FC2ブログ

【3926】190502-04 実家で一息?基本のバランス・・・(^^; 

さて、1ヵ月半ちょっと遅れのパラレルワールドも、ようやく新年号・・・令和元年へ突入(^^;

平成最後にアンプの入替えで、眠い音シンドロームからようやく辛うじて脱したかな?って状態で拙宅音会を済ませ・・・令和元年の初っ端は春祭のテープ聞きで迎えたわけで・・・(^^;

新生?拙宅サウンドの現時点での課題があれこれ明確になって来たかな?って感じで・・・

一つは、オーディオ的快感の魅力と未練を感じつつ・・・誇張のない自然なサウンドのためには、更なるトランジェントの向上・・・ってか、新アンプのポテンシャルを充分に引き出すためのノウハウの習得とその方向のサウンド進化を目指さないとと・・・(^^;

同時に、音楽の力と空間をしっかり感じられるように、音とエネルギーのバランスの取れた再生を実現しないと・・・って、直近は濁さず濃くする中低域の厚みと・・・緩過ぎず膨らまず弾力感もある量と質のバランスが取れた低域の実現を目指さないと・・・(汗

毎度ながら・・・だから、そんなのどうやって出すねん!・・・ってセルフで突っ込みつつも・・・そのヒントはないか?と・・・

令和元年のゴールエンウィーク後半は、実家で久々にレコードを再生・・・(^^;

【実家で一息?】
3926-01実家で一息?

自宅の眠い音シンドロームからの脱出?の影響もあり・・・ようやくフュージョン系の音源が、何とか辛うじて気持ちよく聞ける様になって来たかな?・・・(汗

そんな経緯もあって・・・って、実はそんなゆっくりするために実家へ戻ってるわけじゃなくて・・・無駄な余地が多い田舎ゆえ、この時期辺りから頻繁に雑草対策が必要で・・・(滝汗

実家へ戻った初日は・・・家前の書庫周辺の空き地と・・・家裏の納屋と畑周辺に除草剤を撒いて・・・翌日はちょっと離れた畑の草刈と・・・水路の底をさらえて・・・ヘロヘロに(滝汗

で、さらには納屋の古タイヤとか大物ゴミを乗せて処分へと・・・(汗

ってわけで、完全にヘロヘロ状態で・・・実家の2階の筒抜け部屋で一息・・・と言うのが実際のところなんですが・・・(汗

まとにかく、持ち帰ったマンハッタンジャズクインテッドのレコードを・・・

【マンハッタンジャズクインテッドのレコード4枚】3883-03
3883-03マンハッタンジャズクインテッドのレコード4枚

で、まずは枯葉から聞いて・・・おお、やっぱりこっちのバランスがいいやん!(^^;

機材は・・・カートリッジはDL-103で、プレーヤーはDENONのDP-3000を乗せたDK-100にアームはFR-54で・・・フォノイコはヤフオクで見つけた基板に自作で電源作ったもの・・・

アンプは、CECのAMP-5300で・・・SPはKEF C-95だったかな?・・・ミドルサイズのトールボーイ?みたいな箱で・・・中は同軸+サブウーファーみたいな構成・・・(^^;

もともと音調は、中域~中低域濃い目でエネルギーも同様のバランスで・・・大阪のシステムとは質のレベルではちょい負けながら、バランスは断然こっちの実家システムが上!・・・(^^;

ちなみに、ケーブル類は、電源、インコネともにインフラノイズのリベラメンテシリーズ・・・なので、音楽の再現の質も実家のシステムの方がいい感じかな?・・・(滝汗

で、つづいては、グループ名同名タイトルの盤で・・・サマータイムから・・・

うん、ベースの弦を弾く音とか、ブラシのエッジはちょっと丸く寂しい?・・・ここはトランジェント重視の大阪のシステムの方がいいかも?・・・(^^;

と、思ってたら・・・演奏が進むに従って、見る見る音の輪郭が自然なままはっきりくっきりしてきて(滝汗・・・機材が暖まって来たからみたい・・・(汗

ベースの弾力感・・・キックドラムのドスッて感じ・・・シンバルをブラシで叩いた音の質感もご機嫌で・・・トランペットの鮮烈な張り出しもよくて・・・ピアノだけ、ちょっと電子ッぽく感じるところも・・・この辺はフォノイコの艶的な音?・・・(^^;

ま、細かく言えば引っ掛かるところが無くはないけど・・・演奏自体は、グッと入り込めて思わず体が動くご機嫌なノリがあって・・・

欲を言うと、ほんのちょっとベースがボワつくと言うか、ちょっとだけ締まる方向がいいかも?って感じた・・・(汗

でも、2曲目に入ると、そんなことは忘れて・・・いつの間にかA面を聞き終わってた・・・

なるほどねえ・・・やっぱりトランジェンとの良さに、厚みと濃さがあれば、細かなところはそんなに気にならなくなって・・・いつしか曲を楽しんじゃってる!・・・(^^;

大阪の自宅でも、やっぱこれぐらいの雰囲気が出ればなあと・・・

本日の息抜きネタはお終い・・・次回は?・・・完全に息継ぎネタに・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4032-e94000bd