FC2ブログ

【4174】200323 届いたSACDをUX-1で・・・(^^; 

さて、待ちに待った我が家のメインプレーヤーUX-1の修理が済んで帰ってきたものの・・・帰還時の梱包などで、しっかりした仕事を期待したものの・・・

いざ聞き始めてみると、DACチップを交換したからか?・・・なんだか曇った眠い音に(大滝汗

で、あれこれとっ変えひっ変え聞きまくり・・・ようやく少しはましになって来たかな?ってところまで辿り着いたんですが・・・(汗

まだ、SACD時の回転の異音?が、すこ~し気になるレベルで・・・

と、この日届いたのが、こちらのSACD・・・

【プラハググァルネリトリオでシューベルトのピアノ三重奏曲】
4174-01プラハググァルネリトリオでシューベルトのピアノ三重奏曲

音友達のヒジヤンが、ファイルウェブの日記で、とっても高繊細な音源と紹介してたSACDで・・・Praga DigitalsレーベルのSACDで・・・

もちろん、安価な中古盤で・・・なので、ケースの傷も多いし、ジャケットもちょっとボロボロですが・・・お、SACDのマルチチャンネルも入ってるじゃん!(^^;

ってわけで・・・帰還したUX-1の動作確認も兼ねて・・・

CDとSACDの2chと・・・SACDのマルチチャンネルの聴き比べを・・・

で、まずはCDを・・・おお、これってマグニートーの効果?・・・ピアノもバイオリンやチェロも太く濃く滑らかで・・・思いの他、ふわっと空間の響に包まれる感じもあって・・・

ってわけで、こりゃあSACDの出番がなくなるかな?って思いつつも・・・SACDの2chを聞いてみると・・・

やっぱり、プレーヤーがSPより耳に近いからか?回転音が聞こえるのは気になるけど・・・再生音に集中すれば、何とか無視できるレベルかな・・・で、再生音は・・・なるほどなあ、高繊細さって意味では、断然SACDの方がSNもよく、音数が多く、微細な音が細かく聞き分けられる・・・これはこれでSACDの存在価値ありかな?って感じで・・・(^^;

で、最後に・・・SACDマルチチャンネルを・・・なんですが、SACDマルチを再生するには・・・5.1chのアナログ出力をAVアンプにつないで聞かなければならなくて・・・

ってわけで、UX-1帰還後、初めて5.1chアナログを繋いで・・・サラウンド再生を・・・

う~ん・・・何とも残念(滝汗・・・2chが金属たわしアースとマグニートーの効果で、そこそこにいい感じの再生音、広がり、包まれ感なので・・・なんか、安モンっぽい音をたくさんのSPから出して誤魔化そうとしてる・・・的な感じで、大幅に質が落ちる印象で・・・(大滝汗

う~ん、サラウンド目当てでUX-1を残したのに・・・ちょっとこれでは・・・(泣

何とかもっと梃入れして、サラウンドはサラウンドなりにいいじゃん!って状態にもって行かないと・・・(悲

ってわけで、本日のテーマは、これにてお終い・・・(汗

次回は、週明け?・・・余り期待せずにDVDの再生をトライしたらって話しを・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4284-c6cb1835