FC2ブログ

【4209】200606-07 実家でインフラノイズアイテムの音確認(中編)・・・(^^; 

さて、ず~っと以前インフラノイズのDAC-1を使っていたのに・・・当時はオーディオ的な音の再生しか知らず・・・そのホントのポテンシャルに気付くこともなかったのに・・・(滝汗

それは、このブログを始めるもっと前・・・まだ単身赴任する前・・・ほとんどシアター中心に楽しんでた頃・・・なのでそれからはもう15年位前?・・・えっ?DAC-1ってそんなに前に発売してたっけ?・・・(汗

お、2006年頃の発売なので・・・記憶とも一致しますね!(^^;

で、シアターから遅れてピュアオーディオに返り咲いたこともあって・・・この10年余り・・・特に単身赴任で神奈川に言ってた頃・・・いろんな音友達と出会い・・・強烈なペースで何人もの筋金入りの音友達のお宅へ伺って・・・

しかも、アテンドいただいた先輩音友達が、百戦錬磨の方々だったこともあり・・・ヴィンテージからハイエンドのオーディオマニアから拘りの音楽マニアまで・・・

しかもその合い間には、σ(^^)私自身の元々の興味だったシアターマニアのお宅へ単独訪問も連発したり・・・

ってわけで、ま、多少は音や音楽にも耳が肥えたのか?・・・ようやくCECのDA53とインフラノイズのDAC-1に驚くほどの大きな差があったことに気が付いたわけで・・・(大滝汗

で、それならその延長線に求める音楽を奏でてくれるように手助けしてくれる究極アイテム?・・・アキュライザーシリーズでCECのDA53を大変身させられるか?って確認をと・・・(汗

【DA53にデジアキュを】
4209-01DA53にデジアキュを

まずは、DA53に既存の必殺アイテムデジタルアキュライザーDACU-500を装着して聞き比べてみると・・・

おっ?・・・何か一気にDAC-1に近付いた!・・・音のバランスは元のDA53の低域の豊かな感じを維持しつつも、ピアノもボーカルも澄んだ空間に明瞭なイメージで現れた!・・・(^^;

歌の細かな声の出し方加減やピアノの深い響も出てきて・・・一本調子だった曲が一気に寂しげでドラマティックな雰囲気に・・・いいなあ!これでもういいじゃんってくらいの感じ(汗

【アナアキュも加えると?】
4209-02アナアキュも加えて

となると・・・やっぱアナログアキュライザーAACU-1000も加えたら、どこまで鳴るんだろう?と興味津々で再生すると・・・

おおお・・・凄いねえ!・・・一気にアナログサウンドのように濃く濃密に!・・・デジアキュで透明感と明瞭度が上がって音数も増えた感じになったところへ・・・

デジタルの粒子の隙間にちゃんと音があることに気付かせ・・・豊かでリアリティのあるサウンドに大変身させた!・・・抑揚感とか低域の深みも出て・・・一気に重心の低いアナログ的な音楽の深みを出して来たような・・・(汗

ここまで変身させちゃうの?ってくらい、音楽の表情豊かで実在感のある展開に(@@;・・・なるほどねえ、アキュライザーシリーズ、特にアナアキュの最後の仕上げは、ここまで来て一気に花開く感じ・・・

となると?・・・最初から音楽的なインパクトの強いDAC-1だとどう鳴るのかな?と・・・

【DAC-1にデジアキュを】
4209-03DAC-1にデジアキュを

じゃ、まずDAC-1にデジアキュを装着するとどう鳴るのかな?と、同じ曲をかけると・・・

うわっ!・・・いまさっき、DA53にデジアキュとアナアキュ入れたら凄い!ってめっちゃ感激したのに・・・その音調のバランス、音蝕の濃さや太さや滑らかさと深み・・・そう、ピアノの低弦の深い音とか・・・お陰で歌がぐわっと盛り上がる!・・・おまけにボーカルの抑揚とか言葉を歌で伝えようとする声の出し方の細かな配慮とか・・・ピアノもいいなあ!(@@;

何か、凡人の眠ったポテンシャルを呼び起こすDA53へのアキュシリーズ投入とは、次元が違うってのを簡単に思い知らされた感じ・・・(滝汗

ならば?・・・ダブルになると、一体どうなっちゃうの?と・・・

【DAC-1にデジアキュもアナアキュも】
4209-04DAC-1にダブルだと?

DAC-1にデジアキュもアナアキュも装着して・・・再び再生・・・うん?・・・余りに興奮して電源ケーブルを差し替えるを忘れてた・・・(大滝汗

気を取り直して・・・ダブル装着のDAC-1で再生すると・・・

うん?・・・めっちゃ濃いのを期待してたのに、何かえらい薄っぺらい?・・・あ、左から音が出てない・・・(大滝汗

で、接触を確認してもう一度・・・おおお!やっぱ濃い!太い!深いなあ!・・・背景の静けさが一段と澄んで・・・演奏も声も強さのダイナミックレンジがグッと広がって・・・デジタルの透けた感じが全くせず・・・実在感やリアリティをグッと感じる密度に・・・

って、書きつつ・・・実際には、そんな説明が要らない、普通のホントの演奏を聞いてるみたいに、全然違和感のない音なんで・・・ふと気付くとずっと聞き込んじゃう・・・(汗

いかんいかん、今回はもう一つ確認したいことがあるんだ・・・

ってわけで・・・つづきは次回・・・週明けに・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4319-899ac4f6