FC2ブログ

【3901】190421 プレーヤー(PL-31E改)の追加改造(その4)暫定完成?・・・(^^; 

さて、実際の新プレーヤーの改造工作は、昨日の日記の続きも、ずっと一気にやってしまったのですが・・・なんで?

いや、あの・・・ちょっと寝坊したため、途中で終わっちゃいました・・・(大滝汗

ってわけで・・・さっそくつづきの工作へ・・・(^^;

前回は、本体プレートに高さ調整機構を装備させるところまででしたが・・・

本日は、本体プレートと、WFR(ウェルフロートリング)内蔵?ボードの設置方法を・・・(^^;

まずは、本体プレートの組み立てを・・・

【ボードを木ネジで固定】
3901-01ボードを木ネジで固定

で、いずれは接着する予定ですが、当面はアンダーボード、ベースボード、トップボードを重ねて、木ネジで固定することに・・・

【高さ調整スクリューにナットのつまみ】
3901-02高さ調整スクリューにナットのつまみを

高さ調整用のスクリューに長尺ナット取り付け、センターに六角穴ボルトを入れて固定・・・

【ターンテーブルと端子板を固定】
3901-03ターンテーブルと端子を固定

PL-31Eのターンテーブルトップボードを取り付け、固定して・・・スピード調整ボリューム&電源ジャック端子板と・・・トーンアームの出力端子板を固定・・・

【追加アームを取り付け】
3901-04トーンアームの取り付け

今回追加したトーンアームを取り付ける・・・

【WFRボードトップの上に】
3901-05WFRボードのトップに重ねる

WFRボードの上に製作したプレーヤー本体を乗せる・・・

【スパイク受けで高さ調整スクリューを受ける】
3901-06スパイク受けで支える

で、ルーターでスパイク受けの位置に固定溝を削って、高さ調整スクリューをスパイク受けで受けるように・・・

【本体の3方にカバーを取付】
3901-07本体の3方向にカバーを取付

本体の3方向にWFRボードも覆うカバーを取付・・・(後に一部改修)

【ボードの水平、アーム調整して動作確認】
3901-08本体の水平とアームを調整して動作確認

WFRボードを設置して・・・新プレーヤー本体を乗せて・・・本体の水平を、高さ調整スクリューで調整して・・・トーンアームの高さや針圧を調整して・・・ターンテーブルの回転速度を調整して・・・動作確認を・・・

うん!・・・少々手抜きが多くなったけど、何とか形と機能の実装は間に合った・・・(^^;

と言うことで、ミッション前に新プレーヤーの暫定完成?と思ったら・・・(滝汗

次回は・・・ちょっとやっちゃったも含めて・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4007-3cad165e