FC2ブログ

【4130】200125 横浜のM氏邸レコードを聴く会(2)・・・(^^; 

さて、恒例の横浜のM氏邸でのレコードを聴く会・・・今年も昨年同様、横浜のMさんが経営されるワイン教室「Le Salon」が会場で・・・今回の大きなポイントは、昨年システムの真ん中にあったグランドピアノを奥に移動され、オーディオ重視なセッティングとなったこと・・・(^^;

その効果は少なく無く・・・昨年同様、普通では考えられない濃くリアルな音像を描いているんですが・・・その実在感の次元が一段階アップしたこと!・・・

初っ端、ステイシーケントの甘く色気のあるかわいいボーカルに魅了され・・・景気付けのアートペッパーにはガツンと熱い演奏を突きつけられ・・・

と、ここで横浜のMさんから、今回の機器の説明が・・・まずは、カートリッジ・・・

【アナログリラックスのEX-1】
4130-01アナログリラックスのEX-1

JFさん改めRFさんからのご紹介で導入の運びとなったカートリッジで・・・数年前、静電気除去ブラシで一気に知名度が上がったアナログリラックスさんのEX-1ってMCカートリッジで・・出力電圧が0.45mvの高出力カートリッジ・・・

【機器の布陣は昨年と同じ?】4129-03
4129-03LINNのNWプレーヤーで

これをウェスタンの618のレプリカを通して、マランツ#7のフォノイコからマッキンの専用イコライザーを通してMC1000でXRT26を鳴らしてます・・・

【この空間でこそのXRT26】
4130-02マッキン推奨配置

23個パラッてるツイータータワーが圧巻のXRT26ですが・・・この部屋の空間あってこそと言うか・・・XRT26だからこそこの空間にリアルなサウンドが展開できる・・・

昨年との違いはピアノを退けて、一応、マッキン推奨の配置・・・右は壁がありませんが、左の壁から1/3ずつの間隔に並べていますと・・・

それと、SPケーブルが、昨年はベルデンのネジネジだったのを、今年は銀線に・・・

カートリッジのサブは、フェーズメーションのP-1Gをベンツマイクロの銀箱で・・・カッティングレベルの高い盤はこちらでかけますと・・・

強いて言えば、アナログリラックスが濃い音系・・・フェーズメーションがスッキリ系・・・音出しをしてみて盤と気分でどちらかを・・・(^^;

で、おつぎは・・・ダイアナクラールをと・・・

【ダイアナクラールのThe Girl In The Other Room】
4130-03ダイアナクラールのThe Girl In The Other Room

The Girl In The Other RoomからStop This Worldを・・・おお、これまた魅惑的なボーカル!・・・濃い音系のアナログリラックスEX-1と今回のシステム配置も相まって・・・正にオーディオならではの聴かせるサウンド・・・目を瞑るとラウンジでのライブのかぶりつき席で聴いてるかのようで・・・

つづいて、2曲目は、エロいギターをとThe Girl in the Other Roomを・・・

おお、なるほど・・・マランツ#7とマッキンのコラボテイスト?銀線が妖艶さも?・・・

ご機嫌なサウンドで、一気に3曲目のTemptationへと・・・

冒頭のキレのいいパーカッションからベース、ギターへとめっちゃ濃い雰囲気で・・・

で、IBさんが語った話題は・・・2曲目ギターの刹那系の音色の出し方について・・・流石にいつもながらの横浜のMさんのドンピシャな調整・・・マランツ#7とマッキンのイコライザーの微妙な調整で、どっぷり聴き惚れるラウンジライブの世界へ

と、前回からの疑問?・・・コンクリートにタイル貼りの床なのに、キン付くことも無く、ぶ厚い低音が床を伝うことも無いのはなぜ?と、近付いてみると・・・床に線が・・・

【床の縁切り】
4130-04床の縁切り

で、横浜のMさんにこの床は縁切りしてあるんですか?とお伺いすると・・・ピアノを置くことを前提に、そのエリアが無垢板やバネを使った防振床にしてあるとのこと・・・

なるほど、それで・・・2階のコンクリート床にタイル貼りって印象とは違って、大音量でも響の癖が付かない澄んだ音なんだと納得・・・(^^;

それにしても、アナログらしさ以上に、相変わらず厚みと濃さとエネルギー感のある・・・ライブを体験しているかのごとき極上サウンド!・・・うちでは聴けない別次元・・・(^^;

と、話題が・・・ステイシーケントとダイアナクラールの生とオーディオ再生の違いについて・・・結論は・・・オーディオでこその再生芸術もあるよね?と・・・(爆

で、ここでアクトがバトンタッチ・・・ここから恒例のJKさんの超貴重盤再生ライブ?(^^;

ですが、本日は時間切れゆえ、つづきは次回、週明けへと・・・m(_ _)m

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4239-e89c71d9