FC2ブログ

【4029】190830 ノードストその2の加工と届いたCD・・・(^^; 

さて、極太銅単線から次第に控え目な太さへ・・・っと、以前の眠い音シンドロームの中ではパッとしなかったノードストの廉価な切売り銅単線SPケーブルが、SOULNOTE A-2では、いい感じに硬くハッキリと・・・

まあ、長らく眠い音シンドロームに苛まれた耳には、撚り線の弾力感も魅力ながら、今はまだこの固さの方向が好み・・・(汗

で、SOULNOTEのご本家、開発者さんが・・・超度級の新製品CD/SACDプレーヤー開発のために作ったリファレンスケーブルもこの方向とのこのとで・・・見た目だけもどきなケーブルを自作して喜んでましたが・・・(滝汗

やはり、素線のポテンシャルが違うのか?・・・ノードストの廉価な切売り銅単線がよかったのでは?と気になってて・・・(汗

あ、ちなみに、このノードストの銅単線SPケーブルは、Wyrewizard Spellbinderってタイプだと思われます・・・(^^;

っと、そんな折、見つけちゃった!・・・その上位?となるだろう、銅リボン?までは行かないか・・・銅の平単線?の4本きしめんケーブル・・・恐らく、ノードストのNORDST FLATLINE GOLDだと思われるんですが・・・末端を丸ラグと棒端子で自作されてて・・・(汗

で、今一つな理由が、この端子にあるのでは?と思って・・・

【末端をバナナに変更】
4029-01末端をバナナに変更

末端を一端切断して・・・樹脂シートを1本ずつ剥いて・・・ファンダメンタルのSPケーブルもどき製作にあわせて入手した独Hirschmann社の業務用4mm径バナナプラグに変更・・・

【もう一方も同様に変更】
4029-02もう片方も同様に

ってわけで、ノードストのNORDST FLATLINE GOLDもどき?のオリジナルバナナ端子仕様へと変身させ・・・

【シングルワイヤーで試聴】
4029-03シングルワイヤーで試聴

で、長尺のままシングルワイヤーで試聴してみると・・・元のラグ端子よりは滲みが減り、スッキリした見通しで、音抜けもよくなった印象・・・(^^;

と言うことで・・・これなら実験を進めて見ようかな?と・・・

【バイワイヤー用に切断】
4029-04バイワイヤー用に切断

バイアンプ、バイワイヤーの実験が出来るように、2ペアのSPケーブルとすべく・・・1.3mの4本に切断・・・

【バイアンプ用の2ペアを作成】
4029-05バイアンプ分2ペア作成

で、フラットケーブルゆえ末端の加工がめっちゃ面倒で(滝汗・・・随分時間をかけてバイアンプ用の2ペアを作成完了・・・(^^;

ってわけで、toyocrimさん来訪時の実験からの延長線・・・裸のWyrewizard Spellbinderでのバイアンプ接続から・・・FLATLINE GOLDでのバイアンプ接続にして試聴・・・

【バイアンプ接続で】
4029-06バイアンプで

おっ!?・・・うん?・・・どうだろう?何か思ったほどでは・・・Wyrewizard Spellbinderの銅単線よりは空間が広がり、響きも綺麗になったようには感じるけど・・・(汗

逆に、銅単線のカチッと明確な音触と自然な空間が薄れる感じも・・・(滝汗

と、ここで・・・先輩音友達が紹介されててついポチッたCDが到着・・・

【The Cotton Clubのサウンドトラック】
4029-07The Cotton Clubのサウンドトラック

で、届いたのは・・・映画The Cotton Clubのサウンドトラックで・・・ミキシングスタジオの調整卓が見えるような音源とのことでしたが・・・

おお、なるほど!・・・録音スタジオの空間の雰囲気を伴いつつ・・・楽器空間配置ををミキサーで完全に調整しましたって感じのとても見通しのいい空間展開で・・・(^^;

この自然な展開が、ケーブルによるのか?・・・モノラルバイアンプモードで鳴らしてるからなのか?・・・その効果の基点は不明ながら・・・とってもい感じのCD再生ですね!(^^;

と言うことで・・・ノードストFLATLINE GOLD?はしばらくこのまま聞き込むことに・・・

で、本日はこの辺で・・・次回は?・・・久々の遠征のお話し・・・

ですが・・・更新は三連休明けからと言うことに・・・m(_ _)m

ってわけで、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4136-d41a7882