FC2ブログ

【4219】200621 久々のファイル再生?・・・(^^; 

さて、前日の日記で、オーディオ音友達のオンラインミーティングの話しをチラッと書きましたが・・・実は、日程さえ合っていれば、先に酒仙坊さんを初めとして・・・例年、オーディオショウの後のオーディオ飲みナーでご一緒する先輩音友達の方々とのミーティングが予定されてたのですが・・・(^^;

残念ながら、この日は、実家の町内の堤防の草刈りがあって・・・県を跨る自粛が解除されなければと思ってたんですが・・・大阪は、予定通り解除され・・・(大滝汗

予定通り、実家のサポートと草刈りに戻ったため、このオンラインミーティングに参加できなかったんですが・・・

その準備段階に、酒仙坊さんから・・・音質確認用にクラシックコンサート配信の録音データを入手してて・・・

それからちょっと日が経ちましたが、この日は久々にこのファイルを聞いてみることに・・・

ファイルは、44.1KHz16bitと5.6MHzのDSDファイルで・・・

普段使いのノートPCからUSBケーブルで普通にifi nano iDSDを繋いで・・・そのアナログRCA出力をSOULNOTE A-2のRCAに入れて、PMC FB-1で聞いてみました・・・(^^;

で、44.1KHz16bitの方は、元がライブ配信なので、鮮度が高く、空間の透明度と背景の雰囲気は結構再現されるんですが・・・やはり、ダビングを重ねた音源に似た、奥行感の減退と言うか・・・ちょっと平面的なところを感じるかな?ってところが・・・

おそらく、配信の録音ファイルでこれだけのクオリティーが聴けるとなると・・・元の配信は相当心地よい空間再現とクオリティが楽しめるだろうな・・・ってのが、容易に想像できるレベルで・・・今時の演奏会を聞くには、BS録画やコンサートのライブ配信が、かなり楽しめそうだって実感しました・・・(^^;

ま、ここにアナアキュを入れると・・・先に上げたちょっぴり感じる不満も、一気に解消して・・・もうこれでいいじゃん!ってレベルに・・・(滝汗

正直、最近流行の過去の名演奏の高音質リマスターのハイレゾ音源とか・・・更には、それをレコードにしたものとか・・・今時の音にアレンジされて、違和感を覚える向きには、配信音源にアキュライザーシリーズを入れた方が、往年の名盤イメージのリマスターに感じるんじゃないかな?・・・(滝汗

ってわけで・・・この日も、実家の畑の草刈りや除草剤散布をやって帰ってきたの出、結構ヘロヘロだったので・・・最後にプチ実験だけやってと・・・

えっと・・・SOULNOTEの白いリファレンスケーブルですが・・・フェイスブックに、SPケーブルは、バイワイヤ端子の場合も、ジャンパーケーブルにしないで、芯線を長く剥いて・・・ローハイともに直接繋いだ方がいいってのは知ってたんですが・・・

この日、SP端子のケーブル穴を通さない方がいいって記述を発見・・・(^^;

と言うことで・・・これまで端子の穴を通してネジを締めてたのを・・・一旦抜いて・・・穴を通さず、ネジと台座の締め付け部に挟んで締めて固定するように変更を・・・

と、これがPMC FB-1のSP端子板が、Hi,Loで段々になってて・・・思いの他、苦戦・・・

SPを狭いところに押し込んでるから・・・前のめりに体を折って、頭を下にして・・・アクロバットのごとき体性でネジ締めを・・・で、これが難しくて結構時間がかかって、頭に血がのぼって・・・農作業疲れに追い討ちをかけ、ホントにヘロヘロに・・・(滝汗

と言うことで・・・ほとんど結果を聞かずに・・・寝落ち・・・(大滝汗

ま、締まりと見通しがよくなったと言うことにしておこうかな?・・・(^^;

でもって、本日は、これにてお終い・・・次回は、週明け?・・・(汗

また、我慢出来ずに・・・SPの音離れの改善を?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4329-15d2e606