FC2ブログ

【4183】200416 CD-34のNOSモード化にチャレンジ・・・(^^; 

さて、補修パーツを入手して、シリコンゴムベルトを自作して・・・機械的にはほぼ快調な状態に回復したジャンクのCD-34ですが・・・(^^;

じつは、こいつをゲットしたのには、ある魂胆があってのこと・・・(滝汗

最初にもチラッと書きましたが・・・元はPhilipsのCD-104って機種を、日本ではMarantzがCD-34って機種名で販売してたわけで・・・

その辺りをネット検索してる時に、めっちゃ興味深い情報をゲット!・・・(^^;

SOULNOTE A-2ユーザーとしては、最新のSACDプレーヤーのS-3にもの凄く惹かれるのですが・・・そこは干乾びたキリギリスには夢見るしか無いので・・・一度はUX-1を使い切るしかない!と決心し・・・故障修理に出したわけですが・・・想定より高額な修理代がかかった上・・・一旦戻って来たものの再び修理に旅立ったまま・・・

そこへこのCD-34をポチるかどうか?迷ってたら・・・このCD-34って機種は・・・PhilipsのLHH2000で使ってるのと同じ・・・14bitDAC TDA1540ってDACチップを2個使ってて・・・

しかも・・・結構簡単にNOS(Non Over Sampling)モードに改造できるって!・・・(@@;

うひょ~!・・・もちろんSOULNOTEのNOSモードは、当時の回路やパーツの必然から発生したNOSとはちょっと違って・・・今のパーツで、あえて今の技術で成し遂げたNOSモードだってのは分かってるつもりで・・・何はともあれそのテイストが体験できる!ってことで・・・

【底板を取り外し】
4183-01底板も外して

まずは開腹・・・底板も取り外し・・・

【DACボードを取り外し】
4183-02DACボードを取り外し

知恵の輪のごとくに・・・DACボードを取り外して・・・

【SAA7030の半田を吸取り】
4183-03SAA7030の半田を吸取り

4倍オーバーサンプリングと2次ノイズシェイピングって、当時としては非常に先進のデジタルフィルターIC(SAA7030)の半田を吸い取って・・・

【SAA7030を取り外し】      【ジャンパーを4本】
4183-04SAA7030を取り外し 4183-05ジャンパーを4本

その肝いりのSAA7030を取り外して・・・SAA7000からの信号をそのまま左右のDACへ送るため、4本のジャンパーを取り付ける・・・

ピン20-ピン3
ピン17-ピン10
ピン18-ピン6
ピン21-ピン7

【SAA7000のピン16を5Vに】
4183-06SAA7000のピン16を5Vに

で、SAA7000のピン16のパターンカットして、ピン18から1K抵抗で繋いで、5Vにプルアップすると・・・SAA7000が14bitモードで動作するんだそうな・・・(^^;

【取り外したSAA7030を】
4183-06取り外したSAA7030を

と言うことで、NOSモード化の改造はたったこれだけ・・・取り外したSAA7030をビニール袋に入れて、シャシの端っこにテープで留めておく・・・

【CD-34がNOSモードで動作!】
4183-07NOSモードのCD-34に

と、たったこれだけで、CD-34がNOSモードで動作するように・・・\(^^)/

で、さっそく聞いて見ると・・・お、なるほど!・・・鮮度と解像度がよりはっきりする方向の変化で・・・曖昧さを削ぎ落として・・・細く痩せることもなく、ピントが合って、非常に見通しがよくなった印象・・・(^^;

35年前の機材を改造しただけで、これだけストレートなサウンドになるんだから・・・S-3がアレだけ鮮明に濃いサウンドに鳴るのも納得!と思いつつ・・・レンジが広くなく、音数も少ないものの・・・S-3に比べれば、1/100ほどの投資でそのテイストが体験できたのだから、凄いじゃん!って・・・必死で自己バイアスをかけつつ・・・(汗

【ボードとインシュを】
4183-08ボードとインシュを

ちょっと不安定な置き方だったので・・・A-2のラックの足に跨るように端材の合板をインフラノイズのアクションパッドを挟んで置き・・・その上にマグナライザー4個でCD-34を設置したんですが・・・やっぱ変わるんですね!・・・さらに静で見通しよくなりました!(^^;

ここまでのサウンドになるなら・・・さらに弄ればもっと?って、欲をかき・・・(滝汗

で、次回は・・・このCD-34をさらに弄ることに?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4293-8bc18052