FC2ブログ

【3881】190314 久々のテープ聴き・・・(^^; 

さて、タイムスタンプがちょっと前後しますが・・・一連のクルマのVCDSネタのひと括りをつづけてやっちゃたので・・・今回はオーディオネタを・・・(滝汗

とは言え・・・この間に伺ったオーディオお出かけの話しが都合により保留になっているので・・・本来は、その連載後の力一杯の息継ぎネタが本日のお話し・・・(汗

で、本日のお題は・・・久々にテープ聴きましたって話・・・以上、終わり・・・m(_ _)m

と言うわけには行かないので・・・

【久々のテープ聴き】
3881-01久々のテープ聴き

この日は、久し振りにSTUDER A807で、2TR38cmのテープを借りてきて聴きました・・・(^^;

音源は海外からの、IECのイコライザー方式で録音されたテープで・・・

一応STUDER A807は、NABとCCIRのイコライザー方式にスイッチの切替えで対応していますが・・・どうもCCIRとIECってのは同じではない?らしく・・・(滝汗

ざっくり、アメリカ録音ならNAB・・・ヨーロッパ録音はCCIRって感じらしいのですが・・・IECはこの中間の特性との話もあり・・・現在はIEC2がNABで、IEC1が新CCIRということ・・・

え?なんかわけわかめな話になって来た?・・・(滝汗

残念ながら、お借りしてきたテープのIECが、どの規格を現すのかを聞いて無くて・・・単にヨーロッパのIECと言うことだけで・・・うちのSTUDER A807のCCIRが新CCIRなのかどうか?も分からず・・・(大滝汗

録音されてる音源自体は・・・出自は全く不明ですが・・・ウィントン・マルサリスのザ・マジックアワーと、10ccのザ・オリジナル・サウンドトラックで・・・

録音されていると言うIEC規格と・・・うちのSTUDERのCCIRが同じ規格?と勝手に思い込んで借りてきちゃったんで・・・ま、とにかくCCIRで聞いてみようと・・・

で、とにかく聞いてみた感じでは・・・分からん!(滝汗

一応、曲を楽しむって感覚からすると・・・どちらもさすがに名盤!非常にいい感じ!で楽しめるのですが・・・高域は少し落ち込み気味?・・・低域もちょっと寂しい?・・・ってな感じが拭えなくて・・・(汗

と言うのも・・・元々うちのシステムは・・・高域が優しい・・・低域は意図して調整したわけではないのですが、集合住宅ゆえにあまり出ないし・・・(滝汗

ってわけで・・・IECと思われるテープをCCIRで聞いた感じとして、大きくは間違ってないような雰囲気では聞こえる・・・って言いうか、音源自体は元々鮮度の高そうな感じもあってすばらしいと思えるんですが・・・

その音源をもってしても、飛びっきりに刺激のある鮮度高い音源・・・ってレベルにまで感じられないのが、録音時のイコライザー方式と、再生時のイコライザー方式がうまく合っていないのか?・・・それとも、そもそものうちの再生の弱点によって、音源の貴重な音情報をスポイルしちゃってるのか?は、分からない始末で・・・(大滝汗

ま、でもどちらもジャンクやワンコインの餌箱からゲットして来たレコードより、はるかに音数も多く眼前での演奏をイメージさせるサウンドであることは間違いなく・・・(^^;

何より、テープの宿命・・・一度全部撒き戻して、底から最後まで通しで聞く必要があるわけですが・・・全然、それは苦痛ではなく・・・むしろ、超ご機嫌に最初から最後まであっという間に聞き通しちゃったくらいですから・・・(^^;

と言うことで・・・IECのテープも何となく、それなりに聴けるってことで・・・とってもいい音源を楽しませていただきました!ってことに・・・\(^^)/

で、本日はこれに終了・・・次回は?・・・ああ、またクルマだ・・・(滝汗

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3987-4cfc3257