FC2ブログ

【3995】190721 daisi邸音会(3)スーパーツイーターの効果?・・・(^^; 

さて、現代録音の音源を、今時のサウンドで聞くために、ATCのSPを加えたサブシステムを導入されたdaisi邸へ、そのサウンドを聞かせてもらいに伺ったわけですが・・・(汗

早々にSPケーブルを変えたり、セッティングをスタンドからアルテックの上に置いたりと変えて聞くプチ実験モードとなり・・・中低域に厚みが出て、その帯域バランスが非常にいい感じ変化することに驚き・・・ついでに今の拙宅メインのSPケーブルとなったノードストの切売り単線ケーブルを剥いてバイワイヤーにした効果を確認させてもらって、期待通りの効果があることが確認出来て大喜び・・・(^^;

と、daisiさんが・・・ATCを鳴らすために、いくつかのアンプを聞いたり、ケーブルを試したり、インシュを敷いて見たりと調整をされたところ・・・その変更に応じて、音がコロコロ変わることに非常に驚くと同時に・・・元のアルテックのシステムでは、その効果があまり感じられないことも実感して・・・ま、今時のシステムは、それはそれで面白いなと・・・(^^;

で、おつぎは・・・お馴染みの曲?10ccのアイムノットインラブを再生された・・・

なるほど・・・やっぱりATCの系統は、高解像度で空間展開もふわっと広がる感じに・・・

と、SPをアルテックに変えられると・・・あ、なるほと、演奏の力感と、音の存在感がグッと上がるものの・・・中高域の元押しや広がりはギュッと凝縮してしまう・・・

で、daisiさんが・・・やはり、アルテックが少し押さえ込まれた感じで・・・上にモノを置いたことで、上方への広がりも阻害されていると・・・(滝汗

なるほど・・・アルテックとATCの間にインシュでも置くと改善されるとは思うけど・・・

どうやらdaisiさん的には、結局、ATCは普段退けといて、聞くたびにアルテックに乗せることになるのかなあってのが面倒みたい・・・(^^;

っと、SPケーブルの実験ついでに・・・daisiさんのリクエストで持参したTakeTのスーパーツイーターをATCに追加して聞いてみませんかと提案を・・・(汗

【ATCの上にSTWをパラに】
3995-01ATCの上にSTWを

で、元のSPケーブルをTakeTのSPケーブルで繋いで、ATCの上に乗せ・・・10CCをもう一度かけてもらうと・・・

お、結構、中高域の伸びと広がりがよくなり・・・高域の粗さが無くなり、ふわっと滑らかに包み込まれる感じに・・・(^^;

と、daisiさんが・・・この手の曲を聞くには、STWを追加すると、なるほど!ってよさを感じるけど・・・ガッツの欲しい曲には逆方向になりますねと・・・(汗

あ、なるほど・・・そう、STWは、その効果によるサウンドの変化は大きくて・・・オーディオ的には非常に刺激が得られるんだけど・・・どこかで、そのわざとらしさに違和感を覚えるようになるかも?・・・で、その影響力を少なくするために、STWの置き場所をSPの後や床や、色々変えて、直接音とのバランスを変える事で調整するといいかも?と・・・(^^;

と、daisiさんが、結構このSTWは、能率が高くない割りに自己主張が強めなんですねと・・・

うん、でも能率差でアルテックにはあまり影響力は出ないかも?・・・(汗

と、daisiさんが・・・こうしてSTWを足すと、そのサウンドが大きく変わるのは分かるけど・・・それをあれこれ調整するとなると・・・オーディオを好きな人がやることですね・・・僕には向かないなと・・・(滝汗

そう、TakeTを持参するようリクエスト貰った時に話した通り・・・最初は面白いんだけど、多分どこかで違和感を感じで、やっぱりない方がいいかな?って感じるかもよ?・・・(^^;

と、daisiさんが・・・なるほど、よくわかりました・・・最初はものめずらしさでいいけど、そのうちなんかの機会に外して・・・やっぱり無い方がいいかってことになるって事ですよね・・・言わんとすることがよく分かります・・・これは、アルテックには要らんかな?・・・元の素材のままのよさを活かそうとのこと・・・(汗

いや、でも一応、聞いてみといた方がいいんじゃない?と・・・(^^;

と、その前に・・・daisiさんは他の曲もと・・・山下達郎のアトムの子供をかけられた・・・

うん、やっぱりこう言う曲には、ATCにSTWを加えた方がいいかな?・・・ま、このSTWは後にも音が出てるので、置き場所を上手く調整すれば、割りにいい感じになるかも?・・・(汗

と、daisiさんが・・・ビートルズのリマスター盤のCDを入手して、オリジナルのCDと聞き比べたら・・・オリジナルの方が自然やけど、新しいSP(ATC)で聞くと、なるほどこう言うことか!って、音源製作時の意図が分かった・・・オーディオが変わるのに合わせて、音源製作サイドもそれに合わせて音が変わって行かないとって考え方で音作りしているとこもあるのか?と言うことに気が付いたと・・・(汗

このATCを入手して、細かな音まで聞こえるようになって、なるほどいいなと思うこともあったけど、同時に粗もよく聞こえるようになって・・・でも、それが分かったことが、導入してよかったと思う・・・そのサウンドが必要と思うかどうかはまた別問題で・・・今のCDはそうなんだと分かった上で、古いオリジナルなCDを聞いていたらいいかな?と思うと・・・(^^;

そう、知った上で聞くのと、知らずに聴くのは絶対違いますから・・・

で、daisiさん的には、今時の音源の音と意図を知ってればいいかなってことで・・・(^^;

ちょうど、少し前にHJさんに来てもらって聞いてもらったとのこで・・・その時の音源をちょっと聞いてみて下さいと・・・

あ、本日はここで時間切れに・・・なのでつづきは次回へ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4102-e6d19d42