FC2ブログ

【383】090627 出水電器試聴会(3)(DEQX準備作業・その2) 

さて、毎度のごとく、途中分断なので、ここはサクッと・・・

まずは、SPの軸上1mでDEQXを使って測定された結果を基にして・・・
その信号再生を聞いた感じでは、何となく癖の無い方向へ?・・・

っと、その後、2曲ほど栗原さんがボーカル曲をかけられました・・・

ほほー!・・・記憶にある伊豆の試聴室で聞いたときの音とは別物・・・

いや~!あっという間にハイ上がりで、低音スカスカの音がハイスピードでエネルギッシュな音に変身しました!

どっしりして、メリハリも充分・・・良いですね!(^^;

さて、っと、お次は・・・マイクの位置変更です・・・

【部屋の影響を測定】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20090814050501dee.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=800,height=600'))">383-01部屋の影響を測定.jpg

マイクをリスニングポイントに設置して、部屋の影響を測定・・・

でもって・・・何やら、グラフを出して調整・・・

10分も経ったかな?・・・チェック用のCDをかけ始められました・・・

1曲目は、ロバータ・ガンバリーニのイージー・トゥ・ラブ・・・

おお!・・・とってもHiFi風(^^;

いや、メリハリ効いて、明るく押し出しの強い感じ・・・

2曲目は、カーペンターズのロングアゴー

こちらもシャキッと最新録音のような明瞭さ・・・やはり、少し明るめなのが良いですね!

・・・っと、そこへ雑誌の対談をされてた皆さん・・・対談の進行をされてた評論家の田中伊佐志さんも・・・ドドッと合流・・・

そうそう、田中さんは、マルチアンプシステムに特注の新型アリオンを導入されてましたよね!(^^;

3曲目は、サックスの曲・・・4曲目は・・・フュージョン系・・・

やはりいずれも、同じような傾向に感じます・・・非常に素直で、押し出し感も強く・・・単調で暗めになりがちなモニター系とは方向の違う・・・

そうか!・・・モニター系のように情報をくまなく出すようなところもあるけど、基本がPAなんだ!(^^;

そうこうしつつも、栗原さんは、測定結果と補正の具合をチョコチョコ確認を・・・

【測定結果と調整】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/200908140505296a5.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=800,height=600'))">383-02測定結果を元に調整.jpg

なんだか、こんなに手軽にバランスの良い、SPの力がようやく発揮され始めたような音が、簡単に・・・ここまで1時間程度ですよ(^^;

どうやら、この短時間で、栗原さんは・・・?・・・DEQXは、初顔合わせのこのSPが、実力を出せるところまでのレベルに到達しちゃったようです・・・すごい!(^^;

さて・・・ってことで(^^;

デモの準備が整って、いよいよデモがスタート・・・

まずは、栗原さんのお話から・・・DEQXとの馴れ初め?(^^;

20年位前まで、マルチチャンネル駆動のSPが結構流行ってたが、その調整の難しさに、誰もが疲れ果ててた・・・

そんな折、丁度、メーカー製のネットワークが出来上がったSPが、結構まとまった状態の製品を投入し始めた・・・

これが、バランバランな音のマルチより余程まとまった良い音と言う事で・・・皆さんそちらに走った・・・

そんな時代がここまで20年ぐらい続いている・・・完成システムの全盛期

でも、それで何が楽しいのか?・・・アンプ変えたり、ケーブル変えたりして音を楽しむしかなくなった・・・

栗原さん曰く・・・音を決める要素の8割はSP・・・部屋が7割・・・

・・・って、おいおい!100%超えてまっせ(^^;

パワーアンプ変えても、ケーブル変えても5%~10%のレベル・・・

それは、後の楽しみに残しといて、その前に、音の7割、8割を決めてしまうSPと、アコースティックな部屋の問題を解決しないと・・・枝葉末節の部分にばかり走って、何時までたっても音楽を楽しめない・・・

そこで、スタンダードを作ってくれるという意味でも、DEQXは、面白い機器だと思う!

で、今回S200(新アリオン)を開発してもらったが、これからデモする中で、何故これが必要になったかも含めて説明を・・・

・・・あちゃ~(^^;・・・また制限オーバー・・・

ってわけで・・・申しわけありませんm(_ _)m

またまた中断・・・続きは明日・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

DEQX、以前より大変気になっています。これで、プリとチャンデバの役目を一台で済ませ、パワーアンプに繋げることができれば、経路の短縮もできてすばらしいですね。
オルフェウスのDACの性能を生かすのが良いのか、DEQXのDACの能力がどれほどの物か、興味そそられます。

Re: タイトルなし

ニコニコさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね・・・σ(^^)も最初にPCオーディオインターフェースに対応しないか聞いてみたんですが、残念ながら、今のところ予定は無いそうで・・・
こうなると、オルフェウスのデジタル出力をDEQXに入れるしかないわけですが、一方で、オルフェウスの鮮度感が後退するのではないかと思ってしまいます(^^;
この辺を満たす製品があればねえ・・・

DEQXのDACの能力が、10MHZルビを入力できるPCオーディオインターフェイスを上回れば、プリ、DAC、デジタルチャンデバを1台でこなせるDEQXはすばらしいのですが。

ニコニコさんこんばんわ。
基本性能は高いと思いますが、ルビを聞かなければ・・・という範囲は出ないと思います。
マルチ化の手軽さを教授できる点で非常にポイント高いですが、PCへの対応とクロックという点が惜しまれます(^^;

了解しました、実際に聴かれたので、大変助かる貴重なアドバイスです。
2,3日前から、車用が基本ですが、前方SP前、各1個とセンターに1個、超結界を置き、3個と2個の違いに、まいっております。
Mt.T2さんには、濃すぎると言われそうですが、部屋いっぱいにエアが膨らんだ感じでしょうか。とにかく凄い爆効きです。

ニコニコさんこんばんわ。

ハハハ・・・とうとう3個にいかれましたか(^^;
15シリーズといいスペシャル系の連発で溶けてしまいそうですね・・・
今、片付けの最中に、SP用要石15の慣らしをやっとります(^^;
やっぱ凄いですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/409-c5b13ea5