FC2ブログ

【3941】190515-16 届いたCDを聞いてみる?・・・(^^; 

おっと、インフラノイズさんのHP(blog)で「分割振動を音楽的にコントロール、整音してWell Tempered したスピーカー」の続編が始まった?・・・o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワク


SOULNOTE A-2の開発者さんのフェイスブックに・・・「アンプはモノラルプリメインモードのA-2が2台。今回もBTLでもバイアンプでも無く方チャンネルお休み方式。シンプルかつ電源余裕が倍になるこの方式が最強です。」って書かれてて・・・

えっ?やっぱりそうなの?・・・ま、うちは最初、とにかく眠い音シンドームな音を硬い音にしたい!って思いだったんで、最初は力感方向に向けBTLモノ駆動で来たんですが・・・(汗

やっぱ気にはなってたんですよ・・・これまで眠い音シンドロームから抜け出すために・・・何度もLuxmanの8チャンネルパワーアンプで・・・ノーマル2chステレオ駆動・・・ノーマル4chバイアンプ駆動・・・BTL 2chステレオ駆動・・・BTL 4chバイアンプ駆動・・・と、左右セパレート以外は一通りの実験はやって来て・・・(汗

それぞれの駆動の違いは、なんとなく理解してて・・・ま、世間一般的な印象はその通りなんだと納得してたわけです・・・(^^;

それゆえ、多少の粗さより力感なら 4chバイアンプ駆動だけど・・・音のクオリティーの高さはノーマル4chバイアンプ・・・低域駆動より纏まり優先だとノーマル2chって認識に・・・

なので、目指す方向だとSOULNOTE A-2でも、BTLモノプリメインって思ってたし・・・開発者さんがBTLモノプリメインを主に設計されてると思い込んでたもんで・・・(汗

で、我慢出来ずに・・・モノラルプリメインモードの片チャン使いを試してみると・・・

あ、やっぱり・・・そうなんだ(^^;

まあ、詳細は・・・1月余り遅れのパラレルワールドに任せるとして・・・(滝汗

さて、本日のお題は?・・・届いたCD?って・・・そのままハイ終わりやん!(汗

【ギーゼキングのラヴェル:ピアノ曲全集】
3941-01ギーゼキングのラヴェル・ピアノ曲全集

で、届いたのは・・・ギーゼキングのラヴェル:ピアノ曲全集・・・新しい音友達に某所で紹介いただいた音源ですが・・・同じ盤が見つからず安かった中古をポチッと・・・

1954年のモノラル録音で・・・聞かせてもらったところが素晴らしくトランジェントよく響きも上手く出すシステムで・・・ついポチッたんですが・・・あれ?(滝汗

録音の古さやモノラルであることを意識させない、濃く、非常に実体感のあるサウンドだったのに・・・うちでは、古いモノラル録音だなあって・・・(滝汗

盤が違うからってことに・・・(汗

で、おつぎが・・・SNSでお声掛けいただいた方が紹介されてたCD・・・

【ドラムン・チャント: マーティン・グラビンガー】
3941-02ドラムン・チャント: マーティン・グラビンガー

ドラムン・チャント: マーティン・グラビンガーってCDで・・・

先のピアノソロとは、全く真逆の音源?・・・今時の打楽器のアタックでシステムチェックするための音源・・・みたいな・・・(^^;

ハハハ・・・こう言うの好きです・・・特に、今確認したいところをしっかり確認できる(^^;

そう、音のトランジェント・・・空間配置と響き・・・それも太鼓やマリンバの中低域~低域だけでなくコーラスや金属系パーカッションもあって・・・ホンといろんなチェックが出来る音源ですね・・・(^^;

ま、アンプの入替えで、こう言う音源が気持ちよく聞けるようになったと言うのが一番のポイントなんですけど・・・(汗

ってわけで、本日はこの辺で・・・(^^;

次回は?・・・届いたもので・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4047-22b0eb6e