FC2ブログ

【4050】190924-25 届いたレコードを聞く・・・(^^; 

さて、本日のテーマは・・・予告通り?息継ぎネタ・・・(汗

このところの先の試聴会で気になった盤を物色して・・・偶然、お安い盤を見つけて・・・ポチッとしたのが届いたので・・・聞いても見ましょうと・・・(^^;

【届いたレコード】
4050-01届いたレコード

まず、左の上から・・・マイルスデイビスのMiles Davis At Plugged Nickel, Chicago Vol.2

あれ~?・・・この間の試聴会でWalkin'がめっちゃよかったんで・・・思わずポチッたんですが・・・あれ?Vol.2って?・・・なんと!Walkin'はVol.1に入ってるんだって・・・(滝汗

でも、同じライブの録音なので、とっても静かに熱い演奏で・・・まあ、フェーズメーションの超ハイエンド機器と比べると・・・粗くて薄いですが(滝汗

でも、アンプ変えてから、トランジェントは相当改善されたので・・・演奏の雰囲気も何とかそれなりのインパクトを感じれて・・・σ(^^)私的には満足できるサウンドでいいですねえ!

こりゃあどっかで安モンVol.1を見つけてゲットしないと!・・・(^^;

で、おつぎは右上・・・Charlie ParkerのBroadcast Performances Vol. 2・・・

チャーリーパーカーの1948-49年の録音・・・14枚組のVol.2ってことで・・・ラジオ?包装での演奏を録音した盤みたいで・・・もちろんモノラルで・・・古き時代の音ですね・・・でも、演奏は熱く、スタジオライブをラジオで聞いてるみたいな・・・ある種の生々しさを感じるサウンドで・・・(^^;

そうそう、これ、黄色い透明なカラーレコードで、なかなか綺麗で面白いですね!(^^;

で、おつぎは左下・・・The Cannonball Adderley QuintetのIn San Francisco・・・

1960年録音で・・・1982年の再発米盤・・・アダレイ兄弟のご機嫌な演奏が、わりに綺麗に録れてて・・・ま、ちょっと真っ二つなステレオですけど・・・いいです!(^^;

残念なのは、一曲目にキズがあってブツッ、ブツッとなることかな?・・・ま、安物買いゆえ・・・これは我慢するしかないですね・・・(^^;

でもって、上の画像の最後、右下は・・・George Shearing, Brian TorffのBlues Alley Jazzでして・・・いえ、このジャケットに惹かれて・・・(^^;

だって、大好きなEva CassidyのLive At Blues Alleyと構図が一緒・・・って、同じライブハウスの前で撮ってるからなんですが・・・それでついポチッと(^^;

お、やっぱ箱の音があるんでしょうか?・・・何気にエバキャシディのライブに似た鮮度感のあるサウンドで・・・って、1979年の録音なので、アナログ的には今時の録音のころですから、演奏が楽しければ、楽しくないはずがない!・・・(^^;

【Diana KrallのTurn Up The Quiet】
4050-02Diana Krall_Turn Up The Quiet

で、最後は・・・これまた、先日の試聴会の後で思わずポチッた・・・Diana KrallのTurn Up The Quietを・・・(^^;

Made in the EUって書いてある・・・どこで作ったんでしょう?・・・(^^;

これは、もちろん試聴会で聴いたので・・・先日の日記に書いたように裏切られるサウンドでは無いはず・・・と、不安ながら聞いてみると・・・

うん、やっぱこれくらいアナログらしい濃さと滑らかさと厚みのある、何気ない実在感の方向の音だと、デジタル録音?(実際知りませんが)だったとしても、いいかなって思える・・・(^^;

ま、結局・・・アナログかデジタルか?じゃなくて・・・このみのサウンドかどうか?ってことで・・・心地よく楽しく聞けたらそれでいいんじゃないの?ってことで・・・(滝汗

と言うことで、本日のテーマは・・・これにてお終い・・・(^^;

次回は?・・・スミマセンm(_ _)m・・・オーディオとは関係ないφ(..)メモ日記・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4157-b17e96eb