FC2ブログ

【4186】200420 CD-34のインレット化&RCA端子化・・・(^^; 

週末休刊の関係で、ネットを眺めて気付いたお知らせが・・・タイミングを逃して意味を無くしちゃってますが・・・先週末、Taoさんのブログに、インフラノイズのアキュライザー使用実験についての日記(1)(2)がアップされてます!・・・(^^;



さて、外出自粛中のお楽しみアイテム?としてゲットした、ジャンクのMarantz CD-34は、トレイの開閉を直したら・・・思いの他簡単にご機嫌なサウンドを聞かせてくれ・・・ゴールデンウィークの楽しみにと思っていたNOS(Non Over Sampling)モードへの改修まで一気に・・・

と、ここまで来て・・・修理に出て戻ってこないUX-1(ようやく戻って来ましたが)を置いてたラックのスペースが空いてることから・・・(滝汗

配線の煩雑さと・・・CD-34のオリジナルのRCAケーブルや電源ケーブルは、経年劣化で接触抵抗が増加してて、本来の性能を出せなくなってるとの情報もあり・・・(汗

その対策として・・・電源のインレット化とアナログ出力のRCA端子化をと・・・(^^;

で、まずはアナログ出力をRCAケーブルが使えるように改造をってことで・・・

【片CHは直出しケーブルの穴に】
4186-01直出しケーブル穴に

片CHは、元の直出しケーブルの穴にRCA端子を装着して・・・

【出力をRCAジャックに】
4186-02もう片CHは穴を開けて

で、もう片CHはドリルで穴を開け・・・RCA端子を装着し、出力をRCAジャックに変更・・・

つづいては・・・電源のインレット化を・・・

【元の直出し穴の周辺に罫書いて】 【ドリルと自在ノコで】
4186-03直だし電源の穴周辺に罫書いて 4186-04ドリルと自在ノコで

でもって・・・ダイキャストフレームの直出し電源ケーブルの元穴周辺にインレットを取り付ける穴を罫書いて・・・ドリルと自在ノコで・・・結構苦労して穴開け・・・

【ヤスリで整形して】
4186-05ヤスリで整形して

ヤスリで整形して・・・押入れの休眠部品から、インレットを引張り出して・・・

【取り付け穴にタップを】
4186-06インレットの取り付け

インレットの取り付け穴をドリルで開けて・・・その穴にタップを切って・・・インレットを取り付け・・・(^^;

【インレットへファストン端子で】
4186-07インレットにファストン端子で

トランス基板からの配線にファストン端子を取り付け・・・インレットに接続・・・

【あら?干渉する!】
4186-08あれ?干渉する

で、トレイメカ部を取付ようとして・・・ビックリ!(@@;

あちゃ~!・・・トレイメカの取り付け部にファストン端子が干渉する!・・・(滝汗

ってわけで・・・ファストン端子を曲げて・・・何とかトレイメカ部を装着して・・・

【ACケーブルとRCAケーブルを繋いで】
4186-09ACケーブルとRCAで接続

で、ACケーブルとRCAケーブルで接続して・・・動作確認を・・・

【動作は快調!】
4186-10動作は快調

と言うことで・・・汎用電源ケーブルとウェスタン系のRCAケーブルで繋いで再生して見ましたが・・・動作は至極快調!(^^;

サウンドは?・・・電ケーによる影響は汎用ケーブルなので、あまり違いは無いかも?ですが・・・音の鮮度と濃さの雰囲気から・・・RCAケーブルの傾向はそこそこ出てるような気が・・・

ただ、RCAからXLRにトランスで変換して、ノイマンのバランスケーブルで繋いでいるので・・・何の音聴いてるのか?・・・

で、念のため・・・A-2にウェスタン系のRCAケーブルで直接繋いで聞いてみると・・・

なるほど・・・スッキリ度合い、背景の静けさより、ボーカルや楽器の太さや実在感が色濃く出るので、ちょっとシャッキリした感じに・・・これはこれでありかな?・・・って、ラックに入れてXLRで統一しようって話とは相反する実験ですが・・・(滝汗

本体内にアンバラ⇒バランスの小型変換トランスを内蔵するのもありかと思いますが・・・別途入手が必要になるので・・・今は却下・・・(^^;

ということで・・・本日のテーマはこれにてお終い・・・(汗

次回は?・・・ゴールデンウィークのお楽しみ用パーツ入手までの息継ぎネタ?・・・(大汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4296-49607a39