FC2ブログ

【378】090627 ViV Lab再訪(1)(新型カミソリユニットは?) 

げげげな夕べの翌日・・・新製品が良い具合に出来上がったとのお誘いを頂いてたんですが、なかなか行けずじまいで・・・

丁度、ヒジヤンにもお誘いがあって、午後の予定を同行することにしてたもんで・・・

じゃあ、今回も朝早めから行こうかって事になって・・・

そうなんですよね(^^;・・・前回・・・

 >> 【226】090301 ViV Lab訪問(巨大醤油指しを訪ねて)

このときも、前日懇親会で・・・遅刻を(^^;

今回は大丈夫・・・気合が違います・・・なんてね(^^;

かろうじて、セーフだっただけですが・・・

さて、今回、あきやんさんが聞きに来てと誘ってくれたのは・・・

1つは、前回・・・その前、A&Vフェスタで・・・

エッジ・ダンパーレスユニットの強烈に素晴らしいトランジェントの高さに度肝を抜かれ・・・

同時に、どうしても遅れて感じる低域の傾向に違和感が・・・

余りにユニットの素晴らしい性能ゆえ、ついつい要求が高くなって・・・

この中高域に合った低域が出れば・・・(^^;

どうやら、あきやんさんは、その難題へのチャレンジを果たしたってことでしょうかね?・・・(^^;

と言うことですが、お誘いの言葉通り、まずは新製品の方から、聞かせていただきました・・・

【新製品のμ】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/200908090150507c9.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=800,height=600'))">378-01新製品のμ.jpg

ちょっと、画像をサボりすぎました・・・アップを取ってなかった(^^;

もう、今となっては、ご存知の方も多いと思いますが・・・

テーブルの両端に乗っている円錐上のかわいい奴が、今日のターゲット!

大生・・・大ジョッキの生ビールより、チョッと大きいかな?ってくらいの大きさ・・・

ユニットは、おなじみのエッジレス、ダンパーレスのユニット・・・

evanui signature が、8センチの振動板なのに対して・・・

5センチの振動板が、上を向けて装着されてます・・・

 >> evanui μ(エヴァヌイ ミュー)

これが、今日の主役です!

と言う事で、早速聞かせていただきました・・・

最初の曲・・・ギターが鳴りはじめた途端!!

「おっ!!」・・・思わず声が出てしまいました(^^;

出音全体は、雰囲気一杯の無指向性の系統・・・

その中でも、情報量が多く濃い表現が可能なシステムだけが出してくれる「ムワッ!」っとした雰囲気を表現し、ある種、癒し系のような空間表現を土台としているんですが・・・

このユニットの極めつけのような特徴!・・・究極のトランジェット!!

ギターの弦の表現が、何ともリアルっぽい!・・・思わずゾクッ!と・・・

余りの微細な表現が、力強く(変な表現ですけどね(^^;)鳴りはじめたんで、思わず声が出てしまったと・・・(^^;

これは凄いです!

この手のサイズ、出で立ちのSPには、普通は期待しない実体感!・・・

まるで、ホログラムのように、SP間に音で情景を浮かび上がらせる!

見ていて面白いのが、振動板が結構上下するんです・・・凄いストローク?

このお陰なのか?・・・低音感も充分!

イーグルスのホテルカルフォルニアが、充分楽しめます!

クリアーさは、もう他に比べる物がない!

エッジレス、ダンパーレス、フルレンジの良さって凄いなっ!

・・・って、改めて感じました(^^;

でも、このユニットのすごさは、実際に聞かないと・・・

きっと伝わらない気がします(^^;

・・・おりょ!・・・たらっと書いてたら、制限オーバー・・・

ってことで、今日は、軽めにここまで・・・(^^;

明日は・・・このユニットのお兄さん・・・シグネチャーのお話

と言うことで・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/404-3eb13203