FC2ブログ

【391】090627 出水電器試聴会(11)(DEQXの試聴・その1) 

長々と続いたDEQXの設定デモのお話も、いよいよ設定段階を終え・・・

ついに試聴に突入・・・でも、実際には設定の開始からを全てデモして1時間半という時間での設定・・・さて、たったこれだけの時間ではじめての部屋、スピーカーが何処までの音を聞かせてくれるのか・・・

休憩中の話も盛上り・・・鳴りはじめたのは・・・聞き覚えのある声・・・

えらくクリアーで空間感タップリに響き始めた演奏とボーカル・・・

ハローマイフレンド・・・ほう!五輪真弓ですな・・・チョッとベースがだぶつき気味でビビッてるかな?・・・あっ!定位がピッとセンター中心に揃い、低域もぎゅっと締まった・・・

・・・今のが、ルーム補正無し(スピーカー補正のみからルーム補正ありに切り替え)・・・

1がスピーカー補正のみ、2がスピーカー補正+ルーム補正、3がそれ+任意のイコライザー(32KHzと5KHzを6dBほど上げている・・・パイプオルガンとサキコロ用です)

・・・っとここで泡モノ到着・・・あちこちでシュパッと(^^;・・・

と、ドラムのリズム・・・続いてサックスが・・・切り替わると・・・リードのかすれ音が生々しく、サックスがグッと前に出る感じ・・・

っと今度は地鳴りのようなパイプオルガン・・・あれ?音が途切れる・・・

後ろの曲が・・・トラポが不調のようです・・・スイングアーム?(^^;

ま、それを前提に各自持参CDで聞き比べ・・・

最初はジャズ系?ビブラフォンとピアノ・・・全体にメリハリ、張り出し、高解像度でクリアな音をベースに・・・定位と空間のひびき具合、低域の滲みがコロコロ変わっていく・・・

やはり皆さん2のスピーカー補正+ルーム補正が良かったと・・・

お次は、フェイキーのボーカルとギター・・・バイパスと全部入り・・・バイパスが意外に素直で良い感じかなと思ったが・・・曲の様相が全く変わってしまう・・・曲の厚みが増し、ピント、空間がビシッと・・・

次は・・・何かいきなり凄い太鼓とトランペット、ホーンのファンファーレのような大迫力の曲が・・・SPは?アンプは大丈夫か?・・・(^^;

ホーンの空間再現がガラッと変わる・・・が、それより太鼓が凄い!!

参加者から・・・大丈夫かな?・・・と心配の声も・・・

皆の心配をよそに大迫力で朗々と奏でる・・・演奏が終わった瞬間、かけた方が・・・ご苦労様でした・・・と、一同爆笑(^^;

いやあヒヤヒヤしましたね・・・震度3くらいですかね・・・と驚きと興奮の声が・・・っと、かけたご本人が・・・結構落ちるんですけどね、アンプが・・・なるほど!そのチェックだったんですかと参加者が・・・CDはリファランスレコーディングスとのこと・・・

凄かった!・・・アリオンS-200の実力発揮と言うところですね(^^;

次に・・・加藤知子のサマータイム・・・バイパスはよく聞く感じの音・・・1はスッキリするが低位が少し滲む・・・2はピントがピシッと合って空間がグッと広がり見通しが良くなる・・・3は・・・この曲ではあまり変化を感じない・・・2がジックリと聞き入れる良い感じ・・・充分です・・・

次は・・・クラシックのオケ・・・トラポが不調・・・音が飛び飛び・・・

普段デジタルアウトしてないからとのことで、急遽アナログ接続に・・・

おお・・・大丈夫です・・・再開・・・1分くらい?・・・参加者から、位相が逆じゃない?と・・・アナログ接続に変えた時に間違った?・・・Rだけ出してみる・・・合っている・・・モノにしてみると・・・センターに・・・

接続は合っている・・・ソースの定位があばれてる?・・・たまたま別のソースお持ちだったのでCDを変えて同じ曲を・・・大丈夫です・・・

プロファイルの切り替えによる違いは、同じような傾向に感じます・・・それより、オケも雄大に鳴らし切っているのが凄いですね・・・

次は弦楽もの・・・弦の艶っぽさや低弦の胴鳴りも気持ちよく鳴りますね・・・3番のイコライジングがコントラバスに合って、良かったねとの感想も出ました・・・

続いても弦楽もの・・・少し編成が大きい・・・

参加者から・・・やっぱり、ルーム補正までかけた方が自然に聞こえますね・・・私はSP補正だけのは駄目ですね・・・ものによってはバイパスも良いですね・・・やっぱり、SP自体が結構良いんですね・・・と、おのおの意見が・・・

と、次の方のオケものが・・・σ(^^)の位置では分かりませんでしたが・・・やはり楽器の定位が切り替えると動くようですね・・・

で、お次もまたまたオケ・・・曲が終わって、参加者から・・・これは、補正かけたほうがいいですね、立体的になりますね、バイパスの時平面的に聞こえるんですが、この違いはなんですか?・・・

・・・っとここで、制限オーバー・・・

ここから、DEQXの真髄についてのお話なんかが続くんで・・・今日はここまでとしときましょう(^^;

と言う事で、明日はこのお話の続きを・・・でいよいよ最終回(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/418-1b848fa8