FC2ブログ

【3897】190413-14 プレーヤー(PL-31E改)の追加改造(その2)・・・(^^; 

さて、酒仙坊さんからのミッション・・・アナログ・セッティングツール・ソフト「analogmagik」を試して、拙宅システムで成果をデモせよと・・・(超滝汗

で、調べてみて困った?・・・うちのプレーヤー(PL-31E改)は、ピュアストレートアームゆえ、一般的な測定・調整には適さないかも?と・・・(汗

ってわけで・・・だったら、適応するかどうかも比較できるようにと、2本のアームを追加した新プレーヤーへと変身させるべし!と・・・(^^;

で、先日何とかシナベニアに穴あけして・・・PL-31E改に新たなキャビネットボードを取り付けて、新プレーヤーの実験機体?を作ってみたんですが・・・

追加したSAECのアームWE-308に差し込んだ自作フォノケーブルが・・・そもそものアームと土台との距離が短く、かなり無理に折り曲げないとって状態で・・・(滝汗

う~ん・・・これじゃあ酒仙坊さんからお借りして、専用コネクタから一般的なフォノソケット(DIN)に改造したSME-3009S2は、なおさら装着できない・・・(汗

【2974】160814 SMEのコネクタを5PINのDINプラグ使用可能に改修・・・(^^; [2016/09/28]

【SME-3009S2を5PINのDINに】2974-09
2974-09作った台座に換装

さらには、PL-31E改のトッププレートとベースのシナベニアとの高低差があり過ぎて、アームベースとアーム間の高さ調整範囲を超えてしまうって問題も・・・(汗

と言うことで・・・先のシナベニアのベースの上にもう1枚シナベニアを重ねるのと・・・下側にも一枚重ねて・・・さらに、このベースが乗るウェルフロートリング内蔵のボード?を作成することに・・・(^^;

で、さっそく・・・ベースの上に被せるトップボードの切出しを・・・

【追加トップボードの切出し】
3897-01追加トップボードの切出し

15mm厚シナベニアをリビングでギコギコやるって神経が・・・ほんとアホ!です・・・(^^;

で、どうせアホなら、行き着くとこまで?・・・ってわけではないのですが・・・あまりに効率が悪く、体力的にもしんどいので・・・

【アンダーボード製作にジグソーを】
3897-02アンダーボード製作にジグソーを

遂には、アンダーボード製作に、リビング内でジグソーを使うと言う暴挙に!・・・うるせ~!木屑の埃がひで~~!・・・ビックリ!(@@;

いや、ほんと・・・集合住宅の室内で、電動工具は使うもんじゃないですね・・・(滝汗

【ベースとアンダーボードの調整】
3897-03ベースとアンダーボードの調整

と言うことで・・・慣れない電動工具で手を抜き、雑な工作になったので・・・ベースとアンダーボードと・・・装着するPL-31E改のトッププレートを現物合わせで調整・・・(滝汗

で、ここで本体は一旦置いといて・・・ウェルフロートリング(WFR)を内蔵するボードの切出し作業を・・・

【WFR内蔵用のボードを切出し】
3897-04ウェルフロートリング内蔵ボード切出し

って、実はこの板・・・ホームセンターで切出してもらった板にドリルに装着した自在錐で穴を開けただけだったりして・・・(滝汗

【WFR分解と装着】
3897-05WFR分解と装着

で、WFRのユニットを分解して・・・出来上がったボードに装着を・・・

【WFR内蔵ボードの完成?】
3897-06WFR内蔵ボード

と言うことで、WFR内蔵のボードの完成・・・ってウェルフロートボードじゃないの?(滝汗

で、完成したWFR内蔵ボードの上に・・・スペーサーを仮置きして・・・

ベースボードにPL-31E改のトッププレートを装着し・・・追加トップボードを乗せて・・・アンダーボードを装着して・・・これに追加アーム(SAEC WE-308とSME-3009S2)を装着した新プレーヤー本体を乗せて・・・

【仮組みプレーヤーの試聴】
3897-07仮組みプレーヤーの試聴

まあ、単に積み重ねただけ?の状態の仮組みですが・・・新プレーヤー?の試聴を・・・(^^;

うん、まあこんなもんかな?・・・って、そうじゃなくて・・・

実際には、追加したアンダーボードより、まだPL-31E改のスピンドルシャフトとか、アームリフター機構とか回転数切替えスイッチとかの突起部分が突き出てるし・・・(滝汗

そもそも、WFR内蔵ボード上で、新プレーヤー本体?ターンテーブルの水平を調整する機構をどうするか?って課題が残ってるし・・・(汗

ま、ちょっとどんな仕組みで組み込むか?を思案することにして・・・本日はお終い(^^;

で、次回は・・・恒例の息継ぎインターバールネタを・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

御無沙汰しとります、おいけです。

私もWF使っておりますが、コレ、機構としては優秀だと思う反面何故にボードなの?と。
一層の事機器に組み込んでしまえば良いのに!と考えておりましたが先越されちゃいましたね(°▽°)

さて、当方もフローティングプレーヤーですので水平取りの面倒さとの闘いです。
あの手のプレーヤーは針を替えたりして楽しむ方には神経を擦り減らす基となるだけなのかも知れませんね。

おいけさん、いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
水平取りの機構については、本日アップの(その4)にて暫定完成となっております(^^;
結果的には、WFリング内蔵のボードになりました・・・(汗
ただ、このままではWFボード無しのリジッド設置との比較が出来ないので・・・ミッション終了後に検討予定です(^^;
追加アームは、フォノケーブルの扱いがネックになるので・・・(滝汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4003-16089a2e