FC2ブログ

【4035】190831 ブルー邸再訪(4)カナダの香り?・・・(^^; 

さて、10年振りのブルー邸・・・心地よい空気の動く雰囲気を感じつつ、ファイル再生からレコード再生・・・持参レコードの再生にお楽しみアイテムの効果まで・・・(^^;

このところちょっぴり遠ざかってたオーディオマニア的お楽しみの面白さを体験させてもらって・・・お茶タイムで、あれやこれやとマニアックな話しから・・・toku1209さんから、実はKGさんと知り合ったのもパラゴンのある喫茶店のオーディオ例会でと・・・(^^;

で、改めてσ(^^)私的には、ブルーさんちの独特の低音の出方が好きですと・・・でもってブルーさんからは、ユニットの構成や構造、ネットワークのクロスの話とか・・・そもそもカナダで製作するときのショップのサポートの話とか・・・(^^;

σ(^^)私的には、戸建てのリビング共用のオーディオスペースが一般的な10畳程度なのに・・・壁で区切らず隣接する部屋もエアボリュームとして活用して・・・さらには丸々吹き抜けの空間で、二階も繋がってて・・・そこへ46cmの密閉・・・床はピアノ床で・・・

難点は、お子さんが受験の間はオーディオもほぼ休眠状態だったことのようですが・・・時期を過ぎれば後はずっと自由空間・・・いいですね!(^^;

と、お茶タイムを終わり、音楽タイム再開となり、何か音源は?ってことで・・・ドタバタの中家を出てくる時に一番上にあったCDをと・・・

【浜田真梨子ライブLa solitude】3833-03
3833-03浜田真梨子ライブLa solitude

お、やっぱり最初の拍手も・・・弾き始めの空間の響も・・・部屋の響とマッチしてとっても心地よく・・・ミニライブ的な感じで・・・っと、ペダルの操作や床の音、左手の低減の音とか・・・やっぱりこの空気の動く感じの何気ない低域の出方は気持ちいいですね!(^^;・・・でも、ちょっと歌詞がいきなり大人の歌詞ですが・・・(滝汗

集合住宅な拙宅では、やっぱり量感や迫力は求め難いので・・・こういう締まってトランジェントの高い何気ない低音が出るようにしたいところですが・・・弄ったユニットでは難しいかなって思いつつ・・・先のtoyocrimさん来訪時の拙宅音会でも思った、スタンダードなケーブルも試してみようかな?と・・・(^^;

ふと感じたのが・・・先にも書きましたが、ブルー邸のサウンドは、カナダの香りがするって感じで・・・SN感が高く透明感のある背景と、澄んだ空気の動きが・・・水と空気の綺麗なところのイメージと重なって・・・あ、カナダの香りだ!と・・・(^^;

ま、カナダに赴任中に製作された自作SPに機器の多くがカナダのブランドだからってバイアスゆえだと思うのですが・・・(汗

【StereoSoundのFlat Transfer Seriesでローズマリークルーニー】
4035-01StereoSoundのFlat Transfer Seriesでローズマリークルーニー

で、おつぎは・・・KGさんのマニア好み?なCD・・・StereoSoundのFlat Transfer Seriesで・・・ローズマリークルーニーを・・・

うん、オーディオ的快感度の高い音作りですね!・・・今時システムやハイエンド系システムでの心地よさが際立つ明瞭度と解像度・・・(^^;

【オラクルをCDトラポに】
4035-02オラクルのCDトラポ

CDもやっぱりカナダの香りがって、オラクルもカナダのメーカーですね!って・・・(汗

で、つづいてもKGさんのCDですが・・・知り合いから譲り受けたオーディオチェックCDですが・・・出自や詳細が分からないので、知っていたら教えてと・・・

おお!かかった曲は、とってもシャープな太鼓やバンブー系のパーカッション中心のフュージョンに近い?演奏でしたが・・・はじめて聞く曲で・・・ま、とにかくブルー邸の低域とは相性ピッタリで、とても気持ちよかった!・・・(^^;

で、おつぎは・・・KGさんのCD-Rで・・・オンキョウが出してたオムニバスのLPを録ったもので・・・そのレコードを探してるけど見つからないのだそうな・・・

曲は、ビッグバンドっぽいバックでDon't Let Me Be Lonely Tonightを、ちょっとハスキーなところもあるコケティッシュな声と歌い方の女性が歌ったもので・・・

で、つづけての曲は・・・ピアノトリオの演奏で・・・メロディは記憶にあるんですが、曲名は全然思い浮かばない???・・・(滝汗

ところで・・・軽々と出るベース音階やドラムの締りから・・・ブライストンのパワーアンプはモノラルですか?と尋ねてみると・・・BRYSTONのSTシリーズの7Bってタイプだったかな?で、パラレル接続で600W?シリーズ接続で800W?とかで・・・元がプロユースもやってるメーカーなので・・・

なるほど!・・・それでこれだけのユニットも軽々と駆動するんですね!・・・ってわけで、ブルー邸のトランジェントのいい締まった低域は、結構アンプの威力もあったってことを認識しまして・・・やっぱりそうなんだと・・・(汗

【アンプとクロック】
4035-03アンプとクロック

と、KGさんが、アップコンバートはされているんですか?と・・・すると、拙宅と同じ(うちは休眠中)のG-25は、ルビジウムの外部クロックを入れてトラポからDACへのS/PDIFのリクロックに使われているとのことで・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん、拙宅も以前、自作のルビジウムクロックを繋いでG-25を使ってたんですが・・・今はインフラノイズに・・・(汗

で、おつぎは・・・ブルーさんのCDで・・・っと、残念ながら本日はここで時間切れ・・・

なので、つづきは次回へ・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4142-23d6698e