FC2ブログ

【4062】191026 オーディオセッション in OSAKA(1)SONY・・・(^^; 

さて、相変わらず2ヶ月遅れのパラレルワールド?・・・台風19号を実家でやり過ごした翌週末は、実家隣の法事でまた実家へ・・・で、例年この時期から監査対応~年末進行へ突入するんですが・・・(汗

そのヘロヘロ第一段階ってのもあって?壊れて肝心の短波が聞けない憧れのBCLラジオをポチッと・・・で、届いたSONYのICF-6800を眺めつつ・・・修理のための情報を集め・・・こりゃあちょっと手に負えないかも?とため息が・・・(滝汗

で、その週末・・・今年から開催会場のホテルが使えなくなり、開催が危ぶまれていたオーディオセッション in OSAKAが・・・大阪ハイエンドオーディオショウの2週前に、ハイエンドショウの開催ホテルで行われることに・・・(^^;

と言うことで・・・なんとか今年もいつもの皆さんが集まることに・・・

で、例年通り?・・・と言うか、昨年まではオーディオセッションとハイエンドオーディオショウが同時開催だったので・・・ハイエンドショウの会場ホテルの近くの喫茶店で皆さんと待ち合わせしてたので・・・同じくこの茶店で待ち合わせ・・・(^^;

既に、オルフェさんがモーニングを食されてて・・・ちょっぴりご無沙汰でしたねと・・・近況をお話ししつつ・・・しばらく盛り上がってると・・・讃岐の国から高速バスでモモンガさんが到着・・・これでさらに一層大盛り上がり・・・(^^;

と、またちょっとして、daisiさんが到着して・・・この間はありがとうございましたとモモンガさんへ・・・っと言うのもdaisiさんは、前の週、モモンガさんのところへ伺われたとのことで・・・σ(^^)私も法事が無ければご一緒したかったんですが・・・(汗

ってわけで、昨年と同じメンバーが集まり・・・いざ、オーディオセッション in OSAKAの会場・・・ハートンホテル心斎橋・別館2階の受付へ・・・

オーディオセッションとしては、初めての場所なので、セッティングのノウハウが無くて各メーカーさん大変でしょうね・・・多分、船場の会場より部屋が狭いし、天井がちょっと低いんじゃないでしょうか?と心配しつつ・・・

パンフとアンケート用紙を貰って・・・どこから回りましょうと・・・例年は、プロジェクター関連の整理券を貰うのに苦労したんですが・・・今年はビクターがDLPのレーザー光源のエントリーモデルを出しただけで、どのメーカーも新製品を出してないので・・・

σ(^^)私的にはビクターのDLPが一番見たかったので・・・受付前のビクターのブースで聞いたら・・・やっぱ本命はDILAの高級機シリーズのファームアップデート版みたいで、DLPは持って来てないとのこと・・・(滝汗

と、モモンガさんが・・・SONYのプロジェクター見たいので4階へと・・・おお!下調べまでして来られたんですね!(@@;

で、4階へ上がって・・・壊れたはずのJEFFのアンプが、ヒューズ交換だけで済んだので、映像系行っちゃいましょうよ!と囃し立てつつ・・・ソニーのブースへ・・・

既にデモが始まってて・・・アラビアのロレンスが写ってた・・・が、4k?・・・映像自体は非常に鮮明で高解像な感じなんですが・・・なんかテレビの画面みたいな色調で・・・

と、例年と同じ担当さんの力強く軽快な解説が・・・SONYは映画の供給もしてるので、肌の色を見てもらえば分かる通り、他のメーカーのように絵作りはせず、オリジナルに忠実な色にしていると・・・

今回はVPL-VW745で投影しているので2000lmありますので・・・古いSDRのコンテンツだと明る過ぎると感じられるかも?・・・その場合は明るさを落としたりしてもらえば見やすいかもしれません・・・ですが、HDRのコンテンツではせっかくのダイナミックレンジを活かせないので高で写して下さいと・・・昔のカンデラって単位が今はニットって単位になってて・・・説明されてましたが・・・今一ピンと来なくて・・・(滝汗

と、ここからSONYの強み?・・・映画会社を持ってて、カメラも編集機材も作ってて・・・業務用モニターも映画館用も家庭用もプロジェクターも作ってて・・・上流から下流まで全ての機材とノウハウを持っていると・・・

で、編集スタジオの写真を投影して・・・有機ELのマスモニで色調整してると・・・で、そのマスモニで絵作りしてて1000ニットが標準に・・・で、同じモニターで比較しつつプロジェクターも作っていいるのはソニーのみ・・・他のメーカーさんは、メーカー色がついている・・・って言う絵作りのポイントが違うってところをPRされてました・・・(^^;

で、そのポイントが分かり易いコンテンツをと・・・映画グレイテストショーマンのスウェーデンのナイチンゲール、ミス・ジェニーレインがネバネバを歌うシーンで・・・首から下の肌の色が歌の経過で変わっていくところを見て下さいと・・・

赤みのあるライトは当たってますが、白人の女性なので最初は白いんですが、歌って来るとだんだん血が上ってきて赤みがかって来ます・・・こう言う微妙な色の変化がちゃんと出ているのはSONYだけだと思いますと・・・

他のメーカーさんは、最初から少し赤みがかっていたり、変化しなかったり、少し緑がかっていたりしています・・・この辺りがマスモニを見ながら絵作りしているSONYの強みと・・・(^^;

なるほど・・・確かに、仰るとおり、肌の色の変化はしっかり分かりますね・・・

こりゃあ、ちょっと自宅でも見てみないと・・・(汗

で、まだ解説が続くんですが・・・本日はここで時間切れ・・・つづきは次回へ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4169-e6cd6d0d