FC2ブログ

【3934】190511 拙宅音会(SOULNOTE A-2 BTL)(4)ハイパーソニック?・・・(^^; 

さて、雑草伸び盛りな蒸し暑い日々、実家の草刈が肉体に大きな負担・・・ヘロヘロな中、楽しくおさらいを進めます・・・(^^;

ユニットを弄って眠い音症候群に喘ぐ日々から・・・SOULNOTE A-2 BTLモノ駆動にして、ようやくシステムの変更のあれこれが敏感に現れるようになり・・・(嬉

オルフェさんとdaisiさんも迎えての今回の拙宅音会は・・・BTLモノ駆動の効果を感じていただくと共に・・・次第に敏感な反応を聞いていただく流れに・・・(^^;

で、σ(^^)私的には・・・電源ケーブルやラインケーブル、チタンインシュなど、教授系アイテムによる驚異的なサウンドの変化を初めて聞いた、あの時の驚きのインパクトが蘇って来たことが非常に嬉しくて・・・(汗

以前、眠い音シンドロームの時は、教授系アイテムを重ねると・・・フラット傾向な高解像度に音数が増えるけれど、それゆえ真ん中が柔らかく薄く思えてしまった・・・(滝汗

それがようやく、トランジェントが改善されて硬い音も出るようになって、教授系アイテムを重ねた時の高解像度に密度の高い全部出し系サウンドの快感を楽しめるように・・・(^^;

ま、前の週の音会では、早々にファンダメンタルのインコネとSOULNOTE純正の電源ケーブルで、勢いの強弱や彩りと濃淡を感じやすくするクローズアップ系サウンドに・・・

で、その両方の違いを聞いてもらって、ファンダメンタルのインコネと太刀魚電源ケーブルに戻したところで・・・daisiさんは、どっちの味も楽しめてこれくらいがいいと・・・重ねるより1箇所入れてふわっとした感じを出すくらいで・・・それにしても線でこれだけ変わるって凄いなと・・・(^^;

と言うことで・・・じゃあつぎの実験を・・・先の関東遠征でH氏から紹介されたハイパーソニックイフェクト効果ってやつをと・・・

【バリの音楽のSACD】3858-03
3858-03バリの音楽のSACD

さっきの浜田真理のライブを覚えておいてもらって・・・ガムランのSACDを効いて貰う・・・これは20Khz以上の倍音が多い音を聞くと脳が活性化される?って効果だそうで・・・20Khz以上の倍音が多い演奏を聞くと脳にα波がたくさん出るらしいですから、そう言う効果はあるのかも?ってことで・・・(^^;

で、2分ほどガムランを聞いてもらって・・・再び浜田真理のライブを再生・・・

どうです?変わりません?・・・と、daisiさんが、変わりましたね!ずっと上まです~っと伸びてる感じと・・・これは耳?脳?聞き方のせいですか?と・・・

そうσ(^^)私も最初、機器のストレッチ効果もあるかな?とは思ったんですけど・・・このガムランはこのところ何度もかけてるので機器側の影響は薄いかな?と・・・

低域の暗騒音も聞き取り易くなってるし・・・声も滑らかになったでしょ?・・・(^^;

と、話題は鈴にも同じ効果があったとか・・・宗教などで脳をトランス状態に持って行く方法についてとか・・・で、この音を音会のオープニング出かけるといいと・・・(^^;

【Sarah McLachlanのRarities B-Sides & Other Stuff 2】3865-01
3865-01Sarah McLachlanのRarities B-Sides Other Stuff 2

で、おつぎは・・・サラマクラクランのアルバムから、シンディーローパーとデュエットしてるTime After Timeを聞いてもらう・・・

と、オルフェさんから・・・装置が覚醒しましたねと・・・(^^;

ダイニング側の音数が増えたと思うんですが・・・それはリスポジのカーペットを退けたのが大きくて・・・リスポジの滲みは増えるんですが、低域が聞こえ易くなるのと、音会用に、ダイニング側への音の回り込みを増やすために・・・(^^;

で、オルフェさんが・・・アンプを変えていい方向になりましたね・・・前のちょっと眠い感じもする音から、SOULNOTE的なカチッとした音になってよかったですね・・・プリメイン2台だから、プリも変わってるのでなおさらですねと・・・(^^;

まあ、そう言う意味では、SPとアンプの相性と、自分の聞きたいイメージの方向性を、大きく間違ってたってことなんですけどね(滝汗・・・今思うに、パイオニアのSUSANOがデジタルアンプでMCACCで補正もかけて鳴らしてたのでよかったけど・・・そこへパワー、プリと方向性の違う機材をつぎつぎ入れて・・・挙句にSPユニットを弄ったのがとどめだったと・・・(超滝汗

と、話題は・・・先の逸品館のB&WのSP試聴会での話・・・マランツの澤田氏の話・・・オルフェ邸のB&Wの話と・・・ダイヤモンドとD3の違い・・・と、今度daisiさんの手持ちアンプをオルフェ邸へ持ち込んで、バイアンプを聞いてみましょうって話に・・・(^^;

で、もちょっと実験方向へと・・・サラマクラクランとシンディローパーのデュエットのCDを、今度はUX-1で聞いてもらう・・・

と、daisiさんから・・・やっぱりエソ色が強いですねと・・・

そうですね、カチッと高解像度に全体をクリアに聞かそうって感じですね・・・(^^;

で、daisiさんから・・・VRDS-25は15とは何が違うの?と・・・オルフェさんが昔使われてたVRDS-50の話題へ・・・で、この時分かる範囲でしゃべってたんですが・・・VRDS-15も25も50もTEACブランドのCDPで・・・同時期ESOTERICブランドへの移行もあったみたいで・・・(滝汗

どうやらVRDS-15と50は、TEACブランドで出てて・・・DACチップが新潟精密 FN1242Aで・・・15がフローティング、50はリジッド・・・で、VRDS-50がESOTERICのX-30になった?・・・で、TEACのVRDS-25は、リジッドで、DACチップはアナログデバイセズ AD1862で、ESOTERICのX-25になったみたい・・・(滝汗

あ、また寄り道多くて時間切れ・・・スミマセンm(_ _)m・・・つづきは次回へ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4040-abf80b88