FC2ブログ

【4131】200125 横浜のM氏邸レコードを聴く会(3)・・・(^^; 

さて、恒例の横浜のM氏邸レコードを聴く会のつづき・・・昨年、SPの間にあったピアノを奥へと移動され、オーディオシステム中心に調整されたシステムのサウンドは?・・・

なるほど!システムの実力を充分に出す調整をされると、ここまで音楽の熱気と演奏のリアリティが引き出せるのか?!ってサウンドに・・・(^^

そうなると・・・普通には聴けない?別次元の貴重な盤だとどう鳴っちゃうんだろう?って期待が沸々と・・・って、横浜のMさんのお披露目につづいて・・・

ここから一気にJKさん恒例の超貴重盤の再生ライブ?にバトンタッチ・・・(汗

で、JKさんが・・・いい音で鳴ってるので、まず、前菜として・・・整理してる時に出て来たこの盤をと・・・

【ウィーンフィルの地獄の黙示録】
4131-01ウィーンフィルの地獄の黙示録

ショルティ指揮ウィーンフィルの地獄の黙示録・・・オリジナルサウンドトラックの45回転盤をかけられた・・・

ええ~!・・・このスケールで、解像度を落とさずにエネルギー感のある演奏を再生するって・・・なんちゅうシステムのポテンシャル!・・・凄いなあ!(@@;

と、イントロをさわりとして聴いて・・・つづいてここからメインで・・・まず同じ45回転盤で・・・ちょっと古いですけど、モービル盤で・・・

【ボブディランのBlonde on Blonde】
4131-02ボブディランのBlonde on Blonde

ボブディランのBlonde on Blondeの45回転盤から・・・I Want Youを・・・オリジナルはもっとぶっとい気がしますが、ちょっとモービルの傾向がありますねと・・・

おお、凄いなあ・・・鮮度と解像度があるのに、この濃さ、密度って・・・しかも45回転でモービル盤だから、もっと高域に寄るかと思ったんですが、厚いドッシリした中域の安定感・・・

で、ここからは、市販の盤は出てきませんのでと・・・(大滝汗

まずはDr.John's の Gumboから・・・1曲目のIko Ikoを・・・

【Dr.John's の Gumbo】
4131-03DrJohns の Gumbo

多分、画像の通り、プロモ盤だったんだろうと思いますが・・・(^^;

うわっ、冒頭の鮮度、勢い、音圧感・・・生きた演奏がドパンッ!って出てくる!(@@;・・・横浜のMさんチューンのシステムと合わさって、やっぱりスタジオライブを眼前に見てるみたいな熱気が・・・(^^;

皆さんからも、JKさんからも・・・いいですねえ~、素晴らしいです!と・・・

で、つぎは・・・みなさんご存知のイーグルスをと・・・The Long Runから・・・

【イーグルスのThe Long Runから】
4131-04イーグルスのThe Long Run

市販品で無く、ジャケットが無いので・・・市販品のジャケは、上の紺のジャケットのアルバムから・・・Heartache Tonightを・・・USのテストシングルで・・・

ひえ~!・・・イーグルスでも、こんなドラムの締まったキレのいい新鮮な録音があったんだ・・・コーラスも埋もれること無く綺麗に重なってて・・・ちょっと驚き!ってまあ、シングルでなおかつテスト盤ってことなので・・・(滝汗

ま、テスト盤ってことは、市販されなかった盤ですから、最終世に出た盤とはちょっと違うんでしょうけど(汗・・・そんなこと置いといて、とにかく凄い!(@@;

で、おつぎは・・・イーグルス繋がりで・・・ジョーウオルシュのアルバムをと・・・

【ジョーウオルシュのBut Seriously Folks】
4131-05ジョーウオルシュのBut Seriously Folks

ジョーウオルシュのBut Seriously Folksから最後のLife's Been Goodを・・・画像の左上にプロモーションコピーって貼ってますが、これもジャケットが分かるように持って来ただけで・・・かけるのはUSのテストプレスですと・・・ジャケの参考用がプロモ盤って(滝汗

おおお!・・・やっぱ、まるでスタジオライブのモニターの雰囲気を感じるほどの鮮度とリアリティ!・・・世に出なかったかも?なテストプレスですが・・・ジョーウオルシュいいですねえ・・・熱くかっこよくめっちゃ厚みとキレのある演奏でご機嫌です!

【スティーリーダンのCan't Buy a Thrill】
4131-06スティーリーダンのCant Buy a Thrill

で、今度は・・・スティーリーダンの・・・もちろんajaも素晴らしいですが・・・今回はファーストアルバムCan't Buy a ThrillのDo It Againを・・・これまた、参考ジャケットがプロモ盤ですが・・・ファーストシングルのテスト盤で・・・

ええ~!・・・凄い!凄過ぎる!・・・演奏も飛びっきりにご機嫌だし・・・盤のエネルギーと再生システムと環境が合わさると・・・ホントに驚くべき生々しくエネルギッシュなサウンドになるんですね!(@@;・・・途中、横浜のMさんがちょっとツマミを触られると、驚くほどに演奏がググググッとこっちに伝わって来て・・・ホント美味しく楽しいサウンドに!(^^;

と、もうホント驚きっ放しですが・・・最後は・・・え?その盤は何?裏がツルツル!?

【本日の盤に交じって】
4131-07この日の盤に交じって?

で、最後のアルバムは・・・画像の右上にStereo誌が写ってますが・・・昨年12月号の記事で・・・音源を直接Vinal盤にカッティングするってところがあって・・・そこへ飛びっきりのテープを持参してカッティングしてもらった盤ってことで・・・

テープからデジタルに落としてカッティングしてますが・・・いわゆるプライベートなテスト盤みたいのもの?・・・で、これを聴かせてもらうと・・・

うぉ!(@@;・・・ちょっとこれは、凄い世界ですねえ!・・・プライベートミックスと言うかオリジナルカッティングで・・・多分、テープの凄さをそのまま聴くに近い凄さ・・・

いやあ・・・相変わらずぶっ飛び音源・・・一般ピーポーでは絶対手が届かない・・・ってか、存在すら知る由も無いプロモ盤やテスト盤を、極上ライブ以上の機器。部屋の環境で聴かせてもらうなんて・・・なんて贅沢なんでしょう!・・・いやあ、最高!

ってわけで、あまりの凄さに皆さんヒートアップ・・・ちょっとここで休憩をと・・・

なので、つづきは次回・・・Iさんへバトンタッチして・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4240-f39ac510