FC2ブログ

【4134】200125 横浜のM氏邸レコードを聴く会(終)・・・(^^; 

さて、横浜のM氏邸レコードを聞く会は、横浜のMさんご本人によるシステムの調整成果のプレゼンに始まり・・・JKさんの、一般には存在を知る由も無いプロモ盤やテスト盤などの超貴重盤を極上ライブがごとくに楽しみ・・・Iさんのダイレクトカット盤の鮮烈サウンドを堪能し・・・

とりはIBさんで・・・まずシングル盤で、ロネッツ、ローリングストーンズ、ビリージョエルと来て・・・本題は、サイモンとガーファンクルのParsley Sage Rosemary And ThymeとWednesday Morning 3 a.M.で・・・USステレオ盤とUKステレオ盤、UKモノラル盤を初期盤で聞き比べ・・・その曲調の大きな違いに驚き・・・UKモノラル盤の音作りに魅せられた・・・

と、気付けば窓の外にはすっかり夜の帳が・・・

【窓の外には夜の帳が】
4134-01窓の外には夜の帳が

で、IBさんのプレゼンも最後の盛り上がりを・・・ってわけで、ここからはシングル盤をつぎつぎかけていきます・・・全部USシングルですと・・・

まずは、コロンビアの赤盤で・・・先に聞いたアルバムParsley Sage Rosemary And Thymeにも入っているThe Dangling Conversationを・・・

お、やっぱりUS盤らしいクッキリした雰囲気で、ボーカルとコーラスとギターメインで・・・途中ストリングスも入って綺麗なサウンド・・・

つづいては、プロモ盤で・・・I am a Rockを・・・

冒頭のギターの鮮度感が凄いですね・・・ボーカルもめっちゃクリアで・・・やっぱりUS盤はちょっぴり派手な明るい雰囲気が強いですね・・・

で、おつぎは・・・Homeward Boundを・・・

おお、これは曲調に合わせてか?I am a Rockより少しおとなし目だけど、その分澄んだ音で素朴な雰囲気がタップリ・・・いいですねえ!(^^;

つづいて・・・Leaves That Are Greenを・・・

これは同じ盤なのかな?・・・録音の雰囲気が先のI am a Rockと非常に似た雰囲気で・・・サイモンとガーファンクルの暖かな雰囲気に包まれる感じでいいですね・・・

おつぎは、A面B面つづけて2曲・・・まずOld Friendを・・・

うん、これはストリングスとのアンサンブルが綺麗でいいですねえ・・・こうして聞くとUS盤はやはり明解な方向のサウンドバランスなんですね・・・

つづいてMrs.Robinsonを・・・

やっぱりと言うか、当然?・・・同じ盤だと録音の雰囲気が同じですね(汗・・・ボーカルやギターのメリハリやキレがしっかり聴けるシャキッとした音調で、明るく楽しい雰囲気に・・・

最後は、モノラルとステレオの違いをと・・・For Emily, Whenever I May Find Herのライブバージョンをモノラルで・・・

ほう、何か凄い奥行感のある録音で・・・なるほどライブバージョンなんですね・・・凄く空間の雰囲気が捉えられた印象で・・・みなさんもモノラルと聞いてビックリ!(@@;

で、IBさんが・・・このステレオ盤のいい盤を探してるんですが、なかなか出てこなくて・・・その中でも今一番いい盤を・・・でもこれではまだ満足していないんですと・・・

お、こちらはモノラルとは空間の雰囲気が違ってスッキリと広がる感じで・・・ギターもボーカルも素晴らしいじゃないですか?いい感じに聞こえますが・・・σ(^^)私的にはモノラルの雰囲気が好きですが・・・

と、IBさんが・・・うちではびびるんですが、ここではよく鳴りましすねと・・・

と、RFさん(元JFさん)が・・・それはやっぱりカートリッジですよ!アナログリアラックスのEX-1はトレースが凄くいいですから・・・オリジナル聞くのには凄くいいですよと・・・(^^;

と言うことで、USとUKの違いとステレオとモノラルの違いを含めてIBさんのプレゼンもこれにて終了に・・・いやあ、貴重な体験をありがとうございましたm(_ _)m

で、横浜のMさんが、最後に少し時間があるので・・・マラーをと・・・

【マーラーの子供の不思議な角笛】
4134-02マーラーの子供の不思議な角笛

ハイティンク指揮コンセルトヘボウでマーラーの子供の不思議な角笛を・・・

ほう、凄く鮮明な録音ですね・・・レンジも広がりもあって・・・ステージのイメージと個々の演奏や歌唱も明瞭で、ホールの響まで感じられて・・・素晴らしい!

録音もいいのでしょうけど・・・やっぱりピアノを移動して、横浜のMさんがオーディオ専用に調整されたこのシステムのポテンシャルが遺憾なく発揮されて・・・生では聞けないサウンドですとの話も・・・

【お宝のお裾分け】
4134-03お宝のお裾分け

で、最後にIBさんからお宝のお裾分けを・・・じっくり聞かせていただきますm(_ _)m

いやあ、今回もホントに貴重で素晴らしい体験をさせていただきました!・・・プレゼンされた皆さんも仰ってましたが、飛びっきりな盤が、ここではどう鳴るだろう?と持ち込んで、横浜のMさんの調整のスペシャルシステムで想像以上によく鳴るのを聴くのが楽しみと・・・

ホント、貴重な盤とそれをご機嫌に鳴らし切る横浜のMさんの調整・・・この2つがぴったり合うと、思いも寄らない想像以上の素晴らしいサウンドを奏で出す!・・・実際、コンサートでも聞けないようなライブ体験が出来てしまうんですよね!(^^;

横浜のMさん、ご参加の皆さん、超贅沢な時を過させて頂いて、本当にありがとうございました・・・是非、次回もよろしくお願いしますm(_ _)m

で、この後は恒例の新年会へ・・・

そこでは、アーティストや音源の情報、オーディオの話に渡るまで、いろんな話題で盛り上がり・・・元の演奏と再生は一致することはあるのか?・・・そんなの無いのでは?・・・生と同じとか生を越えるなんてことはありえない・・・でも、生より生っぽい、生より感動する再生が生まれることはあり得るんだ・・・雑味とコクとは?とか・・・透明と言う個性とか・・・生の音でも人によって聞いているところは違って・・・さらにその記憶の音は人によって千差万別に・・・ましてやそれをおのおのが再現された個人の音にはどれほどの違いが?・・・

などなど・・・ほんとディープで楽しい話しでタップリ盛り上がり・・・今年も無事にレコードを聴く会が終わりました・・・ほんとに楽しい時間をありがとうございましたm(_ _)m

で、この後、σ(^^)私は家族と合流してホテルへ・・・で、翌日午前中はまた別行動でIさんのお宅へ・・・ってわけで、次回はそのお話しを・・・(^^;

と言うことで、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4243-b3488f19