FC2ブログ

【4023】190823 拙宅音会:toyocrimさん来訪(2)あれから何が変わった?・・・(^^; 

さて、クロックを導入されたtoyocrimさんに、比較試聴用にお送りしてた休眠クロックケーブルを、返却しにお越しいただくついでにお願いした拙宅サウンド診断・・・(^^;

toyocrim邸のメインSPは、拙宅と同じPionner S-1EX・・・クリムゾンフリークのtoyocrimさんは、このSPをまさにσ(^^)私が鳴って欲しいと思う、ガツンとパリッとしたサウンドで鳴らされているので・・・

ユニットを弄って、長年、眠い音しか出ないと悩み続けた拙宅サウンドも、トランジェント重視のアンプに入替え、ようやく永い眠りから目覚めかけたかな?って今・・・

toyocrimさんに、ユニット弄っちゃった拙宅SPが、どれほど病んでいるか?はたまた辛うじてでも聴けるレベルにあるのか?を診断いただきたいと・・・(^^;

で、しばしクロックケーブルの話で・・・デジタルのしかも信号じゃ無しにクロックのケーブルを変えて、音が変わるなんて、めっちゃ困りますよね?って盛り上がって・・・(汗

と、ヒモ仲間でもあるtoyocrimさんが・・・何でこんなにデッキがあるの?何台置いてるの?って聞かれ・・・今、このリビングに2トラ38機が3台、4トラ機が2台、押入れと実家に動作機2台と故障機2台・・・全部で9台・・・ハハハ、アホですねと・・・(滝汗

で、前に来たときとはセットの構成がだいぶ変わってるね?とのことで・・・(^^;

【前回の2ch構成】1730-01
1730-01そんなに

前回、6年ほど前からは・・・LuxmanのプリとパワーがSOULNOTEのA-2プリメインが2台になったのが全てかな?・・・

【今の構成】
4023-01今の構成

で、送り出しは・・・当時はメインがUX-1だったのが・・・今はTEAC VRDS-15とレコードをセレクタで切替えて鳴らすようにしてまして・・・

少し前までは、アンプの上にラックの上段を乗せて、VRDS-15とPHLIPS LHH2000をA-2に繋いで・・・もう1系統を、リスポジ右のラックのUX-1とレコード再生のフォノイコ2系統をセレクタ経由でA-2に繋いでたんですが・・・

SOULNOTE A-2が、バックパネルにケーブルを繋ぐほどに音が鈍るので・・・つい最近、今のよにフロントにはアンプのみ設置して(LHH2000とSTUDERは使う時だけ繋ぎ換える)・・・

入力系は、全部リスポジ右のラックに入れ・・・アナログのフォノイコとUX-1とVRDS-15をセレクタで切替えるように変更してて・・・今はそのセレクタが足元に転がってますが・・・近く同じラック内に入れる予定で・・・

なので、入力系からA-2までを、ファンダメンタルのXLRケーブルを真似て自作した・・・銀メッキジュンフロン線3本の、シールド無しのXLRケーブルで繋いでます・・・

あと、SPケーブルは、この時SOULNOTEさんが試作を紹介されてたリファレンスケーブルを真似て・・・胴単線を発砲ポリエチレンのシースで覆った白色ケーブルを使ってます・・・(^^;

でもって、SOULNOTE A-2は、アンプの構成をスイッチで切替えられて・・・今は、BTLのモノラルプリメインにしてまして・・・だから、左右のアンプのボリュームを1個のリモコンで、それぞれ調整して鳴らすんです・・・リモコンを上手く使えば、1個で両方を同時に変えられるんですが・・・大抵は左右のアンプをそれぞれ調整してます・・・(滝汗

と言うことで・・・前回もお聞きいただいたCDをと・・・

【6年前にも聞いてもらった曲】1273-01
1273-01ニルスロフグレインのアコースティックライブ.jpg

6年前にも聞いてもらった曲で・・・ニルスロフグレインのアコースティックライブから・・・いつもかける5曲目を再生して見ると・・・

即座に、toyocrimさんが・・・あれ?やっぱり変わったじゃないですか!と・・・

はい、やっとアンプのお陰で柔らかい美音系から、少しキレのある音になって来て・・・

うん、前と比べたら、結構変わった・・・と、駄目出しは無いようで・・・(汗

と、このケーブルは?と、自作ファンダメンタルもどきXLRケーブルについて疑問を?・・・シールド無し?と、ちょっと驚かれたような気が・・・

このSOULNOTEのアンプは、無帰還バランス構成で・・・シールドが無くても結構バランス伝送の効果でノイズの影響は出難いみたいで・・・それよりも、芯線をフリーにすることで音楽の勢いを殺さず開放的なサウンドになるんです・・・(^^;

価格帯は、前のLuxmanのプリ・パワーの方が上で、柔らかな美音系でしたが・・・A-2は少しダウングレードにはなりますが、ダイレクト感のあるキレのよい音になりました・・・

と、toyocrimさんが、いやいや断然こっちのアンプの方がよくなりましたよと・・・(^^;

で、眠い音から脱出するためのアンプ交換だったので・・・最初はガッツの出るBTLのプリメインモードだったんですが・・・

toyocrimさんとも先方でお会いしたかめきち邸やゴン蔵邸のウェスタンエレクトリックのコンプレッションドライバーとホーンやその更に励磁ユニットでの鮮烈な音に耳が慣れたからか?・・・このBTLモノ接続で、やっと丸い音からキレのある音になって来まして・・・(汗

と、toyocrimさんからも・・・確かに、そうやねと・・・

ただ、最近は、それがちょっとキツくなって耳が疲れる感じになって来て・・・このアンプA-2の設計者さんが、BTLよりステレオアンプの片CHを2台がいいよとフェイスブックで・・・

なので、今度は・・・ステレオアンプの片CH2台で鳴らして見ると・・・

っと、残念!・・・またまた中途半端に時間切れ・・・なのでつづきは次回へ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4130-369b8b33