FC2ブログ

【3858】190203 H氏邸再訪(2)ハイパーソニックエフェクト効果?・・・(^^; 

さて、10年来のオーディオ仲間のヒジヤン邸に、およそ5年振りの再訪となるわけですが・・・彼の振動&ルームチューニングは、もう魔術師のごとく驚異的なレベルで・・・数cm長の木の棒を数箇所に配置するだけで、出音の重心を下げたり、空間の広がりや楽器の定位までをコントロールするほど・・・(@@;

その音響調整への拘りは、遂には本場ウィーンでのコンサート体験へと向かわせ・・・何度も現地へと・・・(@@;

さらには、ウィンナーワルツでダンス体験・・・遂には自分がステージから客席へ声を届ける側へとミュージカルへの出演・・・さらにオペラへの出演と・・・もう驚くばかりの猛進振り!

で、今回は、そんなヒジヤンの10年来の研究成果?を、一部、アイテムの効果確認も交えてお聴かせいただくことに・・・

【5年振りのヒジヤン邸】
3858-01久し振りのヒジヤン邸

と言うことで、まずは・・・ヒジヤン曰く、オーディオはまず機器があって、部屋があって、使いこなしがあって・・・さらには録音や演奏などのコンテンツの力もあって・・・

加えて、聴く人の脳の変化があって・・・よく音会でいろいろ聞かせてもらって、しばらくしてから音がよくなったと感じて・・・機材が暖まって来たからかな?って経験があると思うけど・・・もう一つは、聞く人の脳が活性化すると言うのもあるのでは?と思っていると・・・(^^;

で、音楽脳を目覚めさせたらどうなるか?と言う効果・・・名付けてハイパーソニックエフェクト効果を体験して見てと・・・

ああ、以前ヒジヤンがSNSやPhile-webに書いていた・・・20KHz以上の倍音成分の多く入ったバリのガムラン演奏のSACDを聴くことで、音楽脳が活性化するってやつね?・・・(^^;

あ、そう言えば・・・話題の趣旨は全然違うんですが・・・インフラノイズさんの'19/4/4のブログに・・・ブルガリアンポリフォニーについての話題を書かれてましたけど・・・(^^;

σ(^^)私的には・・・これもケチャもガムランも、なんとなく同じ系等の音楽に思えるんですが・・・何でかな?と考えてみると・・・どうやらず~っと以前、この系等の音楽が色々入った芸能山城組のアルバムをよく聞いてた頃があって・・・その影響かな?と・・・(汗

一方で、そこから派生して?・・・アニメ映画の「AKIRA」の音楽を担当した川井憲次の世界にも惹かれて・・・イノセンスのリインカーネイションや傀儡謡(くぐつうた)の世界へと繋がってて・・・こう言う地声のコーラスや鈴や鐘を使った演奏には、一種独特の魅力と言うか・・・不思議な感覚になる要素があるのかな?って感じてはいたんですが・・・

まさか、それが音楽を聴く感覚に影響を与えるって?・・・と、半信半疑ながら・・・(^^;

まずは、朝起きてからはじめて聞く音楽と言うことで・・・ヒジヤン邸お馴染みの・・・

【幸田浩子さんのカリヨン】
3858-02幸田浩子さんのカリヨン

幸田浩子さんのカリヨンの1曲目アヴェマリアを聞いて・・・

【バリの音楽のSACD】
3858-03バリの音楽のSACD

つづいてハイパーソニックエフェクトサウンド?のガムラン演奏を3トラック目と6トラック目で2分ほど聞いて・・・

再び、幸田浩子さんのアヴェマリアを聞くと・・・ビックリ!(@@;

冒頭の暗騒音がハッキリ聞こえ・・・チェロやコントラバスの音色が凄くクッキリ見通しよく力みと言うか雑味がなくなり・・・幸田浩子さんの声が滑らかに伸びやかにゆったりした感じに聞こえる・・・それに、出音の位置、定位が凄くはっきりして・・・コントラバスのピツィカートも明瞭でバイオリンの音色もすっきり綺麗な印象に・・・

凄い!さっきと全然違う!・・・(滝汗

と、ヒジヤンが・・・そうでしょう?・・・よく機器が暖まったからだと思われるけど・・・聴く側の脳の変化も大きいと思うと・・・(汗

なるほど・・・そう考えると勘違いし易い変化でもあるのかな?・・・(^^;

最初はオーディオ的な音に感じたけど・・・ガムランを聞いた後は、オーディオ的な強調感が無くなって、声も凄く滑らかになったし、口や喉の使い方が分かり易くなって・・・とっても自然にスッと受け入れ易いサウンドになったように感じる・・・

でも、既にウォーミングアップは充分したシステムで聞いての変化なので・・・やはり、聴く側の感じ方が変わったってことになるんですね・・・(滝汗

なので、音会の冒頭には、システムの消磁とかリセットとでも称して、ガムランをかけると、客人の傾聴コンディションのウォームアップが出切るってわけか・・・(爆

ってわけで、いきなり驚きの効果!を感じて・・・ビックリ!(@@;

ちなみに・・・後日のおさらいで、ちょっと面白がって・・・このバリの音楽のSACDはサラウンドマルチ音源も入っているので、最初2chでハイパーソニックイフェクト効果をCDを聴いて確認してから・・・もう一度今度はサラウンドでガムランを聞いて、再びCDを聴いてみたら・・・

なんと!演奏の奥行きが分かり易く増して・・・ステージが少し手前に迫り・・・響きがより広がりと包囲感を強めるって言う・・・音の立体感が増したように感じて・・・(@@;

まさかの驚きの効果に、さらにビックリ!(@@;

と、それじゃあ今度はもう一つの研究成果・・・不要振動を取るとどうなるか?を・・・

ああ、残念・・・本日はここで時間切れ・・・なので、つづきは次回へ・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3964-1330a423