・(大滝汗

と言うのは、恐らく・・・ユニットの取付ネジを、トルクドライバーの一番弱め(10cN.m)で取り付けたので・・・中高域のSN感の向上、見通しのよさ、何より音離れについては、思いのほかいい感じになったのかな?と・・・(^^;

ただ、中低域、低域については・・・過去の経験通り、最初はあまり出なくて・・・(汗

ま、これはケブタフェルトが馴染むまで、しばし様子見が必要なので・・・

と言うことで、本日の対応は、この辺りで・・・ホントは先延ばしにしたセッティングの調整を早くやらないと駄目なんですけど・・・ま、様子見で・・・(大滝汗

で、次回は?・・・このコロナ禍の中?・・・いや、この時は一段落してたので・・・ちょとお出かけを・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4330-6a33e733