FC2ブログ

【036】「結界棒」の使いこなし ~配置~ 

 少々割り込みがありましたが、気にせず、元のお話に戻りましょう。

お調子者のσ(^^)を、もう誰もとめることは出来ません。
引き続き、その後のレポートを紹介しましょう。

**************************************************************************
Re[4]:[続報]結界棒の配置で楽しむ(^^ / 2008/03/15/10:40:55 No.11286 

Mt.T2

結界棒の配置を変えると、いろんな空間が現れ、非常に面白くなってきました。(^^;) 
 
35-1結界棒(5本).jpg

現在の調整用視聴ソースは、THE GREAT JAZZ TRIO の July6th。
ニューヨークのバードランドでのライブSACD(CD/SACD-Stereo/SACD-Multi)ハイブリッド盤。
SACD-Multi層を使って、よりライブの空間感、熱気が感じられるようにならないかを調整してみました。

※「┃」「━」が結界棒で、向きは向かって右がマーク
 (崩れる場合は等幅フォントで見てね)

①[初期の配置]
壁  1.5m  ━ 1.5m  壁
壁┃SP  ラック  SP┃壁
↑   ← 約2.5m →  ↑
約4m  リスニングP  約4m
↓     ▲     ↓
┃SP         SP┃

○結界棒初体験の時の配置です。このときの感想は以下。
もう本当にたまらない!!空気感が全く別物。ステージの実体感がより高まり、演奏の躍動感や熱気が倍増し、ステージだけでなく、リスニングポイントまで包まれる。ライブハウスの食器の音が余りになまめかしく、ハッとして音がする度にその方向を見てしまう。そして、極めつけは拍手。もう本当にライブハウスの客席最前列にいるような錯覚に陥る。

②[ステージ濃密、地下ライブハウスモード]
壁  1.5m  ━ 1.5m  壁
壁 SP┃ ラック ┃SP 壁
↑   ← 約2.5m →  ↑
約4m  リスニングP  約4m
↓     ▲     ↓
┃SP         SP┃

○初期配置に比べて、前方ステージの濃度が一気に濃くなりました。正にステージかぶりつきモードで、音が前に出てくるとともに、以外にも拍手や食器の音が、一層リアルに聞こえ、包囲感も高まりました。

③[ちょっと大きめライブハウス、小ホールモード]
壁  1.5m  ━ 1.5m  壁
壁 SP┃ ラック ┃SP 壁
    ← 約2m →
↑   リスニングP  ↑
約7m    ▲    約7m
↓SP         SP↓

┃キッチン 分電盤 玄関┃
    ←約3.2m→

○これで結界棒のフィールドができているのかどうかわかりませんが、地下ライブハウスモードに比べると、前方のステージのイメージはそのままに、後ろの壁が遠くに後退しました。部屋が広くなった感じで、後方の抜けが良くなりました。結界棒のフィールドが前後で途切れたのかもしれませんね。でも、部屋のSNが良くなっていて、調音されていないライブハウスと小ホールの違いのような変化を感じます。(ひょっとすると分電盤がフールド内に入った効果かもしれません。)

ということで、今は、仕事帰りに癒されながら楽しめる③の小ホールモードがお気に入りです。
土曜の夜や日曜は②のモードでとことんかぶりつきですかね。(^^;)
**************************************************************************

何と、Ge3のBBSでご活躍の皆さん面白がっていただき、次々と追試レポートを上げていただきました。
今までは、皆さんのレポートを見て、何でσ(^^)のところではこんな効果がでないんだろうと思っていたのに、こんな広がりに発展するトリガーになれるとは!(ちょっと感激)

でも、「私も結界棒(5本)を注文しました。」のレポートにはちょっとビックリ。
え~っ!人の背中押して道連れにしちゃった~?!
責任重大!! そんなん、しらんしらん!
私は、σ(^^)の感じたままをレポートているだけですから。


【箸休め】Ge3チューンヘッドホンと結界棒フィールド
**************************************************************************
話変わって、今、ヘッドホンとSPでバトルしています。
現時点では、ヘッドホンの逆転、圧勝です。
SPは、Ge3フルチューンに、チャンデバマルチ、ストヒバーガー、テレサキモンによって完全圧勝していて、更に結界棒で、不動の勝利かと思っていたのですが、先日、5000円ヘッドホーン(ATH-A500)に、Ge3ライトチューンを施したら、いきなり逆転ぶっちしてしまいました。(^^;)
マンションゆえ、階下からのクレームで、深夜は寝るか、ヘッドホンに頼るしかない状況なのですが、結界棒フィールドで聞くと、情報量アップ、繊細感(ウブゲ?)アップ、音場の拡散(頭内定位の緩和)があり、ノーマルでも、フルチューンSPに肉薄してしまいました。
そこで、ヘッドホンに、Ge3ライトチューンしたら、完全に、ぶっちしてしまいました。ちょっとショックです。(^^;)
フルチューンSPをこんなに簡単に抜くなんて。
やったのは、以下のみです。
①ハウジング内側に大黒アゲハ+青Q塗り
②ユニット前面のパンチングメタルに青Q塗り
③ユニットへのコードを5mm*25mmQシートでサンドイッチ
④ユニットのマグネット裏に10mm角のQシート添付

このライトチューンで、結界棒フィールドに入ると、SNがグンと良くなり、情報量が一気にアップして、ウブゲがいっぱいになりました。
当然、ステージイメージや包囲感ではSPに全く勝てませんが、楽器の発音の瞬間のリアル感は強烈です!!(^^;)
************************************************************************
こんなこともやってたんですね。
追加情報として、現在は、SPが更なるチューニングを受けているため、直接の情報量はヘッドホンの勝ちですが、音場、音像を含めると、やはりSPがヘッドホンを追い越しています。


次回は、またまた押し寄せる怒涛のGe3体験の新たな節を迎えるきっかけとなったイベント体験レポートです。

では。(^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/41-3fc729a1