FC2ブログ

【3938】190511 拙宅音会(SOULNOTE A-2 BTL)(終)やっぱテープ!・・・(^^; 

さて、拙宅音会のおさらいもいよいよラスト・・・お馴染みの課題曲10ccの I'm Not in LoveをSACDで聞いて・・・まだ上方への展開が足りないと合格に至らず・・・(^^;

でも、レコードだと元々そんな音調じゃないんですよって感じてもらおうとしたんですが・・・ソリッドに鳴り始めた拙宅システムの音だからか?・・・ケーブルとインシュを解像度系へと調整したからか?・・・国内盤の音がリマスターCDに似た音調に・・・(滝汗

で、ピュアストレートアームによる部分もあるかも?と、SAECのアームで再生してみるも・・・なんと、フォノケーブルかコネクタの接触不良?で、片側から音が出ない・・・(滝汗

ってわけで、元々レコードは、そんな高解像度な方向の音じゃなかったってことを聞いていただくつもりが・・・整備不良はいかんと再生音以前のレベルで合格に至らず・・・(滝汗

これが、せめて本国盤だったら、記憶にあるレコードの音だったんじゃないかな?と思いつつも・・・それなら今度は、この音源だったらどうだ?と・・・とって置きの音源を再生使用と準備してたら・・・ラックの話しで大盛り上がり!しちゃって・・・(滝汗

で、準備も出来たし・・・でも、じつはちょっと実験中の環境なので、グライコを経由しちゃってるんですが・・・(^^;

【テープだったら?】
3938-01テープでは

出自は不明なんですが・・・ヨーロッパから入手された飛びっきりテープの曾孫くらいの世代になるのか?・・・ちょっと出自がハッキリしないので世代も分かりませんが・・・ま、結構鮮度の高い音源かな?と思えるテープで・・・課題曲10ccの I'm Not in Loveを・・・

聞いてもらおうとしたんですが・・・そこはテープ・・・A面2曲目なので・・・最初の1曲目Une Nuit A Parisから聞いていただくことに・・・

っと、やはりかなりの鮮度感で音数もタップリな再生で・・・

で、daisiさんが・・・これはフラットでは面白くないから?と、グライコを通す意味を尋ねられ・・・ちょっとその経過を説明?・・・(汗

ま、先に書いた通り・・・とびっきりのテープに近い世代の音源なのは確かなんですが・・・ヨーロッパからの入手ってことで、元のテープのイコライザがIECで・・・これを近似?だろうとCCIRで再生してNABに直した音源なので・・・元のIECをCCIRで再生した時の音調をイメージしてグライコでその音調のバランスを補えないか?と試してた実権構成なのでと・・・(汗

で、とりあえずグライコの低域と高域をちょっと持ち上げた設定を、パスするようにスイッチで切替えると・・・まだこれでも鮮度感も音数もタップリ?・・・と言うかこのテープの出自に由来するのか分かりませんが・・・タンバリンの音がちょっと高めで強かったり、ドラムが少し弱い感じのバランスで・・・

ま、それに加えて、今回先の実験でSPのスパイクの下にチタンのスパイク受(大)を入れて、かなり高解像度な高域寄りのバランスになったのもあるかも?・・・(汗

デモ、それらによる音調の変化があるとしても、飛びっきりテープに近いテープの威力は明らかで・・・オルフェさんからも・・・やっぱりテープは自然だね、磐石の安定感があるねと・・・と、daisiさんからも・・・SACDとレコードとこのテープの3つの中では、圧倒的にテープですねと・・・(^^;

で、ようやく2曲目のI'm Not in Loveを聞いていただくと・・・

daisiさんから・・・これを聞くとやはりSACDは、かなり今時のサウンドに音を作っているなって気がする・・・今まで音がよくなっると言うふれ込みでリマスター音源が出ると聞いて、なるほどシャキッとしてよくなったと思ってうと同時に、何か違うなと思えて・・・なので、初期の音源を聞き直すと、レンジも狭いし音数も少ないけど、これこれ、この音!と思える音だった・・・それは、最初に見たものを親と思うと同じで最初に聞いた音が耳に馴染んで基準になってるからかと思っていた・・・

でも、このテープの音を聴くと、リマスターもいいなと思ってたのと全く別の方向だけど、こっちの方が断然いいやん!ってなる・・・それは、最初に聞いてたときの音源と同じラインの音だからと・・・

そうですよね・・・やはりデジタルになる段階で、何か変わっちゃうものがあるんでしょうね・・・元のアナログの音を知ってる人はそれを補うような音作りでCDを作ってるけど・・・そもそもアナログを聞いたことが無かったり、そもそも今の音源の製作では、今時のサウンドに作っているから別物に感じちゃうんでしょうね・・・ま、そんな背景を知って聴くのと、知らずに聞いてるのでは、会話の基点が違うので、かみ合わないことが起きても当然・・・(^^;

と、daisiさんが・・・B面2曲目Brand New Dayもいいんですよとリクエストが・・・で、ちょっと先送りして、これも再生・・・の前に、せっかくだから、実験環境を外して再生・・・

おお!やっぱり鮮度も音数も全然違う・・・8K円のイコライザを通すと、如何に音が鈍っちゃうかを痛感するほどの差が・・・(滝汗

う~ん・・・こうして聞くと、こう言う音源を聞くには、SPのスパイク受やケーブルとかを全部ノーマルに戻した方がよさそうな感じですね・・・(^^;

それと・・・イコライザーの加減か?うちのシステムの音調なのか?・・・まだ少し高域寄りの重心なので、もっと低域寄りに重心を下げる必要があるなあ・・・(汗

と、オルフェさんから・・・最後に濃いのを聞かせてとのことで・・・10ccと同じく出自不明の飛びっきり系の孫テープから・・・マイルスのMy Funny Valentineを聞いていただいて・・・

オルフェさんから・・・やはりBTLモノにしたことで、かなり安定感?ポテンシャルがアップして余裕が出て、いろんな違いも敏感に出てくるようになったしよかったねと・・・

ありがとうございますm(_ _)m

と言うことで、お陰様で、たくさんの気付き?課題、宿題が明確になった、非常に有意義な音会になりました・・・ホントにありがとうございましたm(_ _)m

また、色々試して、迷ったら、正しに来て下さいませ・・・(汗

ってわけで・・・長々つづいた音会のおさらいはこれにて終了・・・(^^;

次回は・・・まずは、宿題を片付けようかな?・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4044-c006333f