FC2ブログ

【037】「Ge3な夕べ」にGe3設計の逆ホーンスピーカ登場 

覚醒の時、前回の「Ge3な夕べ」から早2ヶ月。
何と濃い体験の連続でしょう?

その興奮も覚めやらぬまま、またまたGe3がやってくれました。
今度は、スピーカーの登場です。
Ge3な夕べ」参加レポートから紹介しましょう。

**************************************************************************
昨日のGe3な夕べ(Kさんの逆ホーンすごかった!) 2008/03/22/15:25:12 No.11302

Mt.T2

Mt.T2です。昨日、Ge3な夕べに行ってきました。

何よりの驚きは、「Kさんの逆ホーンスピーカ」でした!
昨日のイベントの鍵は、全てこのスピーカーが握っていました。

昨日の出し物は、「Kさんの逆ホーンスピーカ」、「消しゴム(パワー用)」、「消しゴム(情報用)」、おまけは「超結界」でした。

一ヶ月前から半休を宣言し、準備万端だったにもかかわらず、当日午後スタートの会議が長引き、会社を出たのは4時半(どこが半休やねん!)、寮を経由して大急ぎで駆けつけたのですが、到着は丁度6時。
エンポケのドアを開けると、むせび泣くようなサックスの何ともいい音色が、これが逆ホーンか?と思いを馳せながら店内に入ると、既にたくさんの方がお集まり。
空いている席に座ると同時に「遅なってごめん。ごめん。」と、きささん登場!
「良い音してるやん。どれなってるの?」「これ。」何と!鳴っていたのは「たまや2号」でした。

非常に繊細な高音に厚い中音が、以外に早い低音の土台の上に何とも心地よく、柔らかな音場をつくっていました。今日は夕方から完成イベントがあるそうなので、興味のある方はどうぞ。(私はSC-LX90納品のためいけません(^^;)

で、気持ちを切り替え、Ge3な夕べのスタート。

まずは「Kさんの逆ホーンスピーカ」から。
このBBSで画像を見ていましたが、以外に実物のほうが精悍でかっこ良かった。継ぎ足し部分を直接見るとちょっとでこぼこしているが、黒く塗られた筐体は、凄みを持った佇まいで、非常に期待させてくれる。ただ、Ge3を見慣れているとは言え、ケブタエッジには少し抵抗が......これは青Q塗りのサランネットで隠せばいいですね。

さて、「たまや2号」から「Kさんの逆ホーンスピーカ」に繋ぎ変えられ、先ほどのサックスの曲(東京銘曲堂(TMD)エンゼルポケットで買って帰りました)を再生!!!!
すごい!「たまや2号」もかなり良い出来だと思っていましたが、ぶっち!です。ものすごい情報量(ウブゲ出まくり)ときわめて広大な音場空間の描写力!そのくせ定位もシャープで、めっちゃ早い低音にも痺れました。
スピーカーにのこぎりを入れると言う暴力行為(^^を乗り越えねばなりませんが、1万円程度で落札したスピーカーなら心配不要、それで超高級スピーカーも真っ青の超GeGeGeスピーカーに変身するとなれば、これは挑戦するっきゃないですね!というか、中途半端(失礼m(__)m)なSP買うより、確実に音楽の桃源郷への近道になると思います!!
Kさんが、即座に手持ちのGe3チューン小型SPの逆ホーン化に走られたのも納得です。(それにしても、Kさん、ものすごい行動力ですね!)
すると、何と、隣には当のKさんが。(^^;(Kさん、ブログいつも楽しみに見てますよー!)
しかも、何と、先日私がHiviに記事が載っているとご紹介したSさんも最前列にいらしてました。
すごい!(^^;豪華ゲスト人です!

「Kさんの逆ホーンスピーカ」の潜在能力を確認して、次は、何といきなり飛び道具「超結界」!
まずはノーマル再生、試聴曲はあえてYUMING、これだけの再現性があればもう充分では?と思っていた「Kさんの逆ホーンスピーカ」が、期待通り結構YUMINGを鳴らしてしまいます。音場、定位はかなり良い線いくのですが、音像が平面的なのです。
そして、ここで「超結界」登場!
気になっていた高音部の痛い感じが、より緻密な情報表現になり、中央空間の密度が上がり、非常に立体的に心地よい音に変身しました。
きささんのお話では、「超結界」は元々車用で、方向性はつけていないとのことでしたが、それではと、超結界の場所と方向性の実験に突入。
今まで両SPの中間においていたものを、ニコニコさんの実験報告でも評価の高い、試聴席(部屋)の中央付近に移動。
おー!音像が前に出てきて、より広がりも感じるようになりました。このときの「超結界」の方向は、普通にGe3マークが読める横向き、続いてこれを縦に。
あれ?音像が少し引っ込み、広がりが減少し、代わりに奥行き感が非常に出るようになりました。
これは、聴くソースによって色々イメージが変えられて面白いかも!

さて、お次は「消しゴム(パワー用)」
私のウブゲセンサーは、石鹸系?消しゴム系を好むので、期待大!
見た目は、前回のテーブルタップをはさむ積み木状から大きく変化し、裏になんかくっついた大きめのケブタ。
きささんいわく、入力側に巻きつけるのだと。まずは分電盤の主電力線の入力部分に巻きつけて、同じくYUMINGを試聴。
おー!やはり気持ち良い変化です。暗騒音のような周辺の空間ノイズ感がグッと減り、中央付近の密度が上がります。

次は、いよいよ私の待ち人「消しゴム(情報用)」。
見た目は、これも前回とは大きく変わっており、今回はちょっと厚めの「防守」です。きささんいわく、シモンより強力な石鹸やその他色々入っていて、Ge3製品として出すからには「テレサキモン」をぶっちするもので出したいとのこと。
まずは、当日のプレーヤーDPATの光ケーブル入力側に1つ立てかけて試聴。
おー!期待通りの濃い音、音の切れ!スピード感!光ケーブルでこんなに変わるかよ?しかも立てかけただけ。簡単すぎる!
そして、いよいよSPに、「Kさんの逆ホーンスピーカ」は、ネットワーク外出しなので、その上に1枚置いて試聴。
っーーーー!!これですよ!これ!圧倒的な押し出し感、熱気、ため、メリハリ!全く別の曲。
最近ご無沙汰のご存知「土と水」3曲目、スリッパ、ブレスはなんのその、鳥がくるっと回って右上はるか高くへ。蝉時雨の降ってくる高さのなんと高いことか!!
でも、私にはそんなことはどうでもよい。サックスが何とリアル(左前2m先に見える)で色っぽく艶かしい音で迫ってくることか!それに加えてベースの弦の震えや痛さと来たら!!ビチッ、バチッと極めてリアルにその音が飛んでくる。そして何より演奏の熱気、録音時の真夏の暑さを上回る熱さが押し寄せてくる!!あー止まっちゃった。もっと聴いていたかったな。(^^;


きささん!早く「消しゴム」を発売してください。m(__)m
私の場合、きっといっぱい、あちこちに使うと思いますので、できるだけリーズナブルなお値段でお願いします!!(^^;

おっと!ここでアンプ到着。
この後も色々、めっちゃ楽しく、濃い内容だったのですが、一気に端折っちゃいますm(__)m
(何せ、4ヶ月待った待ち人来たるですから(^^;)
参加された皆さん、順番違いや説明不足など、一杯あると思いますので、ぜひ訂正、補足をお願いします。

で、私にとっての今回のGe3な夕べで一番の立役者は?  もちろん「Kさんの逆ホーンスピーカ」です!
Ge3グッヅの装着時の変化を、めっちゃ、非常に、全く本当に、克明に再生仕分ける能力は非常に高く、これは音楽そのもののメッセージを伝えると言う面でも非常に能力が高いと思いました。その潜在能力は、まだまだ計り知れないものがあります。ぜひ皆さんもチャレンジされてはどうでしょうか?

私は到着したアンプが落ち着いたらチャレンジします。
後、4月の人事異動にもよりますが............デハ(^^;/~
**************************************************************************

実は、文末にある人事異動に非常に期待(大坂に帰りた~い!)していたのですが、この時期でも内示がないことからも分かるとおり、そんな話はどこ吹く風?で、今に至るわけですが、その時はまだ一縷の望みを持っていたのです。
いつになったら、大坂に帰れるのかな~?

なんて話は、もうどうでも良くて、そんな中、とうとう来たんです!
待ち焦がれたあの人が!

この「Ge3な夕べ」で圧倒的なインパクトを受けた「逆ホーンスピーカー」と「消しゴム」、人事異動の不発、待ち人来るというこれらの条件が重なって、いよいよ、新次元の怒涛のGe3体験の波が押し寄せてきます。

次回、まずは待ち焦がれたあの人の紹介から。

では。(^^)/~

コメント

逆ホーンですね...

私も逆ホーンボックスを作成したのですが、一時良かったのですが、再度別の箱 そして今元に戻り逆ホーンになっています。私の場合、F1マシンのようなストイックな仕上がりとなったため、それなりの使いこなしが必要となりました。でもオリジナルボックスと比較すると非常にいいですね。素直でレンジが広いです。近いうちにアップしますね。

案外適当がいいのかも

ゴウドさん、いつもコメントありがとうございます。
逆ホーンの情報アップ楽しみにしています。

ひょっとすると、強度を上げた正確な音道にされたのが厳しかったのかも?
当方の逆ホーンの音道は発泡スチロールで、かなりデコボコのいい加減な仕上がりです。
以外に、このいい加減さがいいのかな?何て感じています。(^^;

そうかもしれませんね

かなり正確で強度が強いものを作成したので、ストイックになりすぎたのかもしれません。ですからチョットした要素でゴロっと変わりました。本当にユニットは同じでも配置を換えてだけで世界が変わりました。でもいい感じですよ。やっぱり逆ホーンはいいですね~

新エンガワが完成すれば・・

それだけシビアなら、きっと!
確か、自立台は組込済みでしたよね。
7月のエンポケのGe3な夕べレポートで少し触れてますが、きささんが、実験中の新エンガワが相当効くと思います。(残念ながら公開はまだ出来ないそうなんです。が、先走った私の実験では、めっちゃ強烈でした。)

チューンは...

まったくしていません。一からやる楽しみがありますね。でも素材としてやっと納得できるものが出来ました。チューンでどうなるか楽しみです。

それは楽しみですね・・・

アバウトと勢いのσ(^^)には真似できませんが・・・・・・
その先が何となく分かるだけに、めっちゃ楽しみですね!
ゴウドさんのブログでの報告をお待ちしております。\(^^)/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/42-e6470531