FC2ブログ

【3933】190511 拙宅音会(SOULNOTE A-2 BTL)(3)差が分かり易く・・・(^^; 


さて、SOULNOTE A-2 BTLモノ駆動にしての拙宅音会・・・拙宅電源回路由来のノイズの可能性が発覚し・・・この時点での疑いは晴れたものの・・・照明のスイッチからのポップノイズに対して何か対策が必要か?との思いに達し・・・これは後日対策するも・・・勘違い?(滝汗

音会のつづきでは・・・オルフェさんkら導入直後の感想を求められ・・・セパレーションはよくなったけど、定位と空間展開に違和感を覚え・・・定位の違和感は調整可能になったものの・・・空間展開に未だ位相を弄ったような違和感が残っていると・・・(滝汗

これが単に調整不足によるものか?・・・アンプの左右差?・・・あるいはセパレーションの向上から来る弄ったSPユニットの固体差が顕著に分かるようになって来たのか?・・・(汗

と、ここで・・・ラインケーブルをSilver Runningの廉価試作品から・・・ファンダメタルのバランスケーブルに変えて・・・再び浜田真理を・・・

うん、やっぱりちょっと空間がセンターに凝縮した感じも・・・でも、そのお陰で?空間展開の違和感はかなり無くなったかな?・・・でも、全く無いとまでは行かない・・・(汗

と、daisiさんからも・・・さっきまでより広がりが少ないですねと・・・

で、オルフェさんから・・・脱教授サウンドなの?と・・・いえ、やっぱり非常に魅力はあるけど、他の方向性も聞きたいだけで・・・眠い音症候群の時は、こんなに差がなかったのが、とても分かりやっくなったってんで、ちょっと聞いていただこうと・・・(^^;

と、ボーカルのパートが始まって・・・daisiさんから・・・広がりはキュッと縮んだけど、ボーカルはちょっと大きくなったかも?Silver Runningの方が口ははっきりしてたと・・・

そうなんです・・・ここがSilver Runningのアイテムの特徴で・・・滲みが減って音数、解像度が上がって広がりが出る感じで・・・

で、daisiさんから・・・好みみとしてはさっきのと今のの間くらいの感じなんですがと・・・

と、オルフェさんからは・・・後の方が声の感じが歌詞に合ってて色気があると・・・(^^;

で、つぎはそっちの方向じゃないんですが・・・さらにちょっとの方向へと・・・前の週のアナログマジックのデモ音会で好評だった?・・・電源ケーブルの変更・・・太刀魚君からSOULNOTE純正電源ケーブルに変えて・・・再び浜田真理を再生・・・

と、冒頭の拍手で・・・daisiさんが・・・いいのか悪いのかは分からんけど、重心が下がった気がする・・・後、天井も低くなったと・・・

そうですね、、中低域が厚くなり重心が下がったように感じるんですが・・・最低域はSilver Runningと太刀魚君の方が出てて、高域も伸びや抜けがあって・・・純正電ケーとファンダメンタルだと中域~中低域が少ししっかり出る感じで・・・教授系アイテムの方がピアノのペダル操作で床が鳴る音が低い方まで聞こえます・・・(^^;

と、daisiさんから・・・やっぱりまだちょっと左に寄ってるかも?と・・・(汗

で、今度は左をホンの少し外振りにして、右をまたホンの少し内振りにして・・・これでどうかな?と・・・ま、少し改善?・・・にしても、シビアになったなって気が・・・(滝汗

まあ、ようやくこう言うちょっとした違いが聞き取り易くなった・・・ってか、敏感になったのをよしとするかどうかは別にして、システムが差をよく出すようになってきた・・・(喜

で、ここでdaisiさんのご希望の通り・・・ラインケーブルをファンダメンタルからはSilver Runningに戻して聞いてみると・・・

と、daisiさんが・・・なるほど、この方向になるのは教授系のケーブルの影響力なんや・・・

で、オルフェさんからは・・・ボリューム上げた?音が大きくなった気がすると・・・

そうですね、やっぱり滲みが減って音数と解像度が上がって、音はハッキリするんですけど、大人しくなって広がる・・・音の純度が上がってリニアに出る感じ?・・・

daisiさん的には・・・これぐらいが中庸でいい感じ・・・教授系アイテムが重なるとちょっと行き過ぎな感じがすると・・・(^^;

実は、σ(^^)私的には、眠い音症候群から脱却して・・・今は逆に教授系アイテムを重ねた音が快感で好みなんです・・・眠い音症候群の時は、教授系を重ねると高解像度でちょっと薄く感じたんですが・・・硬い音もちょっぴり出るようになって快感が得られるように・・・(^^;

ただ、先のアナログマジックのデモ音会の時は、クラシックやJazzのアコースティック中心だったので、教授系アイテムは受け入れられませんでしたが・・・J^Popとか今どき系のサウンドを聞くには、教授系アイテムを重ねた方が好きですね・・・(滝汗

と、daisiさんが・・・ファンダメンタルのラインケーブルとSOULNOTEの標準電源ケーブルだと、一般的には音楽的と言われる方向で・・・教授アイテムを重ねると、オーディオ的な方向へ行き過ぎる感じがして・・・個人的には、このくらいがちょうどいい感じですと・・・(^^;

じゃあ、もう一度、電ケーを太刀魚君にして聞いてみると・・・

オルフェさんから・・・横から歩いてきてピアノの椅子に座るところも見えるような音になるねと・・・一方、daisiさんからは・・・教授系が重なるとちょっと行き過ぎに感じると・・・

そうですね・・・ハイエンド系システムで音数密度が増さないと、よりフラットにレンジも伸びて、一方でそれゆえ中央の実体感がちょっと薄まる感じもしますよね・・・逆にファンダメンタルとSOULNOTEと純正電ケーでは中央の実体感が増す感じで・・・

で、daisiさんから・・・重ねると過ぎた感じですけど、どこか一箇所に教授ケーブルをいれるとふわっとしていいですねと・・・(^^;

今回、実家に持って行っちゃってますけど・・・ここにインフラノイズのXLRを入れるとボーカルとかまたグッと説得力のある感じになるんですよね・・・(^^;

っと、ちょっとゆっくり過ぎて?また時間切れ・・・なので、つづきは次回へ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4039-4d1c8cea