FC2ブログ

【4066】191026 オーディオセッション in OSAKA(5)S-3いいね!・・・(^^; 

お!西野さんのところにもアナログアキュライザーが届いたみたいですね・・・って、よほど驚きの効果があったみたいで・・・怒涛の4連載!(@@;


さて、このオーディオセッションで初お披露目だったSoulnoteの新製品CD/SACDプレーヤーのS-3は、既にリアルタイムでは出荷が始まったようですが・・・羨ましい!(汗

一般ピーポーとしては、2ヶ月前のこの時、ごく一握りの、ほぼ初めて聞いた人の一人だったのに・・・干乾びたきりぎりすには、指を咥えて見ているしかなく・・・(大滝汗

せめて、ショウ当日の印象を出来るだけφ(..)メモしておくことくらいしか出来ませんので・・・昨日のつづきへ・・・(汗

元気なロック、ポップス、しっとり系のJazzから、派手目な?クラシックってことで、春祭の4楽章を聞いて・・・なるほど!こりゃ確かに凄いプレーヤーだなと・・・(汗

【席が空いたので】
4066-01席が空いたのでこちらへ

と、ここで前の席が空いたので・・・ここからはこのポジションに移って・・・

つづいてかけられたのは・・・ああ、ポニョの曲・・・リムスキー・コルサコフの歌劇「雪娘」より軽業師の踊り・・・多分リファレンスレコーディングスのSACDのTuttiに入ってる、大植英次指揮ミネソタ響のだと思いますが・・・(^^;

ま、これも元気なクラシックは部類で・・・やっぱり音数多くて鮮度感と解像度が高く・・・それでいてエッジで聞かせると言うより、薄くならずにしっかり実が詰まった感じで・・・(^^;

と、このTypeRの回路は、アンプやイコライザーにも採用されるの?との質問が・・・で、設計者さんからは・・・頭の中では完成しているんですがなかなか出来ない・・・でも、来年は順次3シリーズへと考えているとのことで・・・(汗

と、さらに・・・A-2のステレオ回路を片チャンネルしか使わないのなら片チャンだけでいいのでは?との質問が・・・で、設計者さん曰く・・・今度はモノラルにしようと思うと・・・最初はブリッジ前提だったのでステレオ仕様だったが・・・考え方が変わって来て、超シンプルなモノラルアンプで電源だけ分ける見たいなのをやりたいと・・・

入替えは無理なので・・・是非A-2にTypeR版のバージョンアップをやって欲しい!・・・(^^;

で、おつぎは・・・ミュンヘンのショウで凄くいい音でレコードを鳴らしてたのでと・・・

【ピーターガブリエルのSACD】
4066-02ピーターガブリエルのSACD

ピーターガブリエルのSACDから、ケイトブッシュとデュエットしてるノットギブアップって曲をかけますと・・・

なるほどねえ・・・やっぱり濃さや厚みはCDのいい感じのまま限られた帯域でエッジを立てて雰囲気を出すのじゃなく・・・SACDの器を活かした音数でナチュラルな厚みや濃さを出す感じで・・・Soulnote的な方向で世界一を目指したSACDのサウンドって言うのがよく分かる・・・

で、おつぎは・・・ビルエバンスのAnother TimeのSACDを・・・

【ビルエバンスのAnother Time】
4066-03ビルエバンスのAnother Time

おお、これまたご機嫌に濃いサウンド・・・果たして拙宅で鳴らしたらどう鳴るんだろう?・・・CDだと切れが今一で・・・きっとSACDだと薄く感じてしまうんじゃないかな?・・・(汗

マスタリングに評論家の和田さんが携わられたとのことで・・・このSACDをS-3で聞いて太鼓判を押されたとのことで・・・年末のオーディオ誌のグランプリを楽しみにと・・・(^^;

と、ここで、ブースの外に出られた設計社さんに直接質問を・・・A-2はラックに直接スパイクを挿してるの?ハイ。・・・DACはD-2と同じ?ハイ、でも出力がTypeRの回路なんで音は一段とよくなってます・・・A-2の凄さが再認識できます!と・・・でも128諭吉(大滝汗

【新作ラック】
4066-04新作ラック

これが、新作のラックですね・・・金額等は聞き逃しましたが・・・(汗

と、ここで、CDも凄いんですよ!と・・・このCDを聞いたら決してCDのフォーマットで音が悪いんじゃない事が分かると・・・

【仲野真世ピアノトリオのセンチメンタル・リーズンズ】
4066-05仲野真世ピアノトリオのセンチメンタル・リーズンズ

かけられたのは・・・仲野真世ピアノトリオのセンチメンタル・リーズンズから、かくれんぼを・・・で、ここでまたSACDからCDに切替えるために再起動を・・・音の為!(^^;

おお!・・・なるほど、凄いですね!・・・何気ない実在感がめっちゃ自然な実体感になってて・・・確かに、CDにはこんなに音が入ってたんだ!すげ~~!(@@;

ってわけで・・・まだまだいろいろ聞きたかったのですが・・・皆さんと合流する時間なので・・・後ろ髪を引かれながら・・・Soulnoteを後に・・・

で、つづきは・・・次回へ・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4173-ba5b05a5