FC2ブログ

【3867】190203 たび邸訪問(5)Sツイーターも退けるの?!・・・(^^; 

スミマセンm(_ _)m・・・・ちょっと体調が優れず、本日は休刊ってことに・・・
昨日は、なんともちょっと体調が変で集中出来ず、ギブアップしちゃってすみませんm(_ _)m
やっとましになって来ましたのでつづきへと・・・(滝汗


さて、初めて伺ったたび邸で・・・広く高い天井の専用ルームにハイエンド系システムならではのハイスペックなサウンドを聞かせていただいてたんですが・・・(滝汗

鬼太鼓座を聞かせてもらってちょっと違和感を覚えたのと・・・どうも独特の響きのお部屋の調整で結構ご苦労をされているように感じたのと・・・σ(^^)私のもっぱらの課題?・・・自然な空間展開とオーディオ的快感の両立・・・ってのもあって・・・ついつい(汗

天井と床の上下方向のライブな反射と壁面の少しデッドな反射の折り合いをどうつけるか?と・・・オーディオ的快感アップの効果が高いSツイーターとノーマルのアバロンらしい空間展開の落としどころは?って難問に挑むか?・・・(^^;

話の流れから?・・・ここまで調整されてきたたびさんのご苦労は半端なかったと思うんですが・・・極めて心苦しいながらサイドのパネルとSツイーターを退けての実験モードとなり・・・

上下方向の反射による中高域の音の質感に対して、サイドの壁の反射が弱いため・・・Sツイーターによる実在感や瑞々しさ、艶っぽさのようなオーディオ的快感から・・・アバロンらしい後方への空間展開が少し戻り、強調感のない自然な音の広がりとシームレスな立体感は出て来たかな?って印象に変化したわけで・・・(滝汗

前回の日記では、お話しを一気に最後まで行こうと気負って、最後の実験をちょっと端折りすぎちゃったんですが・・・(滝汗

実際には、Sツイーターのレベルを下げて左右のパネルを外したところでは、まだどこか空間がいびつに感じられ・・・

【王室礼拝堂のジェントルマンたち】
3867-01王室礼拝堂のジェントルマンたち

教会でのコーラス・・・王室礼拝堂のジェントルマンたち~16世紀イギリスの合唱作品集ってSACDを聞いたところで・・・Sツイーターのレベルを下げたことでコーラスのシュワシュワ粒状感で上方への広がりを感じさせるところが抑えられ、現代ハイエンドならではのオーディオ的快感を目指す向きには、何この音!って言われそうだけど・・・σ(^^)私的には、Sツイーターのレベルとともに高域が大人しくなり、中低域に重心が下がって何の誇張もないシームレスに教会の空間を描く自然な広がりのあるこっちの方向の音の方が好みだなあと・・・(^^;

で、この方向に、高域のキラッとした魅力的な部分が少し出せるといいのになと思うんですが・・・σ(^^)私にはその術は分かりません・・・m(_ _)m

と、ヒジヤンが・・・アバロンのツイーターのレベルが上げられないのであれば、やはり壁面の反射をチューニングすることになるのかな?と・・・

ここで、たびさんが高域を出すのであれば面白グッズがあります・・・シューマン波を出す機器で・・・と、ヒジヤンとσ(^^)私が口を揃えて・・・ああ~、それはちょっとと・・・(滝汗

【ユンディ・リのリスト】3861-02
3861-02ユンディ・リのリスト

で、まずは先ほどヒジヤン邸でも聞いたユンデ・リのリストのピアノを聞いて

ヒジヤンともども、ヒジヤン邸のウーハーの横の箸チューンでも広がりが変わるんだから、どうもアバロンの天板に突き出るごとくに残るSツイーターの筐体自体の影響がどうしても気になるよね・・・アバロンらしい後方展開の一部が無くなっちゃうような印象があるよねって話になって(滝汗・・・もちろん、最初のSツイーターを付けた、はっといい音って感じるオーディオ的快感のある音を求めるのも分かるんですけど・・・やはり、これだけのポテンシャルのある機器ならではの自然な空間展開の方が・・・でもこれは主が何を求め目指すか次第なので(汗

と、それじゃあとたびさんは・・・前回の最後の画像・・・左右のパネルを外した上で、Sツイーターも配線を外し、アバロンの天板からも退けて画像の通り床に置いて・・・

もう一度ユンデ・リのリストを再生すると・・・

おおお!冒頭のピアノの音色からして別の演奏のごとき違いが・・・(@@;

ピアノの音色に芯が感じられ、全く誇張のない素直と言うか、一聴普通の音なんだけど、しっかりとした存在感があって・・・響きの広がり方もシームレスに空間を包み込む感じで・・・バックのオケとの前後感やステージの配置、立体感が凄く自然で・・・(^^;

解像感は、オケの強奏部分とかで欲しくなっちゃうんですけど・・・実際のコンサートではよほどのかぶりつきでなければ、今のホールに広がる空間のような質感が心地いいですよね・・・なんと言ってもピアノの音色が自然に感じられるし・・・(汗

と、ヒジヤンが・・・これでも一度カノンを聞かせてと・・・

【確認音源のカノン】3860-01
3860-01確認音源のカノン

あ、やっぱり楽器の音色が凄く自然・・・演奏が順番に回って行く感じとその響きがハーモニーとなるここいよい空間の抱擁感・・・

ああ、残念・・・最後ホンの少しが・・・時間切れ・・・(滝汗

もうちょっとなんですが・・・出勤しないといけないので・・・つづきは次回へ・・・m(_ _)m

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3973-1e24f57e